日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです。 趣味は読書とビリヤード。仕事は音楽関係。

保護したいのは文化、いや本音は違うんじゃないかな・・・

business.nikkei.com

 

はんこねぇ、、、

はんこ業界以外の人で、本当にそれが必要って持っている人ってどのくらいいるんですかね?

 

記事のタイトルにもありますが、文化保護という見方があるんですね。

文化は必要・不必要とは関係ないと思って良いので、はんこも保護されるべきものなのかもしれません。

 

ただ、いろんな手続きにはんこが必要、というところが解せないんです。

正式な手続きにはんこが必要、なぜなら文化を保護すべきだから、、、

んー、釈然としません、、

 

ぶっちゃけちゃうと、はんこ業界が守ろうとしているのは、はんこ文化ではなく、そこから生まれる利益じゃないの、と思っちゃうのは私だけではないはずですよ。

 

はんこに限らず、役所のペーパーレス化も、民間のそれと比べると全然進んでませんよね。

はんこの文化、と言えばまだわからなくもないですが、紙となると、和紙でもない限り文化とは言えないと思います。

 

じゃあ、なぜ役所ではペーパーレス化されないのか。

一つは、紙を使うことで利益を得る人の保護。

もう一つは、これまでのやり方を変えるのが面倒だから。

違うんですかね?

 

文化という概念は合理性に対抗する良い武器になるので、それを利用しているだけのようにしか感じません。

文化の色をあまり感じない紙ですらなくならない(ペーパーレス化しない)のだから、文化という色を持つ(らしい)はんこは、よりなくなりにくいのかもしれません。

 

 

音楽って文化ですよね?

でも、少なくともポップスやっているミュージシャンが、国から保護されているって感じることはありません。

著作権を守る法律はありますが、それを守らせているのは民間のJASRACです。

 

私たち音楽業界の人間は、「優れたものは残っていくはずだ」という考えのもと、国からの保護がなくてもなんとかやっていっています。

淘汰されていく人や曲は、優れてなかったからだ、と思うようにしています。

 

はんこは、正式な手続きに使われ続けてまで守らなくてはいけない文化なんでしょうか・・・ 

理想の老後はやっぱりこれ

今週のお題「理想の老後」

 

久しぶりにお題に乗っかってみようと思います。

 

私は以前海外に住んでいたことがあります。

どこの国かはちょっとした訳があって書けないんですけど、とても広くて住みやすい気候の、有名な国です。

 

日本に帰る前の半年くらい、国中をドライブするという長い旅に出ました。

とにかく広大な国なので、やたらと時間がかかりました。

 

ドライブの途中で、キャラバンを引っ張っている車をたくさん見ました。

f:id:famo_seca:20190915125114p:plain

 

いろんな大きさや形のキャラバンがあるんですよね。

車より背が低いキャラバンがあって、中に入っても天井低くて使いにくそう、と思ったら、それは止まったときに高さを変えられるというスグレモノでした。

 

家の屋根みたいに上の先っちょがとんがったやつもありましたね。

 

私たちが旅をした車は、普通の乗用車で、寝る時はその辺に車をとめて、テントで寝ます。

土地なんていっぱいあるから、テントの場所に迷うことはありません。

 

旅の途中のある日、テントを建てていると、キャラバンを牽引している車が近くにやってきました。

車から降りてきたのは、65歳くらいの夫婦。

笑顔が素敵で、フレンドリーに話しかけてきてくれたので、それからアウトドア用のテーブルを囲んで一緒にお酒を飲んだり話したり。

 

それまでにキャラバンは何度も見かけましたが、中は見たことはなかったので、キャラバンの中を見せてくれない?とお願いしたところ、もちろん、といって快く案内してくれました。

 

それはそれは魅力的な車内でした。

決して広くはないけれど、日々生活するのに最低限のものは一通りそろっています。

電気、水道、トイレもありました。

 

ご夫婦は、そのキャラバンを使って、かれこれ3年くらいドライブを続けているそうです。

お子さんがいらっしゃるようですが、もう親の手から離れて生活しているので、時間はたくさんあるそうです。

 

もうね、最高じゃないですか!

 

自他共に認める落ち着きのない私にとって、これほど理想の老後はありません。

 

私たちのドライブも、広い国を一周しよう、という旅だったので、特に急ぐこともなく、目的地があるわけでもなく、なんとなく走って、疲れたら休んで、なんなら時には一日中同じ場所でぼーーーーっとして、といった旅でした。

 

普通の乗用車でもそういう旅はできるでしょうけど、老後に毎日テントはきつそう。

それに老後の方が時間はたっぷり。

 

憧れますねー。

いや、憧れてるだけじゃなくて、本当に考えてるんですよね。

嫁さんにもそのこと話してるし。

 

できたらよいなー

雰囲気はなかなか変わらないけど、勇気を出すのだ!

www.businessinsider.jp

 

※今日から柔らかめの文章に挑戦!

 

記事の中にもありますが、確かに職場で男性が育休取るのって、むずかしそうです。

今はフリーランスですが、以前働いていたところは、とても育休を取れる空気なんてありませんでした。

 

ただ、実際のところ日本って経済面で大変でしょ?

景気をよくするための一つの要因が女性の活躍、、、と言っても、国民の代表である国会議員や、今回の内閣も、男性ばっかり。

 

ジェンダーギャップ指数2018、日本は110位でG7最下位「日本は男女平等が進んでいない」 | ハフポスト

 

これ見たらわかるように、男女平等はいまいち進んでいませんね。

 

国会議員も内閣も男性ばっかりだから、育休取得率の男女差も大きく開いて、男性が6%ちょい、女性は80%超えです(記事より引用)。

 

 

記事にもあるし、上にも書きましたが、男性は育休を取らない(取れない?)理由の70%以上は、雰囲気です。

 

雰囲気はなんとなく作られるものなのに頑固なので、変えようと強く思って行動しないと変わりません。

 

空気のことを知りたかったら、ぜひこちらを!名著! 

「空気」の研究 (文春文庫)

「空気」の研究 (文春文庫)

 

 

政治家の中でも抜群の人気と認知度がある小泉さんが、強い思いで育休を取ったら、全体の雰囲気がすこしずつでも変わっていくことには期待します。

 

現実問題として、政治家としての仕事に影響はないのか、と言ったら、無いわけではないでしょうが、それはみんなで支えていきましょうよ。

 

それに、これも記事に載ってますが、ニュージーランド首相は6週間の育休を取ったことがあるそうだし、ノルウェーでは国会議員の育休取得期間に、選挙で次点だった候補が代理をこなす制度があるそうです。

 

男女関係なく、育休を取るのが当たり前になってしまえば、それに見合った仕組みとか制度とかができ始めるんじゃないですかね。

今の時点で、無理だーって叫んでも、「そんなことわかってます、だから今まで育休取れなかったでしょ」としか思わない。

 

できない理由を探すんじゃなくて、できる方法を見つけたいですよね。

 

 

余談ですが、メディアで「小泉育休取得に待った」と言ったという報道がされた泉議員は、待ったなんて言ってない、と本人が動画で言ってますね。

 

【泉健太xたまき雄一郎】小泉進次郎大臣の育休に「待った」?で炎上したが… - YouTube

 

前向きなギロンをしたいものです・・・

 

硬い文章の弊害

私の文章は、硬い、と言われます。

硬い文章が一律に悪い、というわけではないでしょう。

ビジネスを含めたフォーマルな場合は硬い文章が望ましい。

 

しかし、プライベートで硬い文章を書くと、相手に距離を感じさせます。

感じさせます、というか感じさせるようです(経験による)。

 

SNSが広まってから文章を公に向けて書くことが多くなりました。

ブログもその一つです。

そこで硬い文章を使うと、公に対して距離を感じさせることになります。

 

これは良くない。

 

ということで、今後ブログ、その他の文章を柔らかい文章に変えていきます。

 

ところで、文章の硬さ、柔らかさってどうやって決まるのでしょうか。

そう思ってググると(こんなことをググる人も珍しいでしょうけど・・・)、こんな記事を見つけました。

 

bunsyou-kakikata.com

 

ネットの時代はなんでも調べられて便利ですねぇ。

  • ひらがなと漢字の割合
  • ムズカシイ用語を使わない
  • 話し言葉で書く

こういったことに気をつけて書くと、柔らかくなる、と。

確かに私の文章は硬いかもしれませんね。

 

ただ、硬さや柔らかさって段階があります。

私が今からいきなり柔らさか全開で文章を書くのも、抵抗あります。

 

「今日さ、こんなニュース見て思ったんだけどさ・・・」

 

んー、、まあ悪くはないかもしれませんが、ちょっとだけ違和感ですね。

 

せっかく長く続けているこのブログがあるので、この場を使っていろいろと実験してみようと思います。

結局はコミュニケーション

getnews.jp

 

これ、ポン酢に限らず結構多くの人が経験していることではないでしょうか。

比較的男性に多いと思います。

 

例えば、きゅうり買ってきて、と言われたとします。

きゅうりくらいわかります。

 

ただ、最近は「産地直送コーナー」みたいなのがあって、同じきゅうりでも複数箇所で販売していることもあります。

 

で、どれかわからずに適当に買っていくと、

「なんでこんな割高なきゅうり買ってくるの?!」

と。

 

きゅうりの相場なんて、普段買わない人からするとわかりません。

わからなかったらググる、でしょうけど、こういうことに関してはどうググって良いかわかりません。

 

普段家事を一手に任せているからだ、との意見もあります。

ただ、DIY的なツールの買い物を頼んだときに、間違ったものを買ってきても、同様のことが言えるでしょう。

普段からDIY的なことを全部任せているから間違うんだ、と言うのは酷いと思います。

 

結局、こういった知識の差は完全にうまることはないので、普段からのコミュニケーションで補填するしかないでしょうね。

買い物中にさっと電話できる関係。

間違って買ってきたことに対して、笑って済ませられる関係。

 

ポン酢にしてもきゅうりにしてもDIY的ツールにしても、間違って買ってきたからと言ってそんなに大きな問題でもないわけです。

 

それをきっかけに、ひとつ学びを得ればそれで良いじゃん、くらいの軽さでやりくりすれば楽しいと思いますよ。

次のiPhoneもスルーします・・・

www.apple.com

 

私は、スマホiPhone、コンピュータはmacなので、Apple信者なのかもしれませんが、少なくとも自分は、機能性を重視して選んだ結果がこの組み合わせになっただけだと思っています。

また、音楽制作においてはmacは優勢ということもありますね。

 

iPhoneが発売されるとき、最近は「ジョブズ亡き後は面白くない」と言われますよね。

ラーメン店の2代目も、ビンテージギターも含め、いわゆる「昔のほうが良かった」論だと最初は思っていましたが、iPhoneは本当に昔のほうが良かったかもしれません。

 

まず、値段がおかしい。高い。

安いwindowsパソコンよりも高い。私の古いmacより高いです。

 

私はiPhoneを使い始めたの3GSからですが、その時は16GBで確か6万弱だったと思います。

ソフトバンクのみの発売で、月月割なんかも効いたから、かなりやすく買えた記憶があります。

 

その頃からすると倍以上。

性能が上がったからなのかもしれませんが、コンピュータ系のパーツは性能が上がって値段は下がっています。

SSDの値段なんか、最近1TBで1万円を下回るものまで見つかります。

 

それに、CPUやメモリの性能が上がるのは、スマホの動作全体に関わってくるので良いのですが、カメラの高性能化とか特に必要ありません。

もちろん、きれいな写真が撮りたいという人は嬉しいのかもしれませんが、SNS投稿レベルなら、そんなに高性能化する必要もないのでは、と思います。

 

私は、スマホの強みは浅く広く、だと思っています。

大体のことはスマホ1つでできる、というのが便利。

ただ、より専門的な制作作業(音楽制作、映像制作、ウェブ制作)は、やはりコンピュータでやらざるを得ないのではないでしょうか。

 

レンズを3つもつけて高性能化するよりも、より薄くて小さくて安い、画質もそこそこ、でも動作は軽快、というスマホのほうが需要が高いのでは、と思います。

 

iPhoneが爆発的にヒットしたのは、別に何かの性能に特化していたわけではないと思います。

繰り返しますが、おおよそなんでもできちゃう、というのが良かったはずです。

つまり、性能よりも利便性です。

 

巷でも言われている通り、昔のようなiPhone路線になってくれないかな、と儚い希望をいだいています。

まあ、無理でしょうけどね・・・

物欲はありますか?

f:id:famo_seca:20190910120355p:plain


宝くじにあたったら何に使いますか。

 

この手の質問って昔からよくありますよね。

どうせ仮定の話なので、勝手に制約を設けたとして、使いみちが「モノ」限定だった場合、何を買うか、ということを自分で考えてみたところ、、、

 

何も思いつきませんでした、、、

 

若い頃だったら、ギターと答えたろうと思います。

MartinだったりGibsonだったり。

こういった高価なギターには憧れました。

 

じゃあ今は、というと、もちろん今でもほしいですが、もし同じ質のギターがあったら、別に高価でなくてもブランドが有名でなくても良い、と思うようになったわけです。

判断がより現実面重視になった、ということですね。

 

ギターに限らず、歳を重ねるにつれ、お金の使いみちも現実面や機能面重視になってきたように感じます。

興味がない分野は、平均を下回らければ良い、興味がある分野は質が高ければ良い、という感じですね。

ちなみに興味がない分野の一例を上げると、服です、、、

 

結局「これにはどこまでもお金をかけたい」と思うものがないのです。

お金をかけた分だけ良くなることが確定しているものならば良い。

ただ、「モノ」という枠組みでそんなものありますか?

 

例えば車は高級な方が乗り心地も良いしスピードも出るのかもしれませんが、最高級国産車と世界一の最高級車の違いは、多分私にはわからない。

そこにどこまでもお金をかけるのならば、一生レンタカー乗り放題、のほうが嬉しい。

で、これはモノではありません。

 

モノという枠を取り払ったら結構思いつきます。

旅行、プレミアライブのVIP席、宇宙飛行、、、

見事にモノ以外ばかりです。

 

 

現実面や機能面とは別で物欲を感じるものとしてよく聞くのは、時計とか服、あと上記した車、家なんかもありますね。

これらは、現実面や機能面はまったくないわけではありません。

100円ショップの時計よりは、数万円出した時計のほうが時間はズレにくいだろうし、つけ心地も良いし、耐久性もあるでしょう。

服も車も家もそうです。

 

ただ、これらにお金をかけたいという人は、そういう機能性や利便性を求めているわけではなく、それを所有しているというステータスを求めているのだと思います。

でなければ、自分でネジを巻く必要のあるロレックスを買う訳ありません。電波時計のほうがよほど時間は合います。

 

私は、そういう現実面や機能面以外に価値を感じる人をバカにしているわけではなく、むしろ羨ましいと思うのです、自分には無いので。

 

でも、こういうのって気づいたらそういう価値観になっているのであって、意識的に感じるものでもありませんからねぇ