日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

真央さんと海老蔵さん

先日、小林麻央さんが亡くなりました。

まだとても若いのに、本当に残念です。

ガンの恐ろしさを改めて感じます。

 

生きている私たちは、闘病中の彼女からたくさんのことを学べたはずです。

早期発見が鍵となるガンなので、ガン検診には本当に早めに行きましょう。

 

それは、彼女が存命中にできるだけ多くの人に伝えたかったことの一つであったはずです。

 

 

それにしても、今回の海老蔵さんには心打たれました。

男らしさ、毅然とした態度というのはまさにああいうことを指すのだろうと思います。

 

最愛の人が亡くなったのだからもちろん涙を浮かべてますし、目も充血していますが、それにしたってです。

本当にカッコよかった。

 

あんなに男らしい人から、今日からはママもやる、という言葉を聞くと、男らしさの本質自体が覆る気がします。

 

生きていくために、子供達のためにならば、男がすること、女がすることなんていう垣根はどうでも良い、という風に見えるのです。

 

芸能の世界に生きている方なので、プライベートとはいえマスコミに追いかけ回されることは覚悟しての人生でしょうが、この期間くらいはご家族のためにそっとしておいてほしいものです。

 

心よりご冥福をお祈りいたします。

 

短いですが本日はこのくらいで。

The Tって知ってますか?

http://www.02320.net/wp-content/uploads/2014/08/nob_the_t_puzzle.jpg

 

宿泊施設やお土産屋さん、たまに飲食店にも置いてますね。

見たことある人も多いと思います。

 

これ、本当に面白い。

いや、多分これはハマる人とハマらない人がいるのでしょうけど、私はかなりハマる方です。

昔どこかで見つけたときもかなりハマりましたが、最近友人宅に行った際に見つけて、友人放ったらかしでその場でまたハマってやってしまいました。

 

ルールは簡単で、4つのピースを使って図形を作るだけです。

上の画像にも完成図形の例が載っていますが、他にもたくさんあります。

http://ffuu.up.n.seesaa.net/ffuu/image/t-puzzle-02.jpg?d=a1

 

たった4つのピースで出来上がる、という所が良いところです。

できそうでできない、が結構続きます。

 

そのシンプルさ故なのか、一度出来た図形も、数分後にもう一度作るときには、それなりの思考時間を要します。

たまに、一度出来たはずなのに全然できない、とじれったい思いをすることもありますね。

 

このパズル、Amazonでも売ってます。 

NOB PUZZLE The-T [パズル ザティー]

NOB PUZZLE The-T [パズル ザティー]

 

なかなかの値段ですね。

ちょっと高いな、と思った人はレッツ自作。

http://www.geocities.jp/happykurochan/craft/fig303.gif

絶妙な長さでできているので、丁寧に作る必要があります。

 

 

こういう問題は、どれだけ短時間で解答にたどり着いた人がいたとしても、これを作った人の方がおそらく頭は柔軟でしょう。

 

解答があるという保証があれば、そこに向かってエネルギーを注ぐことはできます。 

しかし、多くの人が楽しめるパズルを作ろう、となると、解答がありません。求められる柔軟さの次元が違いますよね。

 

私は音楽関係なので、音楽でも同じような事が言えます。

楽曲という作品を構成するたくさんの要素のうち、もっとも苦難が多いと言われるのは、作曲です。

 

ちなみに、音楽作品の基本的な制作過程は

  1. 作曲・作詞
  2. 編曲
  3. レコーディング
  4. トラックダウン(ミックスダウン)
  5. マスタリング

ですが、いわゆる「印税」としての収入は作詞および作曲だけです(もちろん例外はあります)。

作曲家や作詞家に支払われる報酬に印税を採用しているのは、その部分の苦難の多さを物語っているとも言えます。

 

編曲家やレコーディングに携わる演奏家、エンジニアが簡単だと言っているわけではありません。苦難の意味が違うのです。

ゼロからイチを生み出すところ、という意味ですね。

産みの苦しみ、という言葉がまさにそれです。

 

 

結局クリエイティブな発想をする人間を養成できるかどうかも、社会のあり方(つまり教育や環境)に大きく左右されます。

そういった人間がたくさん生まれる社会であって欲しいものですね。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com

 

人のコンピュータを触る時は、想像力を働かせて

http://rebirth-reverse.com/wp-content/uploads/2017/02/2017-02-03-1.jpg

 

コンピュータにおけるファイルとソフト(アプリケーション)の概念って、知っている人と知らない人がいます。

 

そんなのよくわからない、という人のために、iOSはあえてファイル操作を直接しにくくしてあり、ほとんどの操作をアプリから行うようにして、概念のシンプル化をしました。

アプリを通さずファイル操作をしたい場合は、ファイラー系アプリをダウンロードして行います。

Good Readerとか有名ですね。

WindowsでいうエクスプローラMacでいうfinderです。

 

なぜ突然こんなことを書きはじめたのかというと、私がトラブルを引き起こしたからです。

 

 

2週間ほど前、ある人から「コンピュータの中のファイルが散らかりまくっているので、整理してほしい」と頼まれました。

 

デスクトップにあるファイルやフォルダを適切に分類し、それらを新規作成、ネーミングしたフォルダに格納し、デスクトップからもう少し深い階層のディレクトリへ移動させます。

操作性を考え、デスクトップにショートカット(エイリアス)を作ります。

 

同時に不要なファイルをバシバシ捨てていきます。

ダウンロードフォルダには、コンピュータ購入後に自己でインストールしたソフトのインストーラーがたまってます。

iTunesは、ソフト上で音声ファイルを再生すれば、デフォルトでは専用フォルダに音声ファイルもコピーされるので、つまりiTunesにある音声ファイルは、iTunes専用フォルダ以外のものであれば消去可能です。

 

このような不要なファイルを次々と断捨離していくわけです。

 

各ファイルを消すときはもちろん持ち主の許可を得ます。 

私が甘かったのは、映像ファイルに関しての想像力です。

 

その人のコンピュータ内、ダウンロードフォルダには結構たくさんの映像ファイルがあり、それらを捨てて良いかどうかを持ち主に確認すると、捨てて良いということだったので、迷わず捨てました。

 

そして昨日メール。

「映像作成ソフトで作っていたはずの映像が、ソースが存在しない、というエラーが出て使えなくなっているけど、意味わかる?」 

 

これを読んだ時は、本当に冷や汗が流れました。

iTunesのような音楽再生ソフトとは違い、映像作成ソフトは一つひとつのファイルがとても重いので、専用フォルダにはコピーされない、つまりファイルのある場所を直接参照して映像作成をしていくのがデフォルトになっているソフトが多いようです。

 

つまり、この人の場合ダウンロードフォルダに置いてあった映像ファイルを直接アプリが参照してい「た」わけです、消す前までは・・・

 

本人から消して良いという許可を得ましたが、一番冒頭にも書いたように、ファイルとソフトの概念を理解していない人にとっては、そのファイルを直接開いたことがない、または最近まったく開かないファイルは不要、と判断してしまうのも無理ありません。

なんとなく、映像作成ソフトの中にあるから大丈夫、といった認識になっているのです。

 

冷静になってみると、そもそもなぜそれらの映像ファイルがダウンロードフォルダにあるのかが気になりました。

そこで本人に聞いてみたところ、映像素材の持ち主から、メールでURLが送られてきて、URLからDLした、というのです。

おそらく、ストレージ系サービスを使ったのでしょうから、有効期限内ならばそのURLが生きており、再DLが可能かもしれません。

 

その旨本人に伝え、幸いURLが生きており、再DLの上問題は解決しました。

今回は良かったものの、正直運が良かったとしか言いようがありません。

当然ですが、こういう人は大体バックアップなんてとってません。

 

人のコンピュータを断捨離するときは、そのへんまで想像力を働かせないととんでもないことになっちゃいますね。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com

 

 

 

 

 

天才か?Apple Pay

f:id:famo_seca:20170622153418p:image

 

新しいiPhoneにして、色々と新機能の研究をしています。

新し物好きにとってこの期間は、なかなかに充実した期間になります。

 

二つ前の機種からの機種変なので、3Dタッチも今回が初めてだし、ホームボタンが物理ボタンから変更になったのも初めてです。

しかし、この辺は特に「便利だ!」とは感じませんでした。

 

3Dタッチなんかは、これからいろんなアプリを使ううちに便利な使い方を見つけていくのかもしれませんね。

 

ホームボタンの変更も、どうやら物理ボタンは故障が多かったらしいので、そういった故障に苦しんでいた人にとっては良いのかもしれませんが、私はスマホを物理的に故障させたことがないので、大きな変化ではありません。

 

機種変してすぐに良かったと思ったのは、とにかくサクサク動くことです。

CPUがグレードアップしてるので、以前よりもかなり速く感じます。

スマホは私にとって重要なビジネスツールなので、サクサク動くかどうかは肝です。

 

そもそも今回機種変に踏み切ったのは、仕事で頻繁に使うEvernoteクライアントアプリの動きがあまりにも重くなったからです。

 

インターフェースを刷新したときからむちゃくちゃ重くなり、かなり不満がたまってました。

 

インターフェースも特に見やすくなったとは感じませんし(むしろ悪くなった)以前のままが良かったのに、という考えても仕方のない不満を抱えてました。

結果、スマホの方を変えるに至ったのです。

 

やはり新機種はスペックが強力で、Evernoteもサクサクです。

ちなみに、インターフェースの使いにくさはもちろん相変わらずなので、早くアップデートしないかなと思っております。

 

今回の機種変で最も感動したのはApple Payです。

私は関東圏住まいではないのでSuicaとして使えないのは残念ですが、私の地元の交通系ICカードをはじめ全国対応するのも時間の問題でしょう。

 

で、それ以外のクレジットカードを登録し、実際に使ってみると、これは本当に便利です。

私は以前から脱現金派で、カードで支払えるところは、例えそれが100円程度でも全てカードで払っていました。

(というか、金額が低いとクレジットカードを使わないというのは、全く意味がわかりません)

 

一方で、いろんなところの会員カードがスマホで利用できるようになってきたので、こういう会員カードは持ち歩く必要がなくなってきました。ポンタカードやTカードですね。

 

しかし、結局クレジットカードを出さなくてはいけないので、もしスマホの中の会員カードを提示の上クレジットカードで払おうとすると、カードもスマホも出す必要があり、面倒だったのです。

 

それに、クレジットカードは大抵財布の中に入れているので、結局財布を持ち歩く必要があったのです。

 

Apple Payで遂に、会員カード提示もクレジットカード支払いもスマホのみで可能になりました。

普及すれば、本当に財布が不要になってきます。

 

ちなみにセキュリティのことを心配する人がいますが、Apple Payの場合、支払う瞬間に指紋認証が必要で、カード使用時のサインよりもセキュリティは強いと思います。

 

スマホ紛失時に、遠隔でApplePayの使用を止めることもできます。

カード自体をなくした場合は、カードの利用自体を停止しなければならないので、それに比べるとはるかに楽な作業です。

 

こんなサービス、よく考えついたものです。天才の所業としか思えません。

 

想像できることは全て未来で実現可能になる、と誰かが言っていましたが、本当にそうなのかもしれませんね。

 

 

学習の入り口の敷居は低くしよう

president.jp

 

うんこを漏らしそうなくらい売れているうんこ漢字ドリルです。

書籍ランキング上位を独占しているようですね。

売る方も嬉しさ半分、驚き半分といったところでしょう。

 

さて、冒頭の記事はその漢字ドリルの欠陥を指摘した記事です。

3ページに渡って書いてありますが、要約すると、「例文が短すぎる」です。

 

確かに記事中でも触れられているように、短い文章だと、熟語の意味がわからない場合があります。

そうすると、漢字を覚えたところで、その意味を理解していないので、学習としては不十分、ということです。

 

「うんこ中の(私語)は禁止とする」(カッコ内の読み取り)

やはりこの一文だけでは「私語」の意味が皆目見当がつかない。

(本文より引用)

確かにそうですね。

 

しかし、私語の意味を理解するためには、どうしても文章を長くせざるを得なくなり、それは学習のしやすさ、とっつきやすさ、軽快さを落としてしまいます。

 

うんこ漢字ドリルの作者に聞いてみないとなんとも言えませんが、もしかして学習のしやすさを優先し、熟語の意味理解を後回しにしたのしれません。

 

わたしは、それは正しい選択だと思います。

 

本文中に、「本当の力」や「真の語彙力」といった言葉が出てきますが、初等教育でこれらをどこまで優先するべきでしょうか。

もちろん、本当の力だって真の語彙力だって、身につくに越したことはありません。

しかし、それは学習に対する敷居の高さとセットです。

初等教育では、そんな力よりも、学習力を鍛えたほうがよいのではないでしょうか。

 

学習力と言うと堅苦しいですが、要するに学習することの楽しさを感じる力です。

この楽しささえ身につければ、人は生涯渡って学習意欲を持ち続けられます。

逆に、学習=辛いことと思った人は、生涯渡って学習を忌み嫌うことになります。

 

 

学習の入り口の敷居は低ければ低いほど良いと思います。

例えば漫画。最近は自己啓発本が漫画で発売されることもあるようですね。

漫画の内容量と活字のみの内容量では、1冊の内容量にかなりの差が出ますよね。

それでも漫画バージョンが出るのは、一度敷居を落としてわかりやすいところから入ってもらい、知識の準備が整ったところで活字を読んでみたらどうか、ということでしょう。

もちろん、漫画だけで終わっちゃう人もいます。しかし、ではその人は最初から活字を読んでいたら読破し理解できたかというと、甚だ疑問です。それなら漫画バージョンだけでも読んだほうが良いのではないでしょうか。

 

これと同じことがうんこ感じドリルにも言えると思います。

本当の力、真の語彙力なんて徐々に自分のペースで身につけていけばよいのではないでしょうか。

初等教育では、やはり楽しさ、愉快さを優先すべきでしょう。

私は、うんこ漢字ドリルを考えた人はすごいと思います。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com

 

 

 

結婚と子供

昨日発熱してから、まだ治ってません。

解熱剤を飲んで、熱下がって、そしたらまた上がっての繰り返し。

熱は本当にキツイ。

 

ということで、寝床で動画でも見ながら、新しいiPhoneから投稿してしています。

 

 

ふと見た動画に出て来た、ある有名な女性の言葉。

 

「同性愛は認めるけれど、同性婚は認めません。それは自然の摂理に反しています。

植物にも雄しべと雌しべがあって、その組み合わせでないと子孫が残せないのですから、結婚は絶対に認めるべきではありません。」

 

こういう人がいまだいるうちは、なかなか社会は進まないでしょう。

 

色々ツッコミどころがあります。

まず、自然の摂理

結婚という制度は自然の摂理ではありませんよね。

人間が社会を形成してできた人工的な制度です。

もし自然の摂理ということになれば、それは性行為になるでしょう。

結婚と性行為は違います。制度と行為がごちゃ混ぜになってますね。

 

それから、雄しべ雌しべのくだり。

人と植物を同列に語ることはできません。

人は感情を持つ生き物です。

 

それから、子孫を残す件。

結婚と子供を作るの行為がイコールになってますね。

だったら、不妊症で子供が作れない人は結婚の権利を与えないのでしょうか。

 

人はみんな違います。体も心も全然違います。

それらを違いと認めて共存を探るのが健全な社会につながるのではないでしょうか。

 

性同一性障害に悩む人は、結婚という権利を与えられないのでしょうか。

だとしたら、結婚という制度自体は何のためにあるのでしょうか。

 

考え方の一つとしては受け入れますが、ある程度の有名人によるメディアでの発言は慎重に行なってほしいものです。

 

 

機種変更と健康診断のあとに・・・

THE 日記!といった投稿をしてみます。

 

朝の身支度を済ませて、macの前に座り、iPhoneの同期及びバックアップを行いました。

同期は毎日しますが、バックアップは週に1度くらい。

で、なぜ今日なのかというと、iPhone7に機種変更するつもりだからです。

ちなみに、現在は6です。

 

無事にバックアップが終わって、携帯ショップに行く、、、の前に、健康診断の結果を受け取りに役所へ。

希望していたので、各数値の説明も丁寧にしてもらいました。

 

で、総合判定は当然のE、、、え!E!!!

もしかしてと思い、Eが一番良い結果なのかと思って確認すると、そんなことはなく、Aが一番良い。

 

これには言葉を失くしました・・・

 

と、そこでかかりの方が、一言

「Eですが、さほど気にすることでもありません」

 

なんじゃそりゃ、と思います。だってAから順番に良いはずでEがさほど気にしなくて良いのならば、その間のBCDの違いは、もう誤差でしかなくなってしまいます。

 

「Eは、係の人に指導を受けてください、という意味で、食生活を少しだけ改善してもらえたら正常値に戻る、という意味ですよ」

 

なるほど、つまり危険度でなく、食生活改善方法に関して、係の人から直接アドバイスを受けてほしいかどうか、でEかそれ以外が決まるんだそうです。

 

健康診断の結果なのに、心臓に悪い・・

 

で、その後は携帯ショップへ。機種変更手続きに約1時間。もろもろの説明を受けて帰宅後、新しいiPhoneを繋いで、午前中にとったバックアップから復元・・・と思ったら、

「バックアップファイルが壊れているため、復元できません」

 

今朝したばかりのファイルが壊れているというのは一体どういうことなのかさっぱりわかりません。

 

ということで、旧iPhoneを再度繋ぎ、バックアップをとって、再試行。今度はうまくいきました。

スマホは既にパソコン並みの能力を備えているので、ソフトも相当複雑になっているのでしょう。バックアップに失敗するレベルのようです。

 

復元には結局2時間くらいかかりました。

復元初めて最初の方は、復元がうまくいかなくて、1人で機嫌が悪くなっていましたが、終わる頃には機嫌も戻り・・・と思ったのですが、どうも何かがおかしい。

 

それで恐る恐る熱をはかると、、、はい発熱してました。

 

ということで、今日は雑務を終わらせた後は、布団に入り新しいiPhoneの研究でもして寝ようと思います。

 

ちなみに、復元に関する一連の流れは、まだ改良の余地があると思います。

Appleさん、改善のほどよろしくお願い致します。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com