日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

音楽は自由、、、ではない?

なんといっても、音楽の最大の特徴は、カタチがないことです。

物理的に言えば、それは空気が揺れているだけで、なぜか人はその揺れの組み合わせで感動し、その中には人生自体が大きく変わる人すらいます、、自分もですが。

 

カタチがないというのは、限りなく自由だということですね。物理的な制約がないというのは、自由の極みです。

そんな中で、自分が良いと思う音を自由に出して良い、というのが音楽の大前提にあります。

 

しかし、です。

自由って音楽においても、思想哲学の意味においても、ある程度の幅がありますよね。

つまり、「どのくらい自由なのか」であって「自由or非自由」ではないということです。

 

21世紀の自由論: 「優しいリアリズム」の時代へ (佐々木俊尚)

 

さて、もう一度音楽ということを考えてみます。

そもそも「音楽」と「音」の違いは何でしょうか。

実は明確な違いはありません。読んで時のごとく、音のなかで、それが「楽」しかったら「音楽」ですが、楽しいかどうかは主観的且つ個人的です。

 

こういうことを書いていると、極論にすぎないという人もいますが、実はそうでもない実例が身近の音楽にあります。

DJテクニックの一つであるスクラッチ。あれはレコードを手で無理やり回した時に出るノイズ、つまり雑音です。


DMC World DJ Champion LigOne with Serato Scratch Live

 

単なるノイズを、ある時期から「かっこよく(=楽しく)」使い始めた結果、それは雑音ではなく、音楽の一部になりました。

 

ギターのひずみも同様です。スピーカーの許容を超えた音を出すと、音が割れてビリビリといった音が入りますが、ギターのひずみはそれを「かっこよく(=楽しく)」つかったものです。

 

さて、話が若干それましたが、つまり音楽は「楽しい」ということが前提になっています。

最低限自分自身は楽しくないと続けるのが困難、できれば一人でも多くの人に楽しんでもらいたい、という基準があるのが商業音楽です。

 

例として、ピアノのドからソまでの白鍵を全部同時にならしてみます。

おそらくほとんどの人が、音が濁っていると感じます。では間違っているのかというと、だれかがその濁り具合が最高という人がいる可能性は捨てきれません。

 

しかし、この「ほとんどの人」というのがポイントで、逆にほとんどの人が「良いなぁ」という音も存在します。和音で言えばドミソだったりドファラだったりですね。

和音だけでなくコード、音質、歌詞、構成など様々な要素各々に、ほとんどの人が「良いなぁ」と思うものがあり、それらがうまいバランスを取ると、それは良い作品となります。

というか、良い作品、とみなすのが商業音楽の基準です。

 

つまり、少なくとも商業音楽においては、音楽は自由であればあるほどよいとは言えません。

クラシックよりは自由度は確かに高いのですが、それにしたって多くの制約があり、それらを守らないと、ほとんどの人が「良いなぁ(=楽しい)」と思うものはできません。

 

メジャースケール、ダイアトニックコード、ナチュラルサイクル、、、

これらは、あきらかに音全体の制約を作るものです。その制約の中でどれだけ良いものを作れるか、自分だけでなく他人を楽しませることができるか、というところが商業音楽の難しいところだし面白いところです。

 

音楽って自由でしょう?と聞かれることが多いのですが、少し前に流行った言葉を借りればそれは、違法ではないが適切ではない、と言ったところです。

 

ちなみに、制約だらけで自由度が小さくなりすぎた音楽は、やっぱり楽しくありません。

つまり、自由の程度の問題なんです。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

若くありたいと思うならば

不老不死はあまりにも非現実的ですが、いつまでも若くありたい、というのは多くの人が抱く願望です。

若さを構成するものにはいろんな要素がありますが、その中の一つが美しさ。

特に女性はその美しさに磨きをかけて、若さを保ちたいという人は多いのではないでしょうか。

アンチエイジングという用語も十分な認知度を獲得しています。

 

しかし、私は若さが手放しに良いことだとも思いません。

年を取ることによって得る経験や知識は、若さのエネルギーとはまた別の魅力を醸し出します。

 

つまり、見た目は若くあり続け、中身には経験、知識を蓄える、というのが最も良い。

で、私はこの2つは決して分離していないと思うのです。

 

 

ある人をみて、その人が実年齢よりも若く見える時、なぜ若く見えるかを考えてみます。

もちろん化粧やおしゃれが上手、とかいうのもありますが、私が感じたのは

・表情

・姿勢(体型)

です。

 

表情は、感情が豊かに現れている人の方が無愛想なひとよりもずっと若く見えます。

年をとっていくと、良くも悪くも「まるく」なっていきますし、些細な事では動じなくなります。それは経験からくる余裕でもありますが、少なくとも若々しさという意味ではマイナスです。

喜怒哀楽が表情に表れやすいのは、あることに対する経験がないか浅いか、でしょうが、だからこそ若くみえるのだ、というのは筋の通った意見だと思います。

 

それから姿勢。

不思議なもので、後ろ姿でなんとなく年齢が予想できます。服を着て顔が見えない場合、年齢が予想しやすいシワなどは後ろからは一切見えないのに予想できるのは、おそらく姿勢のせいです。

立ったり座ったりしている時だけでなく、歩き姿や機敏さにも現れます。

姿勢は体型と密接に関係があります。肥満は年齢判別という観点とは関係ないのかもしれませんが(太っている若者もいるわけですからね)、猫背やゆったりとしすぎの行動は、その人を老けて見えさせるでしょう。

 

 

若くありたいと思うとき、オシャレや化粧にお金をかけるのは比較的容易にできることです。

しかしそれだけだと「若作りしている」と陰口をたたかれちゃいます。

当たり前ですが、若作りをするのは若くない人だけなので、「若作りをしている感」は、実は最も人を老けて見させます。

それにオシャレや化粧は、外出前にしてしまったら鏡で見るときくらいしか意識することはありません。

 

オシャレや化粧に加えて必要なのが表情と姿勢です。

これはお金をかけるだけではどうにもならず、普段から気をつける必要があります。

当然鏡を見てオシャレや化粧に気をつける頻度と比較して、表情や姿勢に気をつける頻度はずっと高い。

それに、姿勢を良くするためには体型を、体型を維持するためには、普段からの食生活や運動を気にかける必要があります。

 

常日頃から若くありたい、と思うその内面意識が、実際に人を若く見えさせます。

 

結局若さは、内からにじみ出るものです。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

 

ぜひネット投票を導入してほしい

headlines.yahoo.co.jp

 

東浩紀さんの「一般意志2.0」を読んで、選挙至上主義に疑問を持ち始めたのは事実ですが、いまのところやはり選挙の重要度は高いままです。

 

一般意志2.0 ルソー、フロイト、グーグル (講談社文庫)

 

つまり、投票率が上がれば上がるほど世の中も良い方にすすんでいくと思います。

(というか、投票によって決まった方向のことを、良い方向と呼ぶ、ということですかね)

 

しかしながら、投票率は決して高いとは言えません。

投票に行っていない人の言い訳は正当化できるはずもなく、とにかく行くべきだとは思いますが、投票システムに疑問があることもこれまた事実です。

 

そのわかりやすい改善方法がネット投票だと私は思っています。

投票に行かない人の言い分は、行っても変わらない、同じ考えの人がいない、など論理破綻しているものが多いのですが、これらは要するに、行くのが面倒だ、ということがネックになっていることは間違いない、と踏んでいます。

積極的辞退者は、ほんの数%でしょう。

 

そして、その面倒さは私もひしひしと感じます。

 

famo-seca.hatenablog.com

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

ネット投票を導入した場合、冒頭のリンク記事に書いてあるように、色々な問題が出てくることは避けられません。

高齢者にわかりにくい、セキュリティーの問題、本人認証の問題などですね。

しかし、これは典型的なゼロリスク思想です。それを言うなら、現行選挙は非の打ち所のないほど問題がないシステムなのか、と聞きたくなりますが、投票率があがらない、という根本的な問題がいきなり立ちはだかっています。

 

現行選挙だと、投票所に足を運ぶのが面倒で若者を中心に投票に行かない(行けない)。

ネット投票だと、難しくて高齢者が投票しない(できない)。

これは同じくらいの問題性だと私は思っています。

で、結局どっちも問題あるなら、今のままで、という事なかれ主義に流されているのが現状です。

 

私は、この国がネット投票を導入し、若者の投票率が飛躍的に上がれば、本当に変革が起きると思います。

もちろん、何でもかんでも変われば良い、とは思いません。しかし、停滞よりは随分良いと感じます。

そもそも、テクノロジーの爆発的な進化で社会自体が大きく変わっています。社会が変わればもちろん法律もそれに合わせて適切に変えたり増やしたりしていかなければいけませんが、法律を決める国会、その議員を選ぶ選挙のシステムが変わらないのならば、適切な立法ができることに期待なんかできません。

 

変化に敏感な世代、つまり今から社会に出て日本を担う人、今現状担っている人がもっとも政治参加(=投票)しやすいシステムが求められているのではないでしょうか。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

こんな場所が壊れるものなの?

私のmacは結構古くて、Mid2010のMBPです。

しかし、色々とカスタマイズしているし、メンテナンスも比較的丁寧に行ってるので、まだまだ現役です。

ハードのスペックは現行機に遥かに劣りますが、カスタマイズ性は、ノートに限って言えばこの頃が最高ではないでしょうか。

背面を市販の精密ドライバーで開ければ、メモリ、ストレージ、ディスクドライブなどどれも結構簡単に交換できます。

 

私の場合はディスクドライブを使わないので外し、そこにマウントキットを付けてHDD500Gを、メインのストレージはSSDの512G、メモリは16Gです。

 

 

Amazon等で各々のパーツを購入すれば、正規店でカスタマイズするよりも随分安く済みますし、結構楽しい。プラモデル感覚で且つ実用的。

 

ということで頑張ってくれている私のmacですが、この度「ある箇所」が壊れました。

 

f:id:famo_seca:20171018140640j:plain

 

ご覧の通り、returnキーが割れたのです。

こんなところが割れるのなんてはじめてだし、聞いたこともありません。

ちなみにこの箇所に何かを落としたとか、ということではありません。

普通に使っていて、何かreturnの効きが悪いな、と思ったら割れていました。

 

当たり前ですが、returnキーは最も使うキーです。だからこそ割れたのかもしれませんが、非常に困ります。

 

ということで交換を試みます。

今は良い時代です。なぜなら、ヤフオクやメルカリでパーツを検索すれば結構安く売ってあり、購入できるからです。多分Appleでは対応してくれません。

https://www.pipopa-shop.com/blog-iwakuni/upload-images/201722794623.jpg

以前友人のキーボードがある理由で曲がってしまったので、その修理の時にキーボードのみをヤフオクで買っておきました。曲がっていたキー以外は全て残っているので、今回はその中からreturnキーを使います。

 

キーを外す時、中の爪が割れそうで怖いのですが、今のところ割れたことはありません。弱そうな割に意外としっかりしているものなんでしょう。

 

交換すると、そのキーだけ新品なのでえらく目立ちますが、まあ使っているうちにすぐに馴染むでしょう。

 

おそらくAppleの思惑なのでしょうが、最近のmacはカスタマイズ性が減りつつあります。修理は自分でせずにAppleに持ち込むように、というメッセージですね。

しかし、機械でもなんでも自分でやってみないと理解は深まりません。

当然それは自己責任のもとで行うわけですが、それでも私は十分にやる価値や意義を感じます。

 

またカスタマイズできるmacが復活してくれないかな、と願う今日このごろ・・・

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

音楽業界は不法投棄を受け入れるか、身を切る改革をするか

headlines.yahoo.co.jp

 

音楽の世界にいる者としては、悲しいニュースです。

投票さえできれば、CDなんてどうでも良い、捨てるのさえ面倒だから不法投棄、とはなんとも悲しい気分になります。

 

しかし、よーく考えてみればアイドルがファンにCDを購入してもらうために握手券や投票券を付ける、というシステムを利用したのならば、今件については不法投棄という事以外に違法性はありません。

違法ではないが、適切でない、ということになりますね。良識の問題です。

 

握手券、投票券をCDに付けるというシステムを考えた時は、まさかこんな事が起こるなんて思っていなかった、というのが本音ではないでしょうか。

ちなみに、同様の事は今回だけでなく過去にもあります。

 

繰り返しますが、CD販売者の方としては、後で捨てられてもお金は払ってもらってるから、これまた問題がない。

しかし、不法投棄の温床になっている、ということには考慮すべきでしょう。

 

音楽の真髄は「音」なので、もういい加減物理媒体(つまりCDのこと)はやめちゃって、すべてデータ販売やストリーミングサービスにすべき、という意見もあります。

実際にデータになれば、不法投棄はなくなります。

 

しかし、データにはコピーがいとも簡単にできてしまうという別の問題があります。

違法コピー問題は今に始まったことではなく、昔から音楽業界は様々な方法を試みてきました。

しかし、(CCCDコピーコントロールCDをはじめとした数ある対策はすべて普及しませんでした。

逆に、コンピュータの普及と音楽のデータ化で、コピーのし易さは圧倒的に上がったといえるでしょう。

 

さらに、データ販売やストリーミングの場合は、良くも悪くも音楽業界の幾つかが淘汰されます。

実際にその傾向は随分前から顕れています。

CDの売上は、1990年代後半にミリオンセラーがアルバムだけで20枚近く出ていた頃に比べると、激減と言って水準です。

 

タワーレコードは閉店や店舗縮小をせまられたし、HMVもしかりです。

CDのがないということは、CDを店まで運ぶ運送業にもダメージです。

CDプレス工場もそうですし、データの場合はアルバムという概念も薄れるので、マスタリングという作業も淘汰される可能性があります。

 

こうなると当然業界は音楽のデータ化に反発します。

 

 

物理媒体を売り続けて、今件のような不法投棄をある程度受け入れるか。

音楽のデータ化をさらにすすめて、音楽業界が痛みの伴う改革を自ら行うか。

こういった事件から、音楽業界は真剣に考える必要性を感じるべきです。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

世界の滝巡り

今週のお題「行ってみたい場所」

 

滝が好きな私にとっては、やはり世界の滝巡りをしてみたいですね。

ちょっとバカっぽいですが、私はデカイものと高い(heightの方)ものが好き。だから滝はピッタリなわけです。

滝も様々ですが、こういった理由でデカイ滝が見てみたい。

 

ちなみに滝の3大スペック(?)は落差、滝幅、流量ですね。

 

ナイアガラの滝

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/tabi-channel/upload_by_admin/niagara_1_800.jpg

おそらく世界一有名な滝ではないでしょうか。

写真で見てこれだけの迫力なので、実際はものすごいでしょう。

テレビなどで見るときは、かなり遠くから撮っているのに飛沫で濡れていることがありますね。

実際には3つの滝を総称で、

カナダ滝 (落差56m、幅675m、滝壺の深さ55m)
アメリカ滝 (落差58m、幅330m)
ブライダルベール滝 (落差55m、幅15m)

となっています。

流量は、2,400 m³/s

 

イグアスの滝

http://travelhack.jp/wp-content/uploads/2012/08/2252091927_10f0c9016a_z-580x384.jpg

 

こちらは南米。エレノアルーズベルトがこの滝を見て、「かわいそうな私のナイアガラよ(Poor Niagara)」と言ったとかいう逸話があります。

イグアスは、グアラニー語で「大いなる水」を意味するそうで、確かにといった感じですね。

その轟音は、悪魔の喉笛という異名を持つほどです。

落差は82m、滝幅は4000m、流量は1,756 m³/s

 

ヴィクトリアの滝

http://img.4travel.jp/img/tcs/t/pict/src/26/02/28/src_26022800.jpg

アフリカはジンバブエ共和国ザンビア共和国の国境にある滝。

地面が割けてできたように見えますね。

写真の右にうつっている車を見たら、いかにこの滝がデカイかがわかります。

落差は108m、滝幅1708m、流量は、1,088 m³/s

 

 

どの滝もとにかくデカイ。

尚、滝幅と流量世界一は上に紹介したイグアスの滝ですが、落差世界一はベネズエラのエンジェルフォールズで、978m。スカイツリー(634m)を軽く凌ぎます。

http://lovetabi.com/wp-content/uploads/2015/04/image131.jpeg

あまりも高すぎるため、途中で水が飛散して、滝壺がありません。

すごいですね。

 

滝はそのスペック以外にも、数字にはあらわれない景観の美しさや、凍った滝なんかもあります。

季節に寄っても表情が変わるので、何度行っても楽しめます。

 

いまはまだ多忙の身ですが、いつか時間を作って世界中の滝巡りをしてみたいですね。

人生観が変わるほどの感動があったら言うことありません。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

量刑のありかたと、安全対策

news.livedoor.com

 

本当に痛ましい事故です。

これは事故というより事件とよんだほうが適切かもしれません。

容疑者の賠償額はまだ確定ではないようですね。

 

量刑は犯罪抑止、事故予防につながるか、という議論は昔からありますが、私は基本量刑で良いと思っています。

ただ、その量はどうやって決まるのか、というところが難しい。

 

今回の件もそうですが、特に死亡者が出た場合は懲役を何年にしても賠償額をいくらにしても、被害者は帰ってきません。

量刑の「量」が、被害を受けた分を取り戻すという考えならば、殺人であろうがなかろうが死亡者が出た場合全部死刑となります。

事件でも事故でも、故意でも過失でも、です。

 

私は死刑制度反対の立場ではありませんが、なんでもかんでも死刑にするべきとも思いません。

事件、事故が起こったときに優先して考えるのは被害者側のことだとは思いますが、被害者が加害者を死刑にするべき、ということを全部受け入れていたら死刑だらけになります。

それはあまりにも殺伐とした社会になってしまうでしょう。

 

これは死刑に値するほど重い罪でないときも同じです。

最近聞かなくなりましたが、一時期「バカッター」と揶揄されて話題になった投稿がありました。

従業員が店の冷蔵庫に入っているところの写真を投稿したあれです。

 

結局店側は閉店に追い込まれ、その従業員に損害賠償を請求しましたが、その額は被害分を補填するという考え方で決められたものでした。

数千万円にのぼります。

 

しかし、冷蔵庫に入って投稿した、という行為で数千万円は私はやりすぎだと思います。罪と罰がごちゃまぜになってます。

 

私は法律関係ではないので、冷蔵庫に入っているところをSNSに投稿したという行為に対して、どのくらいの賠償額が相場なのかはわかりませんが、少なくとも被害額とは切り離すべきです。

もしこれを被害に応じて決めるのならば、傷害事件などで被害者の回復が早かった場合は損害賠償額も減額となりますが、それは納得いきませんよね。被害者の体力があればあるほど、加害者が優遇されるなんてことはあってはいけません。

 

損害賠償という名前がついているので、もちろん無関係ではありませんが、かといって完全に被害額と一致させるのも問題があると思います。

 

 

話が大きく変わりますが、もう一つ今回思ったのは、自動運転の普及を早めてほしい、ということです。

飛行機事故による死亡者数は年間平均でも0人に近いのに、事故予防という意味もあってか様々なオートメーション化がなされています。いえ、オートメーション化しているからほとんど事故がないのかもしれません。

それに対して、車は年間4000人近くの死亡者数を出しています。統計上比較にならないほど危ない車ですが、安全対策は飛行機と完全に反比例しています。

 

テクノロジーは万能ではありませんが、多くの命を救うことも事実、それは歴史を見れば明らかです。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

 

famo-seca.hatenablog.com