日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです。 趣味は読書とビリヤード。仕事は音楽関係。

知的優越感への欲望がデマを生む

note.mu

 

知識は「勉強して」得るものであって、ある記事やニュースを読んですぐに得られるものではありません。

それがこの記事を読むとよくわかります。

 

記事から引用しますが「メルトダウン後で、100倍以上基準が緩和された」というのはデマだけど、「平時基準と避難勧告基準」ということを知っていれば、そんなデマにだまされない。

逆に言えば、「平時基準と避難勧告基準」のことを勉強してなかったら、まるで基準が緩和されたように感じる、ということです。

 

ストロンチウムの件も、100ベクレル以下は安全なんて馬鹿基準というデマも同じです。

こういう記事を読んで、詳しく調べなかったら、専門分野なだけに騙されます。

 

そして、デマのほうに傾いてしまうのは、知的優越感への欲望です。

難しそうなワードですがつまり、「お前はしらんと思うけど、実はこうなってるんよ」と言いたい欲望です。陰謀論好きとかに多いですね。

 

これだけなら悪いことではありません。

ただ、その知識を得るためにエネルギーを使って勉強したのか、というところが肝です。

 

知的優越感があるのに勉強をしない人が、その優越感を得たいために勉強のところをショートカットします。

この結果生まれるのがデマです。

 

「みんなは騙されているけど実は・・・」みたいな情報のソースを最後まで聞くと「知り合いが言っていた」とか「あるサイトに書いてあった」とかだったりします。

 

政府が発表していることが100%正しいとは言えないかもしれません。

ただ、知り合いから聞いた情報や、根拠が怪しい「あるサイト」の情報に比べれば、随分信用できると思います。

これも一種のゼロリスクみたいなもので、ちょっとでも政府が嘘をついたら(もちろん嘘はだめですよ)、すべてが信用できない、という思考パターンです。

 

繰り返します。

ある知り合いから聞いた、というなんの根拠証明もできない情報と、政府発表の情報、比較するとどちらが信用できますか?

 

以前こういう記事を書きました 

famo-seca.hatenablog.com

 

弱き市民を守ろうと政府を攻撃する、という行為は、それが本当のことならば健全な批判です。

しかし、それがデマだった場合、そのしわ寄せが被災者に来る、ということを知っておく必要があります。

 

つまり、この状況において、被災者に対する「加害者」になるということです。

 

弱き市民を助けたいという行為が、全く反対になります。

こんなに残酷なことはありませんよね。

 

弱っている人たちを助けたいと思うとき、まずしなくてはいけないことは、わかりやすい敵を作って攻撃することでなく、正しい知識を得ることです。

 

本当に本当に、そう思います。

 

完全ワイヤレスイヤホンで最も気に入ったところは、音質でもフィット感でもなく・・

 

少し前にこのイヤホンを買って使ってます。

一般的にはスマホと接続して使うのでしょうが、私はmacとつないで使っています。

 

いやはや、便利ですね。接続も非常に早いし、音質も全く問題なし。

ごくごくたまに途切れることはありますが、許容レベル。

耳へのフィット感もバッチリで、多分運動しながらでも外れる心配はいらないでしょう(運動しながら使うことはありませんが・・・)

 

さて、いろいろと便利な完全ワイヤレスイヤホンですが、私が最も気に入っている点は、片耳モードです。

 

地味ですか?

でも、これ私にとっては重要です。

 

有線のイヤホンやケーブルありのワイヤレスイヤホンでは、簡単にはできないモードです。

だってそうでしょう?

片耳のイヤホンを外すだけでは、片耳モードではなく、片方しか聞いていないだけです。

 

楽曲というのは、ステレオで再生されることを前提にされており、なっている各々の音にPAN(定位)が設定されています。

 

イヤホンの場合がわかりやすいと思うので試してみてください。

目をつぶって曲を聞いてみると、ボーカルは真正面に、一方ギターやベースはちょっと右とか左とかから聞こえませんか?

場合によっては完全に右(左)に振ってあることもあります。

 

生のライブの場合も実は同じで、ちゃんと楽器ごとに右(左)にどのくらいずらすか、というのを調整しています。これがPANです。

PANを設定しなかったら、全パートが縦に一直線にならんで演奏していることになります。

そんな演奏みたことないでしょう?

 

話がそれましたが、有線イヤホンやケーブルありのワイヤレスイヤホンの場合、片方を外して聞いたら、PAN設定されている音が極端に大きかったり、逆にほとんど聞こえない、という現象が起きます。当然ですね、基本ステレオで聞くことを前提にしているのですから。

 

完全ワイヤレスイヤホンの場合、片方を充電器に戻して片耳モードーにしたら、モノラルモードになります。

つまり、すべての音が片方のイヤホンからなるのです。

 

もちろん、ステレオ的な効果はなくなりますが、音がならないとか、著しくバランスが崩れるよりはだいぶ良い。

ちょっとした音源確認には重宝します。

 

 

完全ワイヤレスイヤホンを買う前から、片耳モードに関してはチェックしていましたが、これは正解でした。

あんまり私のような使い方をする人はいないかもしれませんが、購入の際はちょっとだけチェックしておいたら良いかもしれません。

小学校で教える体育の授業で教えることは、勝つ事の大切さ?

 

headlines.yahoo.co.jp

 

私は、いわゆる「体育会系」というものを嫌悪しています。

体育ではなく、体育会系です。

 

体育会系って、つまり目的達成のためには苦しさ、痛さ、辛さは仕方ない、むしろそれら障壁があった方が、相対的に達成感が上がる、という思想を持っているイメージがあります。

 

こういう思想がどこから生まれるのか。

私はその要因の一つに、小学校の体育の授業があると思います。

 

今の体育の授業のことはよく知りませんが、昔はとにかく、勝つための方法を教える授業でした。

陸上でも水泳でも、記録をのばす方法、球技でも相手チームに勝つ方法を中心に授業が進められます。

柔道などの格闘技系は言うまでもありません。

 

音楽をやっている人は全員、オリコン上位を目指したり、紅白出演を目指したりしている、と言う勘違いと同じで、スポーツをやる=勝ちを目指さないと意味がない、と思われがちではないでしょうか?

 

もちろんそういう基準でスポーツをやることに異論はありません。

しかし、勝ち負けよりも楽しめるかどうかの基準を重視する人がいることも事実です。

 

体育会系の人は、負けて楽しいと思うことなんてない、という考え方でしょうが、そうでない人はいてはいけないのでしょうか。

 

たしかに勝負事なので、負けるより勝つ方が楽しい。

しかし、その勝ちにこだわるが故に、辛い練習やさまざまな努力を必要とされるくらいならば、たとえ勝負に勝てなくても、最終的には楽しい、という人も確実にいます。

体育会系の人たちは、「こういう人たちはスポーツをやる資格がない」とでも言わんばかりの印象を受けます。

 

小学校は集団授業です。

短距離走でも、他人との比較になることは避けられません。

そこで運動神経がない人は「自分は平均より著しく遅い」ということを知ることになります。

小学生くらいの年齢だと、これは焦ります。

 

しかし、短距離走が遅くてもちゃんと真っ当な人生は歩めます。

速い方が良いでしょうが、遅くても危機的状況というわけではありません。

運動神経がない人が走ってもよいし、それが楽しいという人だっている。

 

私は、小学校の体育の授業で教えることはむしろこっちの方ではないかと思います。

 

目的達成のために立ちはだかる壁に負けず、打ち破り、進んでいく、という考え方「だけ」が正しいわけではありません。そうでない人もいてよいのです。

 

職業としての小説家 (新潮文庫)

職業としての小説家 (新潮文庫)

 

この本には、村上さんが習慣にしているジョギングについての文章が書いてあります。小学校の頃は大嫌いだったそうです

 

まずスポーツの楽しさを教え、スポーツ人口全体を増やすことこそ、結果的にはスポーツの普及にも、日本のスポーツ成績をあげることにもつながるのではないでしょうか。

 

スポーツの目的は勝つことではありません。

スポーツは、それを通して心身ともに健康になることが目的のはずです。

スポーツに関わったばかりに、心が疲弊する人なんていたら、それこそ存在意義が揺らぎます。

3組に1組は離婚という計算はおかしい説

不倫やそれにまつわる離婚の報道が日々伝えられているので、離婚率はさもあがっているような印象がありますね。

 

そこで離婚率についてちょっと調べてみました。

 

2016年の婚姻件数は62万1000件で離婚件数は21万7000件

厚生労働省「人口動態統計の年間推計」

 だそうです。

これらの数字から、約3組に1組は離婚、という数字が報じられます。

 

いや、しかしちょっと待てよ、と。

 

離婚率を婚姻件数と離婚件数から算出するのは合ってますが、私たちが知りたいと思っている離婚率というのは、ある年の婚姻件数と離婚件数から算出されるものではなく、あるとき結婚したカップルのうち、そのカップルたちがどのくらいの確率で離婚するか、でしょう?

婚姻件数と離婚件数を同じ年で見ても、あんまり意味がない数字にならないですか?

 

極端な例を出したらわかりやすいかもしれません。

 

ある年の婚姻件数が100件、離婚件数が30件あったとします。

この年の離婚率は30%です。

(離婚件数30件のカップルが結婚したのは、この年とは限りません、むしろこの年よりも過去の年ということのほうが多いでしょう)

 

その数年後の婚姻件数が50件、離婚件数は20件。

この年の離婚率は40%。

だから10%アップ、といえますか?

離婚件数は下がっても、婚姻件数が(つまり分母が)上がっているので、離婚率の数字は上がります。

 

知りたいのは、最初の婚姻件数で数えられた100組中、何組が離婚したかですが、離婚したカップルがいつ離婚するかはまちまちなので、年単位では算出できません。

 

おおよそですが、過去の統計から「この年に結婚した人が10年以内に離婚した確率」みたいな統計の方が、情報としては意味があります。

 

 

報道で伝えれる数字は、こういう「まやかし」がたまにあります。

数字ならまだしも、数字を出していないものは、印象が先行します。

有名なのは殺人事件の件数ですね。

最近は物騒な世の中で、なんて言う人がいますが、殺人事件件数は明らかに下がり続けています。

f:id:famo_seca:20190710115001g:plain

1955年(この年10歳だった人は、現在74歳)当時と現在では、1/7以下です。

物騒どころか、比較すれば超安全です。

 

 

離婚や殺人事件に関して、実際のデータを見えにくくしているのは、ほぼほぼ報道に原因があります。

そこで、私は各媒体(テレビ、ラジオ、新聞)で、離婚報道率、殺人事件報道率を発表してほしいと思っています。

テレビ、ラジオなら時間軸、新聞なら紙面の面積軸です。

(ネットは算出が困難そうですね・・・)

 

離婚の件数が減っているのに、離婚報道率が上がっていたとしたら、なぜ件数に反比例した時間を離婚報道に割くのか、ということを説明してほしい。

離婚としては1件でも、その1件の離婚は他の報道を割いてでも伝える意義が明確にある、といった理由ですね。

 

まあ、おそらくその方が視聴率が取れるから、でしょうけど。

東京の人は冷たい、地方の人は温かい、は本当か?

f:id:famo_seca:20190712153334j:plain

「こないだ東京行ってきたんだけど、やっぱり東京の人って冷たいと思った。

やっぱり田舎のほうが人が優しいよね」

 

 

昨夜、こんな会話を耳にしました。

 

このイメージ、どう思いますか。

ドラマや漫画なんかで描かれる東京(というか都会)と田舎のイメージって、だいたいこういうことが多いですよね。

 

でも、私はそんなことないと思います。

東京には住んだことがないので、断言はできませんけど。

 

描かれるイメージを持って東京に行った時、実際に冷たい態度を取られたら「やっぱりか」と思うはずです。

田舎で少しくらい冷たい態度を取られても、例外と思うのではないでしょうか。

これらの先入観が印象を偏らせている可能性があります。

 

こういうのって、イメージの統計(アンケート)は取れますけど、実際に都会と田舎の態度を比較するのって難しいでしょうね。

 

ちなみに私は以前、田舎に行った時に冷たい態度を取られたことがありました。

その田舎というのは、私がいま住んでいるところに比べて田舎、という意味です。

そして、冷たい態度というのは、私の地元の人達と比べて、という意味です。

 

famo-seca.hatenablog.com

 

 

都会や田舎、態度の暖かさや冷たさは、あくまで相対的なものです。

都会と田舎は人口で決まると思って良いのでつまり、都市の人口と態度の冷たさが比例する、というのが描かれるイメージですね。

(もしくは都市の人口と態度の温かさが反比例する)

 

しかし私が上に書いた、田舎で感じた印象はこのイメージと逆になっています。

これも、たった一つの経験なので、平均値はわからないし、決して普遍的なものとは言えません。

 

要するに、よくわからないんじゃないかな、と。

 

ただちょっと思うののは、東京に関しては地方(田舎)から移住してきた人が多くいるので、幼少期からずっと仲良くて、みたいな人の比率が地方より少ないかもな、とは思います。

そうすると、知り合いではない人の数が増えるのも事実。

それを俯瞰すると、人と人との接し方がドライに見える、ということはあるかもしれませんね。

これは、都会の宿命でしょう。

 

まあ結局何が言いたいのかというと、、、

どこにでも優しい人も冷たい人もいるけど、少なくとも自分自身は優しくありたいな、ということですね

やっぱりJAZZは最高、と思う曲をあげてみた

私はJAZZが好きです。

 

某有名JAZZライブハウスで働き、「JAZZは良いなぁ」というくらいに思っていたところ、次に全国的にも有名なJAZZ喫茶で働く機会を得て、そこでお客さんにしごかれました(無知だったんです・・・)。

今では、少なくとも「聞く方だけで、しかもジャンルでの好みは」と言われたらJAZZと答えます。

 

上にも書いた通り、JAZZってオリコンに入ることもないし、普段の生活で聞く機会といえば、おしゃれなBARのBGMくらい、という人も多いかもしれません。

 

また、JAZZ好きはうんちくが多いし、敷居も高いし、難解だ、というイメージもあります。

実際に私もJAZZ喫茶常連にこっぴどく怒られましたしね。

 

ただ、私の場合は仕事でそこにいるから怒られても仕方ないのかもしれませんけど、少なくとも聞く分には独りで家で聞けば、誰にも怒られない。

 

敷居の高さとか、難解だ、というのは、聞いててみたあとの判断で良いのだと思います。

JAZZって一大ジャンルなので、そりゃあ好きな曲から嫌いな演奏まであります。十把一絡げにモノは語れない。

 

いくら名盤、名曲、名演奏と言われているものでも、気に入らないと思う人がいてよいし、世間の評価の低い作品を気に入っても良いわけです。

 

やっぱりJAZZは良いんですよ。BGMとしてではなく、その楽曲を聞くためだけの時間をたっぷりとっても良いくらいに良い。

 

ということで、私の偏見を自覚しつつ、いくつか紹介します。

 

Looking Up

Looking Up

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 

アルバムのジャケットを見てわかるように、障害(骨形成不全症)を持っているピアニストです。サステインペダルまで足が届かないので、専用のペダル踏み機が必須です。

 

私が知ったときは既にこの世を去った後でした。

JAZZ喫茶の常連さんから聞いた話ですが、その常連さんはペトルチアーニのライブを予約して楽しみに待っていたのに、ライブ20日前にこの世を去ってしまった、と残念そうに言っていました。

 

この文章も含めて、ペトルチアーニのことを語るとどうしても障害のことになりがちですが、私が最初に聞いたときは、障害があったことなんて知りませんでした。

で、この曲のイントロで心を奪われました(上の試聴ではイントロは流れませんが・・・)。

綺麗で美しくて切ないピアノ演奏は、私の浅いボキャブラリーでは到底表現しきれません。

 

小さな身体で空を見上げながら(タイトル「Looking Up」)作った曲、演奏された曲です。ぜひ聞いてみてください。

 

 

 

この曲もピアノがメインです。

日本のJAZZファンはピアノが特に好き、と言われますが、私も例外に漏れませんね。

一番好きなJAZZミュージシャンはビル・エバンスですし。

 

ビル・エバンスといえば、やっぱりワルツ・フォー・デビーですが、これはあまりにも有名すぎて、私ごときがいまさら言うまでもありません。

 

しかし、ワルツ・フォー・デビーに負けず劣らずのロマンチックな曲がこれです。

ピアノはキューバゴンサロ・ルバルカバという、えらく覚えにくいピアニストですが、もう最高の一言です。

 

Isn't She Lovely

Isn't She Lovely

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 

こっちはギターです。

有名曲のカバーアルバム「Duet」は、どの曲も素晴らしい演奏ですが、特に好きなのはスティービー・ワンダーのこの曲です。曲自体が聞いたことあるので聞きやすいかと思います。

 

こんな演奏をする人ですが、ビレリ・ラグレーンはライブでキャップをかぶって演奏します。野球やってる兄ちゃんみたいに見えなくもない。私は結構ギャップに感じますがいかがですか?

 

 

ここであげた3つは、どれも「テクニカル」よりなものですね。

わかりやすいテクニックは、聞きやすさの手助けになります。

 

上にも書きましたが、JAZZを好きになるためには、できれば音楽を聞くだけの時間を作ってほしいと思います。

その楽曲の動画を見ながらはもちろんOK。

 

運転中に聞いても、エンジン音とかで細部が聞こえません。

特に高級オーディオで聞かなくてもよいですが、集中して聞ける環境が望ましいと思います。

 

JAZZに浸るのは、日常にある至福の時間の一つです。

丸刈り強制と7pay問題

headlines.yahoo.co.jp

 

私は野球にはほとんど興味がありません。

だから、野球をよく知りません。

 

よく知らない人間は意見するな、と言われたらそれまでですが、中にいない人間だからこそ冷静に見れる、ということがあります。 

社内では常識、世間では非常識、と思うことっていっぱいあるでしょう?

 

繰り返しますが、私は野球にほとんど関わっていないから、純粋に「なんで?」と思うことを発想できるのです。

 

それは、なんで高校野球丸刈りなの、ということです。

(厳密に言えば、丸刈りがあんなに多いの、です)

 

断言しますが、合理的な理由はありません。

丸刈りの方が運動能力が上がる、というデータでもあるのでしょうか。

だとしたら、丸刈りの高校球児だらでの日本は、世界でもトップクラスの成績をおさめているはずですね。

 

合理性が全てではありませんから、それ以外で予想できるものを考えます。

 

高校生らしいから

高校生らしい、って誰が決めるんですかね?大人?

そんなことを言う大人は大人らしいんですか?

 

おしゃれを意識しないよう(野球に打ち込めるよう)に

なるほど、だったら仕事している人は全員坊主にしましょう。仕事に打ち込めますよー。

サラリーマンも、公務員も、国会議員も、総理大臣も。

あ、それから言わずもがな、監督もですよ!

 

美容院などに行かなくて済む

それは個人の自由です。そう思う人は丸刈りにすれば良い。

美容院に行きたい、という人間もいます。

選択的自由でよいじゃないですか。

 

坊主だと頭部に付着した汗や泥がサッと洗い流せる

汗や泥まみれになっている高校球児こそ高校生らしい、とか言っているのに、矛盾してませんか?

それに、もしそれが問題なら、汗をかかないよう暑い時期を避け、土ではなく芝生でやったほうが良いと思いますよ。

 

 

結局、今でも丸刈りが当たり前なのは、高校球児とはそういうものなんだ、という思考停止が起きているだけなのだと思います。

もしくは、それが伝統なんだ、という筋が通っているようで全然通っていない主張に過ぎません。

 

ちょっと大きな話になりますが、こうやって非合理的なルールを守ることが秩序維持につながるのだ、という教育を受けた人が組織に入ったらどうなる。

上の人間が言っていることには、合理性もなんにもないけど、それに従うことが善、みたいなことになります。

さらには、「なんでですか?」と質問する空気が作られません。

結局、一部の人間たちだけが考えた案が通過します。

 

今話題になってる7payの問題。

おそらく組織内には「こりゃ危ないぞ」と思っている人なんて相当いたんだと思いますよ。見るからに杜撰ですものね。

 

でも、そこに質問したり意見したりする空気がない。

上の人間が決めたことには従うのが当たり前、という不健全な空気がその場を支配した結果、こういう問題が起きます。

 

繰り返しますが、合理性が全てではありませんから、合理的でないことが起こることを否定しても無意味です。

 

ただ、ルールは合理的であるべきです。

ルールという概念が、合理性の上に成り立つものだからです。

それから、「なんで?」といえる環境を作ること。

組織の統制のためには、縦構造は必要です。

しかし、軍隊でもないのに、上の人間が言うことにはつべこべ言わずに従う、という空気が生み出す被害の典型的な例が7pay問題です。