読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

なぜ音楽は魅力的なのか。正解はない、が正解です

考え方 音楽 労働 テクノロジー

音楽の世界に入って、もう結構な年月が経ちます。

世間では仕事=嫌な事、辛いこと、退屈なことといった印象を持っている人も多いし、実際にそう感じながら満員電車に揺られて通勤している人もいるでしょう。

私は全くそう思いません。思ったことはあります。でもだからこそ「そんなはずはない」という問いかけを自分に対してし続け、今に至ります。

 

仕事は嫌なことである場合もあるけれど、そうとも限らない、ということですね。

そしてもちろん、仕事が嫌なことでない方が誰にとっても良いはずです。

 

 

結構な年月が経っているにも関わらず、少しも飽きず、いや寧ろ音楽に対する自分の情熱が上がってきてるのはなぜなのでしょうか。

 

それは、私が音楽が心の底から好きだからです・・・という理由は、たとえそのとおりだったとしても、あまりにキラキラしすぎていて、むず痒い感じがしますよね。

それに、好きさ加減は人と比較できません。大雑把に1日あたりどのくらい音楽に触れ合っているかや、お金をどれくらいかけているか、どれくらいの知識を持っているかというバロメーターではかることはできるかもしれませんが、スポーツの勝敗のように明確には判断できませんよね。

 

それで、改めてなぜこんなにも「私が」音楽に魅了されているかを考えてみました。

私が、を強調したのは、個人的、主観的な分析だからです。

 

 

音楽は自由、だと思いますか?

これは間違いです。

音楽は音楽であって、音ではないから、というのがその理由です。

 

例えば拍手の音、あれを音楽という人はいますか?

あれは音ではあるけれども音楽ではありません。

それを音楽にするためには、それなりの工夫をしないといけません。

それなりの工夫は、人工的に行われるものです。

顕著な使い方は、ドラムパターンのスネアがなるところをハンドクラップ(つまり拍手の音と同じです)に差し替える、というもの。

これはEDMを始めとした様々な音楽ジャンルに使われているテクニックです。

拍手だけだと音、それが楽曲の中のパーツにうまく使われたら、音楽に昇華します。

 

音楽は、自然の音から人工の音、様々な音の組み合わせで成り立ちますが、その組み合わせ方は無限にあります。その工夫の仕方=テクニックが音楽のクオリティーを決定します。

どんなテクニックをつかって楽曲にするか、つまりそこにどんな発想、意識があるかが音楽の成り立ちの根本なので、音楽は自由ではないのです。

回りくどいのですが、工夫ゼロ=そのままという音楽の自由は認められません。

 

他の例を一つあげると、詩の朗読は音楽ではありませんが、そこに音程をつけリズムをつければ、歌詞のある楽曲になります。

この場合、音程やリズムが人工的なテクニックですね。

 

しかし、テクニックは無限にあります。

これは直線的なものさしに乗るものではなく、円の中心からの距離ですらなく、球体の中心からの位置関係といったような多様性を含んだものです。

ここでいう球体容積は限界値を表しています。

例えばむかし音楽が発祥したと言われるアフリカで、動物の骨で石を叩いて、という時代には、その球体容積は決して大きく無かったでしょう。

物的な制限もありますし、そもそも生活自体が不安定で、それに伴い心も不安定です。

(言うまでもなく、音楽は心で感じます)

 

それから長い年月が経った現代では、生きていく事以外の幸福を追求する人も増えたし、物もあふれています。音楽でいう物はつまり楽器を指しますが、楽器のバリエーションも無限と言ってよいほどに増えています。

球体の容積を求める公式からもわかるように、球体の中心からの距離=半径が大きくなると、その値の3乗に比例して容積が増えます。

 

つまり、時代が進めば進むほど音楽が多様性を増していくのは当たり前です。

さらに、多様性を増しても、それが昔(球体で言えば中心付近)の音楽を否定することにはなりません。

それらはただ存在するだけです。

 

 

音楽は掴みどころがありません。

売れる音楽も売れない音楽も、上手な音楽も下手な音楽も、わかりすい音楽も難解な音楽もあり、それが良い、悪いを一様に決めることは誰にもできません。

 

それが音楽の魅力であることはつまり、論理好きな自分にとっていつも「矛盾」を受け入れることになるのです。

 

論理的にものを考えることは素晴らしいことだと思いますが、それだけではどうやったって解決しないことだらけなのが音楽です。

(だから音楽理論の達人であっても良い楽曲が作れるとは限らないのです)

 

多分私は、一生音楽に魅了され続けます。

それは、音楽の魅力に対して、論理的解決を試みる自分が性格上抑えられないし、その度に「やはり無理だなぁ」ということを繰り返すことが予想済み、だからなんですよね。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com

 

虚構新聞"並"の記事を見て

考え方 教育

www.huffingtonpost.jp

 

どのくらい前か忘れましたが、尾崎豊さんの曲「15の夜」の歌詞「盗んだバイクで」が青少年の教育によくないからという理由で、確か「お母さんから記念日に買ってもらった自転車で」みたいな内容に変更させられた、という虚構新聞を見ました。

さすが虚構新聞、と大笑いしたのですが、今回の記事を見たときも虚構新聞の類だろうと本当に思いました。

しかし、どうやら本当のようですね。驚きです。

 

この記事はネット上で物議を醸しており、その指摘の多くは至極まっとうなものばかりです。

サイトによっては、変更必要、不要の2択を選ばせた統計が見られるようで、私が見たサイトでは、実に98%が「変更不要」という結果になっていました。

 

 

内容の細かい指摘は既にネットで議論されている方(議論というかほとんど批判です)に譲るとして、少し着目点を変えた2つのことについて書きます。

 

決定過程の空気

 

上記したように、ネット上でも批判の嵐、統計でも98%が変更不要。

これだけ明確な世間の「変更不要」論が自然であるはずにも関わらず、この変更が決められた決定過程というのは、果たしてどうなっていたのでしょうか。

世間の98%は変更不要という意見を持っている、この数字も調査の仕方によっても変わるでしょうし、そのまま決定に関わった人たちの数字に置き換えられるわけではないでしょう。

とはいえ、もし会議でシンプルに多数決で決められたとして、この数字が50%を下回るとは思えません。誤差の範疇を大きく飛び越えています。

 

可能性は2つ思いつきます。

一つは同調圧力、いわゆる空気です。上に「シンプルに多数決」と書きましたが、実は決定過程における多数決には、何かしらの圧力があり、健全な多数決とならなかったというもの。

もう一つは、外部からの圧力。つまり変更して得する人、または変更しないと損する人がいるという人が、結構な権力保持者だったというもの。

どちらにしても、全然よろしくないですね・・・

 

道徳教育って何?

 

道徳教育って、そもそもどうあるべきなんでしょうか。

話が大きくなりますが、世界中で争いが絶え間なく続くのは、人、組織、国家間の道徳観に大きな隔たりがあるからです。

極端に聞こえるかもしれませんが、日本ではいかなる理由でも人を殺すことは道徳に反する、とみなされます。

 

一方、どこの国とは言いませんが(わかるでしょうけど)、理由によっては人を殺すことが道徳に反しないどころか、むしろ「善いこと」というところもあります。

 

日本でさえ、戦時中は対戦国の兵士を殺すことは道徳的に正しいことだったのです。その時代からたった70年ちょいしか経っていません。

人間の定義する道徳観なんて、そのくらい多様だし、変わります。

 

人を殺すこと、というこの国の現代では道徳的に絶対ありえないことですら、ある国や組織に行けば「あり」になってしまうのに、そこまで極端でないこと、この記事で言えばパン屋がよいか和菓子屋が良いか、おじいさんがよいかおじさんが良いか、なんて一律に定義できるかといえば、できると思うほうが正直馬鹿げていますよね。

 

私は、道徳教育の根本は考える事だと思います。

考えを深めるためには、人の考え方にも耳を傾けなければならない。

だから、あるテーマについて議論しつくすことがもっとも大切だと考えます。

 

そして、大切なのはそこで安直な「結論」をださないことです。

政治家は結論を出さなくてはいけませんが、教育時点では結論なんて全く不要ですし、むしろ害です。

結論なんて出してしまうと、思考停止になってしまいます。

 

テロリストを浅はかに「悪」とみなして皆殺しにしたら世の中が良くなる、という単純なものではありません。

もちろん話し合いで解決するほど悠長な問題でもありません。

しかし、実務関係者でないほとんどの人は、それに対して考えることが最も大切なのではないでしょうか。

人を殺すことは悪いことです、なんていう結論を大人が浅はかに出してしまうと、それをやり続けるテロリストの発生原因なんて誰も考えずに、アタマのおかしな奴らがそうなるんだ、といった幼稚な考え方になってしまいますよ。

 

それで世の中が良くなると思う人っているのでしょうか。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

社会人の服装について

考え方 労働

toyokeizai.net

 

先日友人の披露宴に出席し、久しぶりにスーツを着ました。

一瞬「スーツも悪くないな」と思いましたが、やはり毎日となると億劫に思います。

ちなみに、私の周りの狭い、しかもなんとなくの統計によると、スーツが良いという人の理由一位は「服を選ぶ手間が省ける」でした。

理由としては後ろ向きじゃないですかね?

スーツ自体ではなく、毎日同じでもおかしくない服装だから、というところが理由になっています。

 

そもそも、なぜ社会人の正装はスーツなのでしょうか。

昔サラリーマンとして働いていた頃は毎日スーツを着ていました。

というか、着なくてはいけませんでした。

選ぶ必要がないという以外にも、例えばポケットが多くいろいろなモノを入れられる、生地が良くて長持ちするといった利点はありますが、それはスーツ代が高いということを考えれば、大した利点ではないと思います。

逆に欠点もあります。夏は暑いし、選ぶ必要がないということと同じですが、多種多様な服の選択肢に比べればそのレンジは狭い。

 

 

スーツの文化は、着る方と見る方で成り立っていますが、現代は主に見る方が主導になっているように感じます。

つまり、相手に対して無礼ではないようにといった理由でスーツを見る、ということです。

これってマナーの形骸化ではないでしょうか。

スーツが正装という知識があるから、スーツじゃなかったら無礼、と思うだけ。

そのマナーを知らなくても、本当にスーツじゃない人に対して無礼だと思うものでしょうか。

 

気遣いは大切です。しかし、その結果でカジュアルな服を選んだというのであれば、別にスーツに限る必要はないと思います。

自分はむしろ、スーツじゃないカジュアルな格好の人のほうが印象は良い。

つまり、どんな服装がどんな印象をあたえるか、というのは受け手によるので一般論化出来ない。

 

そんな中見つけた冒頭の記事。

はっきり言って面倒です。入社したときの印象のために、前もってスーツを3着もかわなくてはいけないなんて、財布にも優しくない。

私なら堂々と就活スーツで行きます。

 

というか、就活スーツに決まりがある時点でどうかと思いますが。

 

 

スーツさえ着ておけば安心、というのは、気遣いという行為ではありません。

思考停止状態で、マニュアル的なことを実行しているに過ぎません。

どうやったら相手に失礼にあたらないか、ということを考えるためにも、スーツが正装という固定概念はなくしたいものです。

考えた結果がスーツならば、それで全くかまわないのですが。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com

 

キレイ好きと呼ばれる2種類の人たち

考え方 日記

f:id:famo_seca:20170325144308p:plain

 

自分で言うのもなんですが、私はキレイ好きです。

といっても、キレイ好きでない人が嫌い、ということはありません。

キレイ好きでない、を通り越して、汚いとなると嫌いですが、それは「汚い」という言葉の印象通り、一般的な傾向だと思います。

 

さて、キレイ好きには2種類います。

一つは、整理整頓、つまり物が整然とならんでないと嫌だったり、散らかしたままが嫌だったりするタイプ。

もう一つは、清潔、つまり物自体を磨き上げたり、掃除機を頻繁にかけたりするタイプ。

ちなみに私は前者です。

 

私の周りにもキレイ好きはたくさんいますが、この2つをマトリックス的に考えると、

  1. 整理整頓好き、清潔好き
  2. 整理整頓好きのみ
  3. 清潔好きのみ
  4. どちらもなし

の4タイプに分かれます。

実際は整理整頓にも清潔にも度合いがあるので、こう単純には分けられませんが、そこはシンプルにするために無視します。

 

さて、1の度合いがきつすぎると、潔癖症と呼ばれることが多いようで、ほどほどにしておいたほうが良いでしょう。

4は、ゴミ屋敷になっちゃうので、早々に改善策を練りましょう。

 

そして面白いのが2,3です。

 

私が属する2は、見た目の即効性を求めていると思われます。

整理整頓が行き届いていると、ぱっと見た目は非常に良い。

即効性を求める理由は色々とあると思いますが、私の場合は探しものが減るからです。

 

そもそも私も含め2のタイプの人は、探しものが下手な人が多いようですね。

それを自覚してか無意識かはわかりませんが、整理整頓をすることによって予防しています。

 

一方3に属する人は、マイペース派。2が人の目を気にしているのに対し、3は自分の満足のためのキレイ好きなようです。

 

 

こんなことを考察してなんなんだ、と言われればそれまでですが、前述したとおり私が2に属するのに対し、実は妻が3なんです。

この2人が一緒になると、とてもうまくいくか、不毛な喧嘩が絶えないかどちらかに極化します。

2人のパワーバランス(?)にもよりますが、整頓されているけどひとつひとつのものは意外と汚れているか、きれいなものが散らかっているか、になります。

 

私たち2人の決め事は、嫌だと思うことは自分でやる、です。

つまり、散らかっているのが嫌だと思うのならば、そう思う人が片付ける、ということです。

これは我ながら良い取決めだと思っていますが、こういう取り決めをしないと、お互いにきれいにしたいという気持ちは同じなのに、喧嘩になっちゃいます。

 

キレイ好きという中にも2タイプあって、これらも最終的には自己満足です。

他の価値観と同じように、人への強要さえしなければ、うまくやっていけるはずですね。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

コンピュータは意外に脆い

考え方 テクノロジー 教育

f:id:famo_seca:20170324143451p:plain

 

またコンピュータのトラブルです。

しかも、今回のトラブルは自分自身のコンピュータに起きました。

仕事で使っているので、非常に困っています。

 

バックアップは外付けに数台、クラウドに数か所とってあるので、致命的とは言えませんが、それにしても復元には恐ろしいほどの時間がかかるので、大きな痛手ですね。

 

今回のトラブル要因はわかっています。

OSのかなり深い部分にあるファイルに手を加えたことが原因ですね。

諸々の事情により、そこにあるファイルの中身のテキストを書き換える必要がありました。

書き換えると言っても、数文字を変更するのみです。

そのテキストファイルには、全体としてはかなりの文字数が入力されているので、数文字変更したところで、感覚的には大した変更ではないと思っていました。

 

しかし、コンピュータは意外と繊細なようですね。言い換えれば脆い。

いきなり挙動がおかしくなりました。

私のコンピュータはmacですが、Finderというwindowsでいうところのエクスプローラの挙動がおかしいので、かなりの重症です。

 

ということで、このブログもほとんど強引に書いていますが、うまく投稿できるのかどうかは不明です。

 

システムフォルダ内には、普段は見ることすらないフォルダ、ファイルが山のように入っています。

その中のフォルダの、さらにその中のフォルダの、と階層を下っていき、その中にあるファイルの中の数文字を変えただけでコンピュータ全体の挙動がおかしくなるというのは意外でした。

 

人間の身体にも似ているとも思いました。

人間の身体の複雑さはコンピュータよりもはるかに上で、その中にある細胞の数ともなるとまさに数え切れません。

その細胞のいくつかがおかしくなっただけで重い病気になることはあります。

神経だって、場所によっては一つ切れただけでも重症に陥ります。

 

 

強引なこじつけかもしれませんが、人の身体と同じようなことがコンピュータにも見られるというのは、コンピュータがいかに複雑さで人間に近づきつつあるか、ということなのかもしれません。

シンギュラリティーが近づいていることを実感します。

 

今後はあまり深い階層のファイルは触らないことにしたとして、さて今日はどうやって目先にある問題を解決するか、頭が痛い。

 

しかし、こういったことでしか学習できないこともあるし、痛手は濃く記憶に残るので良いのかもしれませんね。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

男はカッコイイ、女はカワイイ

考え方 教育

朝の日課は犬の散歩です。

ここ一週間くらいは、幼稚園に通う娘が春休みに入ったこともあり、私、娘、犬の2人プラス1匹で散歩しています。

はたして娘の早起きはいつまで続くことやら。

 

犬の散歩をしていると、通学中の小学生に出会うことがあります。

その中には犬好きもいて、「触っていいですか?」と言いながら犬と戯れている様子を目にします。

朝からほのぼのした良い一日ですね。

 

と、それはさておき、小学生が「カワイイ」と言いながら犬を触ることもあるのです。

そう言いながら小学生が去った後、娘が一言。

 

「ポチ(犬の名前、仮名)は男の子だから、カワイイじゃなくてカッコイイだよね」

 

なるほど、男の子にはカッコイイ、女の子にはカワイイ、これらがふさわしい表現だということをどこかで知ったのでしょう。

絵本なのか、家族の誰かか、それとも幼稚園の友達や先生か。

 

幼稚園に通い始めた頃から、娘が親の目から離れる時間が急激に増えました。

幼稚園に通わせる理由は色々とありますが、その一つに育児軽減もあります。

だから、幼稚園に通わせることで娘が親の目を離れる時間が多くなることは必然です。

 

男の子にはカッコイイ、女の子にはカワイイ。

これらを私は妻が教えたことはありません。なぜなら、カワイイ男性もいるし、カッコイイ女性もいるからです。

そもそも、カッコイイ、カワイイという表現自体が曖昧で主観的ですよね。

カッコイイ、カワイイという定義が曖昧で主観的ならば、それらが男性に使う表現なのか女性に使う表現なのかも決められません。

 

一方、曖昧で主観的と言いつつ、傾向はあります。

Googleの画像検索で、カッコイイ人、カワイイ人、各々を検索すると、その傾向がわかります。

カッコイイ人ー画像検索

カワイイ人ー画像検索

見事に男女が分かれているのがわかりますね。

これがカッコイイ、カワイイの、社会がみなすイメージでしょう。

 

 

 

片想い (文春文庫)

片想い (文春文庫)

 

 東野圭吾さんの作品は、ミステリーに出てくるトリックの巧妙さもありますが、そのストーリーの奥にある強いメッセージが魅力で、好きな作家の1人です。

この作品もミステリー、犯人探しを楽しむことが出来るのですが、その背景に男女の問題に対するメッセージが強く込められていて、犯人探しよりもメッセージ性の方に心奪われる読者も多いのではないでしょうか。

私もその1人です。

 

表紙下部にメビウスの輪が描かれていますね。

これは作品中にでてくるある人物が、男女の概念をメビウスの輪のようなものだ、と表現したことによります。

つまり、男・女と単純にわけられるものではない、ということですね。

裏表ですが、つながっています。

絶妙な表現だと思います。

 

男性の中に女性的な「何か」があること、女性の中に男性的な「何か」があることは、容易に想像できます。

自分自身の意識に占める割合で、男性的な「何か」が占める割合が女性的な「何か」より少しでも多いと、意識としては男性となります。

それがかなり多いのが、数的には「普通の」男性なのでしょうが、中にはわずかしか差がない人もいるわけで、その人達は何かの拍子に女性的な「何か」が男性のそれを上回ることがあります。

人の意識なんて不安定なので、そのくらいの変化や多様性があるのは当然でしょう。

 

しかし、今のところ性別では男と女しかありません。意識中90%が男性の人も51%が男性の人も、同じ男性という括りになります。

 

さらに性同一性障害という問題もあります。これは生物学的な性と意識の性が違うことですね。その意識の性に上記のような状況が重なってくるので、男女性差の問題は複雑です。

 

 

上記した画像検索を見たとおり、言葉ではカッコイイ、カワイイは曖昧で主観的と言いつつ、あれだけの男女差があってしまうのが今の社会です。

しかし、私たちには理性があります。

数的にマイノリティーに属する人に対する想像を働かせる能力も備わっています。

数的にマイノリティーに属する人たちの情報を得ることもできます。

 

男女には差があります。

しかし、男女は単純にわけられない。

まずその意識が広まっていく世の中であってほしいと思います。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com

 

人の意識をアップデートする必要性

考え方 労働 お金 教育

headlines.yahoo.co.jp

 

幼稚園に通わせる子を持つ親としては、まさに言葉が出ない事件です。

この園長は批判されるべきだし、現時点でも恐ろしいほどの社会的制裁を受けていると思います。

これは当然ですね。

 

理由は結局のところお金です。お金の犠牲になったのが子供達です。

日本死ねブログ以降は特に、幼保を統一してコストを下げ無償化、義務化という案も現実的に考えられていますが、その制度導入時には同時に、徹底した国の監査を設けないと、同様の事件は後を立たないでしょう。

 

さて、いつも当ブログでは伝えているとおり、こういった事件の直接関係者ではない多くの人が考えるべきは、この事件から何を学ぶか、です。

 

色々と着目するところはありますが、私としてはこの記事の後半部です。

「結構みんなしくしく泣いて。『守ってあげられなくてすみませんでした』と謝罪を始めて。『怖くてやめられなかったです』って。園長先生が怖くて」

 

これが縦社会のひずみです。

縦社会は全て悪いとは言いません。しかし、時にはそのひずみでこんなに大変な事件が起きます。

 

これも当ブログでは何度もとりあげていますが、縦社会のひずみが要因の一つとなった事件に、電通社員自殺問題がありました。

あの事件は縦社会構造以外にも要因はありますが、縦社会が要因になったことは否定できません。

 

上記したように、国、政府は労働環境を本当に本腰をいれて改善させようとしています。

高度経済成長を成し遂げた先人たちは確かに素晴らしい。その恩恵に授かっているのが私たちの世代です。

しかし、国や政府にはどこまでも成長を目指してほしいものの、現実的にはそんなことは不可能です。いつかは成長はとまります。

そして、いまの日本はといえば、間違いなく成長期から成熟期へ移行しています。

成長期に機能した社会構造が成熟期に機能するはずがありません。それは時代とともに否が応でもアップデートされます。

 

社会がアップデートされた時にそれに応じたアップデートを要求されるのが人の意識です。

昔のやり方を否定するのではなく、時代が変わったなりに、意識を変えていくこと、これは至極当然のことと思えます。

 

縦社会は、成長期には統率のためうまく機能したでしょう。

今でも新興国の中には独裁政治体制の国が数多くありますが、それらの国の中には、独裁だからこそうまくいっている国もあります。

独裁は権力が集中しているので、何をするにもとにかく早い。そのスピードが求められる成長段階というものが国家にはあります。そして、独裁は縦社会の究極の形です。

 

日本が高度経済成長で発展を遂げたのも同じ現象だったでしょう。

かんたんに言えば、四の五の言わずに言われたとおりにやれ、という空気が発展速度をあげたのは間違いありません。

 

しかし、今は違います。そのやり方は通用しません。先進国となった国は、必ず価値観の多様化が進みます。

なぜなら、生きていくことだけに必至にならなくて済むから、そして人は本来差異があるものだからです。

 

 

縦社会の上にいる人も下にいる人も、支配することの危険性、支配されることからの脱却を真剣に考えないと、とんでもないことになります。

価値観が多様化しているはずのこの社会ならば、支配しなくても良い空気つくりを認めること、脱却することのネガティブさを消すこともできるはずではないでしょうか。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com