日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

嘘でなく、間違ってなく、そして役に立たないこと

f:id:famo_seca:20170724151722p:plain

本はほとんどネットで買うので、本屋さんに行く機会もぐんと減りました。

 

本屋さんの雰囲気が好きなので、大手書店も個人経営の店も続いて欲しいとは思いますが、続いてもらうためには私たち本好きが本屋さんに足を運んで、一冊でも多くの本を買うのが一番です。

とはいえ、やはりネットの便利さはものすごくて、ついついポチって購入の方に流れてしまいます。

 

そんな私たちをなんらかの形で刺激する対策を本屋さんには考えて欲しい。

他力本願ですが、本当に「他」なので、仕方ありません。

 

ということで前置きが長くなりましたが、先日本屋さんに行ってきました。

結構大きな書店です。

 

ずいぶん前、本屋さんに足繁く通っていた時、自己啓発本の平積みの多さにびっくりしましたが、それが依然として変わっていないことに、これまたびっくりしました。

あれほど平積みされている、ということはそれなりに需要があると考えて良いのでしょうか。

 

自己啓発本は、読んで字のごとく、自己を啓発したい人が読む本ですよね。

でも逆に言えば、自己を啓発したい人全体に対しての一般論でもあります。

でも考えてみれば、ある方法や考え方の一般論化って土台無理じゃないんですか。

 

たくさんではないにしろ、それなりに自己啓発本にも目は通したことがあります。

そこに書いてあることは、さすがに書籍になっているだけあって、なるほどーと唸ってしまうものが多く、少なくとも嘘や間違いはあまり書いてないでしょう。

 

でも嘘や間違いがないことと、自分にとってためになることは違います。

多くの人にためになることと、自分のためになることが違うことも多々あります。

 

音楽の場合、、、

作曲家の姿勢として、流行りを気にせず、自分の内へ内へ意識を潜らせていくことが、結局は良質な作曲につながる、と説く人がいます。

これは嘘でも間違いでもありません。

しかし、自身が作曲家ではなく、事務所のマネージャーならば、流行りを気にしない訳にはいきません。

当たり前です。曲を流行り乗せ、そこから生まれるお金で運営しているわけですからね。

 

これを、「音楽」という枠をとっぱらって一般化すると、

・流行りに流されるな、自分自身を見つめろ

・世の中の動向をつかみ、傾向と対策をたてろ

という矛盾した項目が出来上がってしまいます。

 

つまり、書いてあることが嘘でもなく間違ってもいなくても、それが自分に役立つかどうかはわからないということですね。

 

これに対する方法は二つしかないと思います。

一つは、かなりの自己啓発本を読みまくること。そうすると当然矛盾が生まれてくるので、結局自分で考えるしかなくなります。

もう一つは、読まないことです。本に書いてある不特定多数(厳密に言えば自己を啓発されたい人に限りますが)向けの文章よりも、自分のことをよく知っている人の意見の方が、コスパは高いと思います。

 

もっともよくないのは、数冊の自己啓発本を読んで思いっきり傾倒しちゃうことですね。これは時に、危険思想にもつながっていきます。

 

たくさん読む気がないのならば、自己啓発本はやめておきましょう。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com

 

家族向け施設に必要不可欠なこと

結婚して、子供ができてからのお出かけとなると、これまで見てきたものも違って捉えられるようになります。

 

まだ歩けない子供がいるとベビーカー必須ですが、ベビーカーはバリアフリーでないと移動に困ります。

 

この困り度合いが経験して見ないとわかりません。

 

例えばデパート。

デパートには大抵エレベーターとエスカレーター、それから必ず階段が設置してありますよね。

 

一般の方は全て使えます。

 

一般の方は、上下階へ移動が少ない場合はエスカレーター、多い場合はエレベーターを使うことが多いようです。階段はあまり使われません。

デパートのエスカレーター、エレベーター、階段のある場所も、そのような使い方に見合うレイアウトになっていると思います。

 

一方ベビーカー利用者は、エレベーターの選択肢しかありません。

たったワンフロアの移動でもエレベーターです。

 

こういう事情があるので、エレベーターには「ベビーカーや車椅子の方優先」という文言が書いてあります。

 

恥ずかしながら、あの文言をリアルに理解したのは、自分が優先されてほしい立場になってからでした。

ベビーカー利用者にはエレベーター移動以外に選択肢がない、ということに気づいていなかったのです。

 

おそらく私と同じような人はいるのではないでしょうか。

 

ちなみに、ベビーカーのエスカレーター利用は危険なので禁止されていますが、それでも尚エスカレーターを使っている人を時々見かけます。

 

ダメだとは思いますが、たったワンフロア移動になかなか来ないエレベーターを待ち、やっときたと思ったら満員で乗れない、ということが続くと、強引にエスカレーターを使いたくなる気持ちもわからないでもありません。

 

デパートに限りませんが、家族を客のターゲットにする場合は、ベビーカー対策は必須ですが、これにどのくらい本腰を入れて取り組むかは、ある程度の権限がある人の中に子育て経験者がいることが重要です。

 

サービス施設は取り組まないといけないことが山ほどあるので、子育て経験者がいない中で会議が進むと、「エレベーターにベビーカー、車椅子優先っていう貼り紙しておけば?」といった投げやりな対策しかとられません。

 

実際に私は、デパートでワンフロア移動するのに、ベビーカーを押していてエレベーターしか使えないこともあって、なんと40分もかかったことがあります。

これでは買い物に行く気なんて失せてしまいます。

 

そのエレベーターにはデパートの従業員も乗っていましたが、明らかに健常者と思われる人で満員のエレベーターの前で待ち続けるベビーカーを連れた私のために何か行動を起こしてくれることはありませんでした。

 

家族向け施設に必要不可欠なことは、ある程度の役職の人間の中に最低1人は育児経験者を入れることだと思います。

もちろん、育児経験は中身がちゃんとあるものであって、子供がいるだけ、というのではその気持ちはわからないと思います。

意外と知られていない、Google Play Music

http://www.gizmodo.jp/images/2015/09/20150902samigoogle09.jpg

 

CD全盛の頃幼少期を過ごした私にとっては、音楽の聴き方の変化はめざましいものがあります。

CDからMD、CD-R、データ配信、そして現代の主流はストリーミングでの聴き放題サービスでしょうか。

後になればなるほど、大まかに言って一曲あたりの生み出すお金が下がっているので、ミュージシャンが貧乏になっていくのも仕方ありません。

悲しいかな、時代の流れです。

 

音楽の世界に身をおくものとして、これに追い討ちをかけるようなサービスを紹介するのはどうなのかわかりませんが、やはりユーザー目線でいくと便利なサービスを使わない手はないので、紹介します。

 

紹介したいのはGoogle Play Music

 

上記したように、現代の主流はSpotifyApple Music、AWAといったストリーミング型の聴き放題サービスでしょう。

Spotifyに至っては、いくつかの制約があるものの、無料で利用できます。

 

一方、自宅のコンピュータには、それなりに音楽データが入っていて、それらをiTunes、その他のソフトで聴いている人も少なくないはずです。

そこに大量にデータがあればあるほど、上記ストリーミングサービスに有料で申し込むのには、たとえ1000円/月でも足踏みしてしまいますよね。

 

自宅にある大量の音楽データを全て持ち歩くには、スマホのストレージはコンピュータのそれに比べてまだ小さいし、ストリーミングできる曲に自分の目当ての曲が全てあるとも限りません。

 

そういう人におすすめなのが、Google Play Musicです。

 

Google Play Music - Google Play ヘルプ

 

ヘルプ中にもありますが、取り扱える曲数は最大で50000曲です。

50000曲は、なかなかの曲数でしょう。

これを専用のアップローダクラウドにアップします。

 

後は、スマホのアプリをインストール、Googleのアカウントでサインインすれば、スマホからアップ済みの曲を聞けます。

ストリーミングでもいけますし、ダウンロードも可能です。

広告は一切ありません。

 

コンピュータに新しい曲を入れるたびにアップロードするのが手間だし忘れそう、という人は、コンピュータ側で音楽ファイルが格納されているフォルダを監視し、自動アップデートすることもできます。

この辺は、Googleフォトなどと同じ仕様ですね。

 

このサービス、全体を通じて無料です。

無料なので、とりあえず使ってみても失うものは何もありません。

こんなに良いサービスなのに、周りに使っている人をあまり見かけないんですよね。

 

音楽好きの方はぜひ。

 

なお、iTunesストアと同じように、楽曲購入もできますが、それは私は使っていません。

 

Google Play Music

Google Play Music

  • Google, Inc.
  • ミュージック
  • 無料

 

play.google.com

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

佐々木俊尚さんの「新しいメディアの教科書」、KDP、Tunecoreなどなど

新しいメディアの教科書 (Kindle Single)

新しいメディアの教科書 (Kindle Single)

 

 

すごい時代です。199円ですよ。

出版業界もデフレか!と思ってしまいますが、出版社/メーカーが「Amazon Publishing」となっているので、KDP(Kindle direct publishing)を使っているということ何でしょうか。

 

私は音楽業界の人間です。

iTunesストアでの音楽配信が開始されて、Tunecoreのようなサービスを使って自分で曲を売っていく手法ができましたが、それに近いものなんでしょう(おそらく)。

 

わかりやすい特徴は、とにかく分配金がよいこと。

レコード会社や事務所を通した場合、キャリアにもよりますが、実際に作り手(作曲者や作詞者)に入ってくる印税は、おおよそ売値の5%くらいです。2000円ならば100円ですね。

 

これが、Tunecoreを使っての配信だと、60%くらいに跳ね上がります。2000円ならば1200円。えらい違いですね、

 

もちろん、音源制作にあたって、レコード会社や事務所がやってくれる

  • 企画
  • 制作
  • 宣伝
  • 製造
  • 販売

を、全て自分主導で進めなければいけませんが、逆にそれらができるスキルがあったり、楽しめたりする人にとっては、良いことづくめです。

 

それに、テクノロジーの進化もあり、これらが個人でしやすくなったというのもあります。

企画は自分でなんとか(まあ、ここが難しいんですけどね)、制作はDAWソフト、宣伝はネット(サイト、SNSなど)、製造はCDプレス工場に自分で注文するか、配信のみなら不要、そして販売も上記したTunecoreをつかう、といった具合です。

 

もちろん、レコード会社や事務所とチームになって作品を作り上げる、というメリットがないわけでもないし、たくさんの人が関わるのでクオリティーも高いものになることが多いのですが、少なくとも選択肢があること、最初のハードルが低いことは良いことですよね。

 

話が音楽ばかりになりましたが、KDPにも近いものを感じます。

こういったサービスがない時代に、いくら読書が好きでも、自分で何かを書いて販売するということなんて全く考えていなかったという人のうちの数パーセントが、「書いてみようかな」と思い行動を起こせるというのは、素晴らしいことですよね。

 

ちなみに、出版界が上記音楽業界と近いものだったらという前提で書いています。

 

冒頭で紹介した本の筆者である佐々木俊尚さんは、これまでもたくさん本を出していて、その多くは大手出版社経由ですので、今回の作品もこれまでと同じようにどこかの出版社を通じて販売することもできたはずです。

 

が、あえてKDPで、という選択肢を選んだのが今回で、値段としても絶対に(そう、絶対に、です)ありえない値段が設定されているところなんかも、なにか「実験的な挑戦」といった雰囲気があります。

(深刻な理由がもしあったら、ごめんなさい)

 

多分こういう理由での値段なので、安い金額に見合った内容ではなく、めちゃくちゃ本気の1冊です。値段に「0」がひとつ足りないと思ってしまう内容です。

 

タイトル通りメディアをとりまく最新の状況や今後の見通しが、とてもわかりやすく、実例をあげながら紹介されていて、一気に最後まで読めます。

 

メディアに興味がある人はもちろん、電子書籍未経験者や、お金がない人(!?)にもおすすめです。

 

考えてみれば、電子書籍なので購入はスマホでタッチするだけ、読むのももちろん場所時間を選ばないし、購入費用も安いので、結果的には購入する方にとってのハードルも下がっていますね。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

無料(タダ)ほど高いものはない、こともない

 

ルビンの壺が割れた《キャンペーン版》期間限定無料

ルビンの壺が割れた《キャンペーン版》期間限定無料

 

 

期間が限定されているとはいえ、無料です。

早速購入(といっても0円ですが)して読みました。

 

文語体ではなく口語体で書かれていること、2人のやり取りの舞台がSNSFacebook)であること、そんなに長くないこと。

これらの要因があってか、とても読みやすい小説です。

電子書籍未経験の人は、これを機に読んでみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、念のためですが、Kindleは専用の端末がなくてもスマホタブレット、コンピュータのアプリで読むことができ、それらのアプリは無料なので、本自体も無料の場合は、1円もかかりません。

Kindleを App Store で

kindle for mac

 

無料で配信するという手法を選んだのには理由があります。

 

そもそもこの小説の作家は無名で、突然新潮社に送られてきた作品だそうです。

音楽と同じように売り上げが下降の一途を辿る出版業界ですが、発売される作品数はあまり変わっていないので、当然売れない本が大量に出てしまいます。

結果、街の本屋で平積みにされるのは、よほど売り上げが期待される作品でない限り1日、2日で、そのあとは背表紙しか見えない棚に1冊か2冊、そのあとは返品、ということになります。

無名の作家が書いた本の内容がいかによく、それを知った出版社や本屋店員があの手この手を使って広告費のあまりかからない宣伝をしても(ポップや帯など)、平積み1日では無理があります。

 

ならば、ということで、まず帯に書く文章にこれまで以上に力を入れたい。

良い帯の文章はできるだけ多く選択肢から選ばれるもの、ということで、一般応募です。

もちろん内容がわからないと帯は書けないし、発売前なので有料にもできないから、無料配信です。

 

それから、こういった企画をやっている、つまり発売前に無料で全文を配信している、ということ自体に話題性があるので、売り上げにつながることが期待できる、というもの。

 

当然の懸念で、無料で読めてしまうとお金を出して買う人が減ってしまう、つまり売り上げが減るということがあります。

 

しかし、このマーケティング手法は音楽の世界では結構うまくいっています。

日本は著作権構造が複雑なので、いまだ足踏みしている組織もあるようですが、音楽市場世界一のアメリカは、発売前にフルコーラスのMVをYouTubeにアップし、発売日までに「話題になること」を優先します。

発売日前に、パロディー的な動画や替え歌みたいなものすら出回るくらいです。

統計上は、この方法で売り上げが下がることより上がることの方が多いようです。

 

また、日本でも最近はコンサートで写真、動画OKというものも結構でてきましたが、これも後に販売されるDVDの売り上げが減る可能性よりも、それが拡散されて売り上げアップに繋がる可能性の方が大きい、という統計を受けての変化です。

 

この辺の感覚は、素人なりに知っておかないと、時代に取り残されそうですね。

個人がコンテンツを発信するのが容易になった現代では、とても重要なマーケット感覚だと思います。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

佐々木俊尚さんの「ブログ論壇の誕生」を読んで

 

ブログ論壇の誕生 (文春新書)

ブログ論壇の誕生 (文春新書)

 

佐々木俊尚さんのファンですが、新書に関しては新しければ新しいほどよい、逆に言えば古いと優先度を下げがちになるので、2008年に出版されたこの本もこれまで読んでいませんでした。

 

ちょうど家に読む本が無くなったので、買ってきて読み始め、現在半分くらいですが、これがまた滅法面白い。

というより、10年前に書かれた事なのに(?)今読んでも現代の事を書いてあるように思えるのは、多分私の時代把握が著しく遅れているのと、筆者の取材力、筆力の高さ故だと思います。

(社会は激変してますが、論壇はさほど変わっていない、ということもあるかもしれませんね)

 

タイトルに「ブログ」とあるので、ブログのことをいろいろ書いてある本なのかなと思っていましたが、もっと大きな話です。

インターネット、web2.0を背景にメディアや社会情勢、特に働き方や考え方がどう変わっているのか、変わっていくのかが書いてあります。

 

ここに度々出てくる「ロストジェネレーション」という世代は、別名「団塊ジュニア」とも呼ばれ、1970~84年生まれの世代を指しますが、そこに私も含まれます。

 

「団塊」「バブル」「ロスジェネ」「ゆとり」… サラリーマン世代論 :日本経済新聞

 

だからこそ、世代間の特徴を冷静に、見事に分析している本書は、「その通りだ!」と思わず言いたくなる箇所がたくさんあります。

 

例えば、第8章の「辛抱を説く団塊への猛反発」の中で、今時の若者論(我慢ができない云々)に対する反論(要約しています)。

 

・我慢しないのは、しても報われないから。

・そもそも、非正規雇用や過労死を見る限り、我慢しているじゃないか

非正規雇用を増やした結果技術伝承がうまくいかなくなったのは明らかで、これは若者のせいではない。

 

これらは、今もはびこる「今時の若者論」に対する有効な反論です。

というより、10年以上前にこういった反論がすでにされているにも関わらず、いまだに「今時の若者論」をいう人は、ちょっと勉強不足がすぎるのではないのでしょうか。

 

 

news.yahoo.co.jp

 

転勤を会社から命じられたとき、家族がある人ならば必ず、独り身の人でも普通は悩みます。

住んでいる土地に対する愛着もあるし、生活も大きく変わらざるを得ません。

子供にとっての友達や学校、親にとっての人間関係も、いくらネットが普及してコミュニケーションが距離を縮めたとはいえ、築き直しになります。

 

新しい人と出会えて最高、なんて牧歌的、楽観的なことを言える人も中にはいるのかもしれませんが、そうでない人も多い。

しかし、転勤「依頼」ではなく「命令」の場合は、人のタイプなんて無視です。みんなもやっているから、君も従いなさい、です。

普段は個性とかアイデンティティーとかいう割に、都合の良い時だけ「みんなもやっている」です。

 

私たちロストジェネレーションが、社会を動かす中心の世代に段々なりつつあります。

法律や予算を決める政治家も、会社の大きな権限を持っている役職の人も、私たち世代が占める割合が明らかに増していると感じます。

 

そうならば、時代は必ずよくなる、と思いたいですね。

そして、そんな私たちが数十年後に、たとえ時代をよくしていた要因になっていたとしても、「今時の若者論」だけは口にしないようにしたい。

経験を伝え、あとはその世代に任せる、そのスタンスを崩さないことがなによりも重要だと思います。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com

 

Googleカレンダーのあれこれ

スケジュールをクラウドカレンダーにしてもう何年も経ちます。

いうまでもありませんが、スマホがここまで普及した現代で紙の手帳を持つメリットはもうほとんどない、と個人的には思っています。

「紙に書かないと忘れる」

「手書きのイラストも書くので」

といった意見はありますが、紙に書かないと忘れる人は、デジタルで管理した経験を踏まえてフェアに比較しているのか疑問だし、手書きのイラストをかけるカレンダーアプリもあります。

 

カレンダーをクラウドで管理することのメリットは本当にたくさんありますが、第一はやはり共有だと思います。

 

複数の人間で共有するべきスケジュールに関しては、新規作成の予定も、既存の予定変更も、同じデータを見ているのでミスが起こりにくい。

予定を作るのと同時にメールを自動的に送る設定もありますし、予定にテキストで詳細を記載したり、ファイルを添付したりすることもできます。

 

それから検索。

いつやったか忘れたけど、◯◯っていうイベントをもう一度やるにあたって、その時の詳細を知りたい、なんてことは仕事上よくあります。

手帳で予定を管理している人は、おそらく1冊/年なので、1年以上前のイベントの日付をすぐに思い出すことは難しいし、手元にあってもそれが何月何日なのかを調べるのが結構な手間です。

その点、クラウドカレンダーならば、検索するだけです。数秒でヒットします。

 

少し話がそれますが、私はファイル名やフォルダ名に極力日付をつけるようにしています。

日付は重複することがないので、日付さえわかれば、その日付でファイル/フォルダ検索をすれば目的のデータを見つけやすいからです。

日付で管理するのは、古いですがこの本の影響です。

 

「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)

「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)

 

 

 

クラウドベースのカレンダーもたくさんありますが、私は他のサービスやアプリとの連携が多いのでGoogleカレンダーを使っています。

検索はもちろん最強です。

 

しかし、Googleカレンダーにおいてはいまのところ95点くらい。

つまり、ほぼ満点ですが、2つだけ不満があります。

 

一つは、予定の複製が以外と面倒なこと。

  1. 複製元の予定を選択
  2. 詳細を表示
  3. ドロップダウンリストから予定の複製
  4. 複製先の日付を選択
  5. 保存

という行程ですが、予定をコピーするだけにしては作業量が多い気がします。

ちなみに、一定の周期で繰り返す予定は簡単に作れますが、そうではなく単純に予定を複製したいこともありますよね。

 

月表示で、イベントをoptionを押しながら複製先にドラッグ、みたいなことはできないのでしょうか。素人的にはさほど難しそうな技術とも思えませんが、どうなんでしょう。

予定の日時変更は、既存の予定を変更したい日にちにドラッグするだけだし、予定時間の短縮、延長もドラッグのみでいけます。

 

もう一つは、新規予定カレンダーがデフォルトのまま変えられないこと。

クラウドカレンダーの利点の一つでもありますが、仕事のカレンダー、家族内共有カレンダー、友人と共通カレンダー、個人のカレンダーなど、複数のカレンダーを管理できます。

新しく予定を作成する時は、少なくとも日時、予定名、それからどのカレンダーに作成するかを決めなくてはいけませんが、このいわゆるデフォルトカレンダーが変更できません。

 

強引に、作成したいカレンダーのみを表示するようにした状態で新規予定作成をすると、今表示されているカレンダーでの作成になるので、大量の予定を一気に打ち込むときなどはそうしますが、設定で新規予定作成のカレンダーを変えられる仕様にしてもらえないかな、と思います。

 

 

ほんの少しの不満をあるものの、基本的には満足なGoogleカレンダー

今後も使い倒していきたいと思います。

 

ちなみに、私はmac使いなので、macのカレンダーでもGoogleカレンダーを一応見られるようにしていますが、基本はブラウザで見ます。

 

また、スマホではiOSの設定でGoogleカレンダーのアカウントにログインしているので、iOSデフォルトカレンダーでも見られますが、使い勝手を考えてこちらのカレンダーアプリを使っています。予定の複製がめちゃくちゃ楽です。

さいすけ

さいすけ

  • Mobile Saysoft,Inc.
  • 仕事効率化
  • ¥1,200

 

iOSカレンダーと同期、つまりGoogleカレンダーと同期を取れるように設定しています。

詳しくは下記投稿ご覧ください。

 

famo-seca.hatenablog.com

 

 

famo-seca.hatenablog.com