読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

インタビューより、先に本を読んだほうが良いかもしれない

toyokeizai.net

 

この記事のコメント欄を見ると、どうやら否定的なものが多いようですね。

 

あなた達のようにはなりたくない。

旅へ出てあなたの元へは帰ってこないだろう。

こんなじいさんになりたくないな。

 

著者である藤原新也氏は作家であり写真家であり、旅人です。

この記事で宣伝している「大鮃(おひょう) 」も、旅を通じて主人公が様々なことを学んでいく物語のようですね。

 

作家を含むクリエイティブな職業は、自分の作品を通して何かしらのメッセージを社会に伝える、ということが一つの業務(?)内容です。

たまに、メッセージ性なんて全くない、という人もいますが、それはさておき。

 

藤原氏が社会に対して伝えたいたことは、藤原氏の作品をあたるのが最適なはずですが、それをぐっと凝縮してこのようにインタビューにしてしまうから、ほころびがあらわれてしまうと感じます。

 

父性と父性がぶつかりあった戦争に対するトラウマが、現代の父性を喪失させている。

しかし、本当は父性は決して悪いものじゃない。

 

これを社会に訴えるのは、このくらいの長さのインタビューでは困難です。

父性が決して悪いものじゃないという根拠が到底一言(・・・ではありませんが、一度のインタビュー)で伝わるものではないから、作家として本を書いたのではないでしょうか。

 

私としては、情報の追体験である旅に対して、何かに出合う感動や動揺がないと言い切る藤原氏もいかがなものかと思うものの、そういう一面があることは否定しません。

 

ゲームにのめり込んでいてオタクっぽい、影の薄い草食系男子が1つの時代の典型だ、という見方も、いささか大雑把な見方とは思いますが、そう思う節もあるにはあります。

 

しかし、それを短いインタビューで否定的に答えると、目には目をで、短い言葉で反論を受けます。

それが、冒頭に書いたコメントです。

おそらくですが、このインタビューの読者には藤原氏の伝えたいことが伝わっていないはずです。

 

ちなみに本の方はレビューも良いようですね。どこまで信用して良いかはわかりませんが。

 

つまり、この本を読んだ後に改めてこの記事を読んだら、また違った受け取られ方をすると思います。

問題なのは、このインタビューを読んで、本に手を出さない人が増える可能性がある、ということですね。

こうなると、インタビューの意義が全くなくなってしまいます。

この記事に対して否定的なコメントをした人のうち、何人が実際に大鮃を読みたいと思うのでしょうか。

本当は、そういう人こそこの本を手にとって、著者の伝えたいことの深いところを汲み取りたい、と思ってほしいのですが、逆効果になってしまう可能性の方が高いと思います。

 

もちろん、本を読んでもまったく同意できない人もいるでしょうけど、それは人それぞれですね。

 

 

スピード感のある時代、情報は一瞬で手元のスマホに入ってくる、そして発信も簡単にできる時代。

そんな時代に、どれだけ急ごうと思っても、相当な時間と労力をかけないと完成しない小説などの書籍は、時間と労力をかけないとできないこと、伝わらないことが必ずある、ということを作家自身がまず意識することが大切だろうと思います。

少なくとも、著者本人が本で伝えたいことを無理やり凝縮して訴えるべきではありません。

記事の読者には、本の未読者も多くいることを想定するべきでしょう。

 

そういう私は、この本をまだ読んでいないので、もし時間ができたら読んでみようと思います。

考え方が自分と違う人の本を読むことは、読書体験の素晴らしさの一つですね。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com

 

囁き声も叫び声もちゃんと聞こえるのはなぜ?

f:id:famo_seca:20170305123805j:plain

 

たまには音楽の話もしましょう。

とりあえず本職なので。

 

音楽を聞いている人が、その音源に違和感を感じず、「普通に」聞こえる、というのは、実は音源を制作する側の技術が光っているということです。

 

どういうことでしょうか。

 

例えば、ある曲のAメロにおいて、ボーカルが囁く様に歌っているとしましょう。

囁く様に歌うと、単純に音量が小さくなりますね。

しかし、ちゃんと歌詞も聞き取れます。

 

後ろでドラムやらギターやらシンセやらがガンガンなっていても、囁き声が歌詞まで聞き取れるようにするためには、囁き声の音量を大きく調整しなくてはいけなくなります。

 

しかし、Bメロ、そしてサビとなると、ボーカルが叫ぶように歌うようになります。

先程の囁き声を基準に音量を調整してしまうと、サビでは逆に音量が大きすぎてバランスが悪くなります。ボーカルの声しか聞こえなかったり、音量の上限を超えてクリップ(音が割れること)したりします。

 

じゃあ、一番ボーカルの音量が大きいところを基準に調整となると、囁き声のところはほとんど聞こえなくなります。

 

囁き声と叫ぶ声ほどの差はなくても、一曲中でボーカルの音量が変わるのは当然ですし、むしろ変わったほうが感情的なニュアンスも表現されていて良いものです。

 

ではどうするのか。

これを解決するのが、音源制作におけるミックスダウンやマスタリングという作業です。

メジャーの音源では、ミックスダウンやマスタリングをする専門のエンジニアがいますが、この人達の作業はなかなか一般の人には知られていません。

 

ボーカル、その他を録音している風景はテレビなんかで少し映ったりしますよね。

録音までは想像しやすい。

しかし、そのあと音源になるまでには必ずミックスダウンやマスタリングという工程を踏みます。

これにはかなりの技術、知識、時間を要します。

どんな作品かにもよりますが、一流のエンジニアがかなりのスピードで作業しても、1曲で10時間近くかかることは普通にあります。

 

話がそれましたが、先程の音量の問題をどう処理しているのか。

それは、

ある音量以上に大きいところの音を、適切な圧縮率で圧縮、つまり小さくして、上限値までに余裕をもたせ、その分全体をあげる

ということをします。

 

上の例で言えば、サビの叫んでいるところの音量を圧縮して、囁き声のところでもしっかり聞き取れるくらいまで全体を押し上げる、ということです。

 

これは言うが易し行うが難しで、そのためのソフトや機材を使いこなすのには熟練の技や耳が必要になります。

下手な人がこれをすると、それが違和感につながります。

 

つまり、普段曲を聞いていて違和感がないけれど、歌詞もちゃんと聞き取れるというのは、実は素晴らしい職人の技が光っているということなんですね。

 

ちなみに、こういう処理をする機材やソフトはコンプレッサーと呼びます。

コンプレスは「圧縮」という意味ですが、音楽機材(ソフト)におけるコンプレッサーは圧縮した後に全体を押し上げるために使います。

圧縮しただけでは、音が小さくなってしまいます。

 

コンプレッサーは、ほとんど全ての楽器にもかけますし、全体にもかけます。そうやって、全体の音量を少しでも大きくする工夫がなされています。

 

今一度お持ちの音源を、1曲通して聞いてみてください。

そこには、職人の技がとエネルギーがしっかりと詰め込まれているはずです。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com

 

さばけるスタッフ VS (当時の)最先端技術

f:id:famo_seca:20170304163444p:plain

 

今はコンビニはもちろん、スーパーや一部の個人経営の店ですら、レジがバーコード読み取りになりましたね。

若い人は知らないかもしれませんが、私が小学生位の頃まで、ほとんどのスーパーは、まだ手打ちでした。

手打ちとは、その名の通り商品を手でレジ入力するのです。

入力するのは値段だけでなく、商品番号も一緒に入力します。

商品番号には、その商品の分類などの情報が紐づけされていて、売上の分析などにも使えますし、なにやら難しいことにも使えるそうです。

詳しくは知りません。

 

しかし、人が手で打つものなので、もちろんミスがあります。

新人であれば当然ですが、どれだけさばけるスタッフだろうが、ミスはあります。

 

バーコード読み取り方式は、値段も商品番号もバーコードに埋め込まれています。

それをセンサーで読み取るので、値段や商品番号を手打ちする手間も、ミスもありません。

 

これだけ聞くと、今のレジがほとんどバーコード読み取りになったのは至極当然となりますが、私が小学生くらいの頃は、その過渡期でした。

店によって手打ちかバーコード読み取りかが違ったし、同じ店でも、複数台のレジがあるところは、その数台がバーコード読み取り式で、残りは手打ち用、なんてこともありました。

 

私は、昔からテクノロジー好きだったので、そのバーコード読み取り式のレジをしげしげと眺めていたものです。

 

ところで、たまに店員に、えらくさばける人っていますよね。接客もばっちりだし、仕事は早いがミスはない、という人です。テクノロジー的な用語で言えば、スペックが高い人です。

 

レジ打ちにまだバーコード読み取りが導入されていない頃、さばける店員の要素は、その早さと正確さでした。

そして、うちの近所のスーパーにも、そのさばける店員がいました。さばけることで有名で、多少並んでいても、その人の打つレジに並んだほうが早く済むこともあり、有名でした。

 

その店にも、最先端技術を盛り込んだレジが導入されます。

そう、バーコード読み取り式のレジです。

記憶が曖昧ですが、確か5台中2台がバーコード式になりました。

 

ある日、さばける店員が手打ちのレジ、そのとなりに普通の店員が立つバーコード読み取り式のレジ、ということがありました。

 

これは、面白い。

つまりこれは、さばける店員の手打ちを、最先端技術は超えられるか、という戦い(?)です。

 

大体同じくらいの買い物量の人が同時に清算を始めたところを私は見逃しませんでした。

 

結果は、、、さばける店員の勝利。おめでとう。

しかし、注目すべきはその差です。

なんと僅差だったのです。誤差の範疇と言っても良いくらいです。

そもそも、買い物量も大方同じくらいというだけなので、勝利とも言えないかもしれません。

 

手打ち同士だと、圧倒的に差がついていたのに、ほとんど変わらないくらいに縮まったのは、一重に技術のおかげです。

さばける店員もすごいと思いましたが、技術も凄い。

つまり、さばける店員がこの技術を使うと、とんでもない効率化が実現するわけです。

 

あれから20年以上の月日が流れました。

バーコード読み取り式の方は、テクノロジーなので例外にもれず進化し、搬送するまでのスピードも飛躍的に上がりました。今ではいくらさばける店員でも、さすがに敵わないでしょう。

 

テクノロジーの進化で、人が馬鹿になっていく、だめになっていくということを言う人がいます。

この例ではつまり、さばける必要がなくなる、ということを怖れているということです。

しかし、どんな状況におかれても、その状況下でさばけるかどうかということは必ず重要視されます。

 

とはいえ、久しぶりにあのさばける店員の手打ち入力を見てみたいものです。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com

 

育児における都会と田舎

f:id:famo_seca:20170303155113p:plain

 

仕事が休みだったので、2歳の娘と2人で”街”に出かけました。

車でも公共交通機関でも、うちから約30分というところです。

 

車で行ったほうが便利だし、駐車場代と交通費を考えても車のほうが安いのですが、娘になんとなく尋ねると、電車と即答したので、電車で出かけることに。

年に数回しか公共交通機関を使うことはないので、たまには良いかもしれませんね。

 

出勤ラッシュは終えている時間でしたが、空いているというわけでもない、まあまあの人数が立っているといった混み具合でした。

娘と電車に乗ると、私が小さい頃、電車にのるのが楽しみだったことを思い出します。

ひたすら車窓を眺めていました。

私の血を継いだ娘なので、車窓を見せたら楽しむかな、と思いましたが、思いの外あまり興味がなかったようですね。

60%くらい楽しんでいるという感じでしょうか。

 

街での行き先は決めていました。数年前にリニューアルした、無料で利用できる児童会館です。

3フロアをまるごとつかった、都会にしては贅沢な施設で、生後半年から18歳までならば誰でも無料で利用できるという、広い受け皿をもった施設です。

 

ボールプールが数種類、おびただしい数と種類のおもちゃ類、安全を考慮された滑り台やブランコなどの遊具、子ども用の跳び箱や平均台、なんと簡易的なボルタリングまでありました。

 

しかも、上記があるのが3フロア中の1つで、2つめのフロアにはバンド練習ができるスタジオや、自習室もあります。少し上の年齢層向けでしょう。なんといっても18歳まで使えるのです。

 

3フロアのうちの一つは屋上で、床は難くない材質で覆われているので、万が一転倒しても大事には至らないよう工夫されています。

 

子ども用の施設なので、(私はもちろん使いませんが)授乳室、子ども用トイレ、おむつ取替台もあるし、子どもと一緒に食事を取れるスペースも完備しています。

 

保育士の資格を持った方が各フロアに数名ずつ配備されており、なにかあったときでも安心です。

 

 

育児において、田舎のほうがすくすく育つ、という面は否定できません。

外に行って遊んでおいで、と親が言えるのは、車の通りが少ない地域だからです。

近所には人工ではない本物の森林、河川があり、本物の昆虫を見つけることができます。

※ちなみに、私は田舎出身なので、デパートにクワガタが結構な値段で販売されているのを見て、随分驚いた記憶があります。

 

詳しいメカニズムはわかりませんが、それらは幼少期の刺激ある体験として良い効果を及ぼすことはなんとなくわかります。

 

しかし、だからといって都会における育児に否定的になるのもいかがなものかと思います。

都会での育児に関しては、外で遊ぶところが少ないから、いつもうちでゲームばかりして、その影響でコミュニケーション障害の子が増えてきた、なんてことを囁かれます。

しかし、上で紹介したような施設も増えてきたように思います。

自身の住んでいる地域で、無料で子どもが遊べる施設を検索すると、意外に多くの施設がヒットするはずです。

 

第一、都会に住んでいる人は、都会に住む理由があるから住んでいるのです。

その理由が、全て大人の便利さ追求のエゴだ、と断定してしまうのは、いささか大雑把に過ぎる主張ですね。

 

 

都会と田舎を分ける指標の基本は、人口です。もちろん都会が多い。

すると、都会で育児に困る人が増えるのは当たり前で、それに呼応して施設が増える。

この流れは決して悪くありません。

 

そして、都会に住もうが田舎に住もうが、必ずメリットとデメリットの両面があります。

住むところなんてそうやすやすと変えるわけにもいかないので、結局今住んでいるところでうまくやっていくしかありませんよね。

そんな中、都会は育児に向かない、田舎は育児に適す、といった一般論は、あまり意味をなさないと思います。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com

 

コンパクトディスクの思い出

f:id:famo_seca:20170302092754p:plain

 

今日は、

「それまで日本とヨーロッパだけで発売されていいたコンパクトディスクとプレイヤーが全世界で発売開始」

された日だそうです。

 

コンパクトディスク(以下CD)は、その名の通り「コンパクト」な「ディスク」として一世を風靡しました。

音楽の世界においては、それまでのレコードがほとんどCDに置き換わりました。

コンパクトだということもそうですが、デジタルなのでノイズレスな音、曲の頭出しが1秒未満で可能なこと、再生する曲順をプレイヤーの設定でカスタマイズすることやリピート、シャッフルプレイが出来るようになったこと、など、レコードからCDに変遷していった理由はいくらでもありました。

 

時代が変わって、現代ではCDを「コンパクト」だということには、若干の違和感を感じざるを得ませんね。

手元にあるスマホには、CDアルバム数百枚分を入れることができ、そのことですらデバイスのほんの一部の機能に過ぎません。

時代の変化を感じます。

 

今でもCD愛好家は多く、データで音楽を聞くのが当たり前になった現代でも、実物の所有欲を満たそうとしています。

しかし、音楽の世界と若者は切り離せません。

その若者はちっともお金がありません。

音楽は好きだけれども、お金がない、という人にとって、音楽とは直接関係のない所有欲の優先度は、たとえあったとしても必然的に下がってしまいます。

 

これは至極当然です。

音楽ファンは、音楽が好きなのであって、それをどういった媒体で聞くのかは、ぶっちゃけてしまえばどうでも良いからです。

音楽という要素の中には、ライブ性も含まれるのでしょう。

だから、ライブに行って楽しむ、という行為は、お金がかかっても、労力がかかっても、時間がかかっても、今後も末永く続くと思います。

 

それに比較すると、音楽という要素に占める、媒体の割合は、どうやら低そうです。

 

はっきり言ってしまえば、CDはその役目を終えつつある時代だと思います。

それは悪いことでもなんでもありません。

かつてレコードが廃れていったのと同じで、良い悪いではなく、時代の移ろいです。

これによって、レコード会社、CD販売店、物流業者など様々なところのコストカットが起き、業界再編性によって淘汰される企業、人もあるでしょうが、これも致し方ありません。

車が普及して飛脚がいなくなったのと同じです。

 

 

ところで、昔はCDといえば音楽だったのですが、パソコン普及以降はデータ保存媒体としても使われます。

結局CDもデジタルで、つまりデータなので同じことですね。

しかし、CDRには注意が必要です。

 

市販の音楽CDと、量販店で販売されているCDRは、姿形がそっくりですが、記録方式が全く違います。

結果手的には、CDRにデータや音楽を保存すれば安心、ということは全くありません

バックアップには、実は不向きです。

 

CDRは「焼く」という言葉を使いますね。

あれは実際、表面をレーザーで焼いているからそう呼ぶのです。

一方、市販の音楽CDは、掘っています。プレス工場にある専用機でないとこれはできません。

この違いが、耐久性の違いに表れます。市販の音楽CDは、何年たっても物理的な損傷がなければ機能しますが、CDRは表面が結構剥がれ、機能しなくなります。

実際自分のCDRも剥がれたことが何度かあります。

データの読み取りなんてまったく出来ないので、バックアップには不向きです。

 

パソコン内やクラウドに比べて、CDRという「実物」で所有していたほうが安心と思っている人、痛い目を見ることになってしまいますよ。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com

 

インプットとアウトプットのどちらが重要か、という意味不明な質問

f:id:famo_seca:20170301202238p:plain

 

少し前に、ある後輩に質問されました。

 

「なにか新しいことを始めるときって、インプットとアウトプット、どちらを優先すべきなんですかね?」

 

思わず2度見してしまいました。何を質問されているのだろう、と。

しかし、意外とこれで迷っている人っているのかもしれませんね。

 

 

こういう人生論的なものにおける、どちらが良いかという選択は、世界中の誰にもできません。

つまり、「勝手に決めれば」が答えです。

冷たい答えに聞こえますが、そうなんだから仕方がありません。

 

例えばギター習得の場合、物心ついたときから(つまり意識せずに)ギターが弾ける、という人は稀です。

だから、ギター習得の為には、インプット、つまりある程度の学習(チューニングを覚えたり、最低限のコードを把握したり)という事がない限り、ギター演奏にすらなりません。

 

さて、最低限のインプットをしたあとは、人によって違います。

いきなり路上に出たり、ライブハウスに出たりして、人前で演奏する人。

かなり稀ですが、いきなり配布用音源を作る、つまり録音を始める人もいます。

これらの人は、まとめて言えば、この時点でアウトプットをしています。

 

逆に、インプット強化を続ける人もいます。

より難しいコードを覚え、それらのコードを100回弾いても、一度もミスらないように弾けるようになるまで、ひたすら練習する人。

自分の演奏チェックの為の録音をし、その音が自分で納得いくまでは、人前では演奏しない人もいます。

 

自分の好きな「統計上」ですが、音楽においては、前者のほうがスキル向上は早いようですね。

 

しかし、これをあらゆる人、あらゆる分野に適用できる、つまり一般論化はできるのでしょうか。

 

できません。

(人の多様性) ☓ (分野の種類)

という数のケースが想定されますが、かけられる方もかける方も、言葉の通り数え切れません。

 

 

冒頭のような質問をする人。

こういった人は、結構自己啓発系の本を読んでいることが多いようです。

自己啓発系の本を読むな、とは思いませんが、読み方にはよってはマズイことになります。

それは、そこに「答え」が書いてあると思って読む読み方です。

 

そこに答えが書いてあるのならば、その著者はすぐに総理大臣にでもなって、日本を、世界を良い方向へ導いてほしいものです。

そんなに物事は簡単ではありません。上に表した式は、つまり世界、社会の複雑さを顕しています。

 

ヒトは楽をしたがる生き物です。

悩む、という行為は苦しいので、楽をしたがる生き物であるヒトは、そこに答えを想定し、それに向かって努力します。

しかし実際のところ、その答えは想定されたものにすぎません。

悩むこと自体も避けられません。

 

最終的な結論は、答えがない、が答え、かもしれませんね。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com

 

佐々木俊尚さんのインタビュー記事を読んで

fuminners.jp

 

私が日本一尊敬するジャーナリスト、佐々木俊尚さんの記事が出ていました。

サイト自体は、睡眠をテーマにしたもののようで、佐々木さんがインタビューを受けたという体裁になっています。

 

やっぱり、素晴らしい。

いちファンなので既に知っていることも多くありましたが、新しいことも知りました。

細かいことですが、あれだけの情報通にも関わらず、睡眠前はSNS等を見ないように心がけていたり、スマホの新着通知は切っていたりすることは、小さいけれど確かな驚きでした。

 

 

私は経験論至上主義があまり好きではありません。

その理由は、経験は多様な人々がいるこの世界のたった一例でしかないので、統計よりも信用度が落ちる、と考えているからです。

「それは、あなた"だけ"の経験でしょう?」ということですね。

 

この記事中にあるように、佐々木さんの事件記者時代は、睡眠を含めて、決して健康的とは言えなかったようです。

なぜそうなってしまうのか。

それは、そうしないと仕事が成り立たない、もしくは成り立たないという空気が会社に蔓延しているからでしょう。

おそらくですが、「健康を害するので、もう少し労働環境を改善しましょう」という提案が出来るような空気は、あらゆる方面から見ても存在しなかったのではないか、と思います。

 

佐々木さんに限らず事件記者は、ほぼほぼ皆そうだったのでしょう。

そんな中で佐々木さんは新聞社を退社して、別の人生を歩み始めます。

雑誌社、それからフリーへ。

佐々木さんと同世代の記者の中には、そのまま勤続し、今では立派な役職にまでなっている人もいるでしょうし、健康を害して亡くなった方もいるでしょう(なんといっても、記者OBの平均寿命は61.3歳らしいので)。

 

別の人生を歩み始めた佐々木さんは、過酷な労働環境を経験して今に至りますが、そこで語られるのは浅はかな経験論とは全然違います。

運動、食事といった健康に直結することの重要性、というより楽しさを淡々と、でも鋭く語っているように感じます。

 

これに対し、企業にいるベテラン社員からよく聞く話は、

「俺の若い頃は睡眠時間なんてなくてもがむしゃらに仕事して、入院までしたんだぞ」

といったものです。

若者の心にあまり刺さらない、生産性のない武勇伝といったところでしょうか。

 

 

運動や食事に気をつけ、情報は大量に仕入れ、でもそれに踊らされないように自己コントロールにも気をつける。

こういった日常(含、仕事)の”ダイナミクス”が、佐々木さんの話の魅力につながっていると思います。

 

「俺は休む暇もなく仕事をバリバリし続け、気合・根性・忍耐でおれはあらゆる壁を時には超え、時には壊して今の生活を手に入れてきたんだ、どうだ」

 

まあ、こういうのも全然悪くないし、それはそれで素晴らしいと思います。

 

一方、「ゆるく」という言葉だけだと、なにか怠惰なイメージがありますが、笑顔で堅実に、といったところでしょうか、そんな生き方が出来たら、と少なくとも私は思います。

 

ところで佐々木さんには、地方にもセミナー等で来てほしい、と願う今日このごろです。

 

南の方なんかいかがでしょうか?

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com