日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです。 趣味は読書とビリヤード。仕事は音楽関係。

祝儀に物申す

結婚式の招待に“欠席”相次ぎ「私が渡したご祝儀6万円、返して!」 (BLOGOS)

 

私は、そもそも祝儀という慣習自体を見直す必要があると思っています。

 

結婚式や披露宴が人生の中で最大のイベントに数えられるのは、今も昔も変わらないと思います。

 

だから、たくさんの人がお祝いをしてくれるのは自然です。

 

ただ、そのお祝いの場に参加するのに、必ずお金が必要、というのはいかがなものでしょうか。

 

100歩譲って、お祝いをお金で表すことを受け入れたとします。

でも、そのお金の大半は、披露宴会場を含む結婚式主催者に払われます。

 

つまり、祝儀とは名ばかりの、場所代、飲食代なのです。祝いたい対象である新郎新婦に渡るのはごくわずか、場合によっては1円も渡りません。

 

祝儀は最低3万と言われます。

一回で3万円かけて食事に行っていることになるわけですけど、そこにそんなにお金をかけるくらいなら、新郎新婦に直接渡るお金を払いたい。

 

出産祝いとか餞別、快気祝いなど色々とお金を包む機会はありますが、少なくとも結婚式における祝儀は、本来の役割を果たしていないのではないでしょうか。

 

冒頭に書いたような不満やトラブルだって、もし払ったお金が飲食代だったのならば、たしかに飲み食いしたのだし、欠席者は飲み食いしないのだから、問題になりにくい。

そのお金が、お祝いをしたお金、という捉え方をした瞬間に、「お祝いしたのに、私はされてない」となっちゃいます。

 

第一、、、

 

人、特に友人など親しい間柄の人をお祝いするのに現金って、果たしてどうなんでしょうか?

当たり前になってるから気づきにくいのですが、誕生日や記念日に現金渡したら、ドン引きでしょう?

 

お祝いをお金で表す以外の方法もそろそろ考えられて良い時代ではないでしょうか。

演奏者も知っておくべきこと〜危機に瀕する木材

headlines.yahoo.co.jp

 

私たち演奏者は、楽器が完成された状態しか知りません。

スプルース、マホガニー、ローズウッド、エボニー、メイプル、アルダー・・・

こういった木材の名前は、音質や演奏性にどういった影響があるのか、という意味で知ってはいるものの、それらがどこで伐採され、現在どういった状況なのか、ということまでは知りませんでした。

 

有名になったのは象牙です。

違法取引の温床には、ピアノ、その他で象牙を使うと高価で取引される、という市場があると思います。

 

私は偽善者になるつもりはありません。

しかし、毎日のように手にしている楽器のために、貴重な自然が失われている、ということを知らない、というのは、普通に考えて「おかしい」と思うのです。

 

弘法筆を選ばずと言います。

 

実際には、やっぱり優れたミュージシャンは高価な楽器を持っていることが多いのですが、ギターに使用する材が危機的状況にある今だからこそ、危機的状況にはない材を使ったギターで美しい音を奏でる努力をするべきではないでしょうか。

 

 

記事にありますが、テイラーといえば、マーティン、ギブソンに継ぐアコギブランドで、販売本数は今や全米1位です。


Yamagen "Rolling Stone" - NAMM 2011 with Taylor Guitars

私にとってのギターヒーロー小倉博和さんも使っているアコギです!素晴らしいですねぇ・・・

 

そのテイラーが、こういった活動の支援をするということの意義はとても大きい。

演奏者である私たちがいくら使用を控えても、それに代わるギターが店頭に並ばない限り、選択肢がないので、結局エボニーが消費され続けるということになります。

 

まずはメディアが事実を報道する。

それを知った企業が動き始める。

市民は、それらで意識を変えていく。

そうやって社会全体の常識が変わっていくのだと思います。

 

流行りのN国について考えてみよう

ネットでの認知度も手伝って議席獲得に至ったNHKから国民を守る党、略称N国。

小さいことですが、略称である「N国」ですら特徴ありますね。

 

政策も特徴あります。

特徴というかわかりやすい。

わかりやすいというか、一つしかない。

その一つを政党名にしてるのだから、これ以上シンプルなことはありません。

 

今更ですが、党の目的は、NHKをぶっ壊す・・・ことではなく、スクランブル放送の実現です。

N国代表の立花氏によると、ぶっ壊すというフレーズは郵政民営化を掲げて選挙を行った小泉元首相の当時使ったフレーズをパクったそうです。

 

で、肝心のスクランブル放送の実現というのは、政党名にするにはちょっと長すぎるし、スクランブル放送というワードもそこまで知られていません。今回を機に知った人も多いのではないでしょうか。

 

スクランブル放送というのは、簡単に言えば、受信料未払い世帯への放送を止められる仕組みです。

ライフラインである電気、ガス、水道なんかと同じ仕組みですね。

 

固定電話回線は今やライフラインとは言わないかもしれませんが、そのかわりインターネットがライフラインに含まれるのでしょうか。

どちらにしても、これらは未払いで止められるのは当たり前です。

 

このたったひとつの目的、スクランブル放送の実現ということに関しては、私も含めて同意する人が多いのではないでしょうか。

上に挙げた電気、ガス、水道、通信と比較したら、NHKの放送がライフラインというのは違和感あります。

アメリカには公共放送ありませんしね。ちゃんとみんなまともに生きています。

日本でもNHK一切見ない、テレビ一切見ない、という人は普通にいるでしょう。

まさかですが、電気、ガス、水道、通信を一切使わない、という人は聞いたことがありません、、、

 

だから、見たい人がお金を払い、見ない人はお金を払わない、というのは完璧すぎる理屈です。

民意を得た、というのは納得です。

実際に私も、スクランブル放送は実現してほしいと思います。

 

ただ、少しだけ思うのは、、、

 

政治家を選ぶときって、どうやって選ばれるのだろうと。

 

大阪都構想を掲げて住民投票を実施した橋下氏がその演説中に、「私(橋下氏)のことは嫌いになってくれても良い、政策で判断してほしい」と訴えていました。

 

ところが蓋を開けてみると、僅差ながら不成立。

都構想反対派にもいろんな理由はあるのでしょうけど、理屈だけで言えば都構想は成り立ちます。

それでも不成立になったのは、都構想の賛否と共に、橋下氏の賛否が絡んだからだと思います。

 

つまり、何をやるか、ではなく、誰がやるか、という選択基準は全く無視できない、ということです。

 

話をもどして、N国、その代表立花氏。

上にも書いたように、数々の討論番組で識者からの質問に理路整然と答えていく姿は圧巻です。

しかし、考えてみたら、理屈上では当たり前のことを言っているので当然の現象です。

 

問題は、それを率先して「誰が」やるのか、というところにフォーカスされる可能性がある、ということです。

こうなってくると、NHK政見放送で卑猥な言葉を連呼したり、NHK職員を恫喝する動画を公開したりしている、というモラル感が影響してくることは必須です。

 

私の個人的な意見を述べれば、政治は「誰がやるか」ではなく「何をやるか」の方に重点を置いているので、これを機にスクランブル放送実現へと向かってほしいと思っています。

 

ただ、繰り返しますが、世の中はそうはいかないこともあるようです。

誰がやるか、を重視する人も(少なくとも私にとっては)意外に多い。

そうすると、とんでもないところから火がついて失脚する可能性も否定できません。

 

少なくとも、今回のN国によってスクランブル放送という技術や、NHKの矛盾に世間の目が向けられたのは良いことだと思います。

 

今後が楽しみですね。

【解決】iPhoneがリカバリーモードでもDFUモードでも起動しない時に復元する方法

f:id:famo_seca:20190803130032j:plain

あんまり印象がよくないこの画面

ことの始まりは、iPhoneからmacに写真を取り込めないことです。

すこぶる評判の悪いmacの写真ですが、妻のiPhone内で見えているカメラロール内の写真がmacの写真では読み込めません。

 

ググると、iTunesを最新に、とあります。

iTunesのアップデートついでに、iPhoneの方もアップデートしようかな、とやってみると、途中で止まって上の画面です。

 

その後やったことは

  • リカバリーモード→NG
  • DFUモード→NG
  • セーフモード起動→NG

と、一般的な方法は全滅。

 

サードパーティー製のリカバリソフトでは、試用で直前までいって、あと一歩のところで課金要求。8000円くらい。

レビューを見ると悪評ばかりだったので、気が乗りません。

 

Appleのサポートは随分前に切れているので利用できない。

 

でも、最後の手段で復元できました

それは・・・

 

別のコンピュータのiTunesを利用する

 

です。

 

私の場合は、妻のコンピュータを使って作業していて固まったので、私のmacを使いました。

復元で起動までやれば、改めて妻のmacにつなぎ、バックアップから復元をすれば、ほとんど元通り。

写真もLINEもちゃんと残っています。

一部サービスのアカウントは再ログインを要求されたり、あとApple Payは設定し直しだったりしますが、まあその程度です。

 

何をやっても無理なときは、友人のmac所持者に頼み込みましょう。

ちょっとくらいお金を払っても良いくらいです。

多分Appleで有償修理だったら、数万円は取られます。それに比べれば多少の出費くらい安いものですね。

 

ちなみに、別のmac上のiTunesでうまくいったということは、同じmacでもiTunesを再インストールすればうまくいくのかも、と思います。

そういった方法もいくつか見つけました。

 

ただ、iTunesはOSに紐付いており、OSからインストールするのはめちゃめちゃ面倒です。

 

試していないのでわかりませんが、知り合いにmac所有者がまったくいない、もしくはいても全く協力してくれない(それはちょっとさびしいですね・・)場合は、macOSの再インストールが最終手段かもしれませんね。

 

それでも有償修理に比べれば随分よいのでは、と思います。

macにおける、おすすめFinder操作tips

コンピュータの操作は、仕事の効率に関わってきます。

早く、正確に操作することで、メンタルのストレスも軽減される気がしますね。

 

最も使っているソフトをマスターしていくのが全体の効率UPに繋がりますが、最も使っているソフトは何でしょうか。

 

ブラウザ?メーラーEvernoteiTunes?

多分違います。

おそらくFinderだと思います。

 

f:id:famo_seca:20190802081816j:plain

Windowsでいうところのエクスプローラです。

ベースになるソフトなので、ソフトという概念すらないかもしれませんが、Finderの操作が早いか、正確か、というのはmacを使いこなせているかどうかを左右します。

 

ショートカットなんかは、他のソフトもあえてFinderとそろえているものが多いですね。

いろんなソフトの操作に関わる「軸」になっています。

 

そんなFinder操作における、私が重宝しているものをいくつかご紹介いたします。

表示切り替えのショートカット

Finderには4つの表示方法があります。

アイコン、カラム、リスト、Cover Flowです。

これは、ウィンドウ上部で切り替えることができます。

f:id:famo_seca:20190802153859j:plain

しかし、これはショートカットを使います。

「Command」+「2」:リスト

「Command」+「3」:カラム

私は上記2つしか使わないので、この2つを適宜切り替えます。

1~4の並びと、上で説明したボタンの配置が連動しているのでわかりやすいですね。

ウィンドウの切り替え

Finderでは、いくつものウィンドウを起ち上げて作業することがあります。

タブを使って一つのウィンドウで作業することもできますが、ドラッグ・アンド・ドロップを使うことなどを考えると、複数ウィンドウが使いやすい。

 

しかし、複数のウィンドウを起ち上げちゃうと、ウィンドウを選択するのに大変です。

そこで、同一アプリケーション内でウィンドウを切り替えるショートカットを設定します。

f:id:famo_seca:20190802083457j:plain

システム環境設定→キーボードで表示

上で示したショートカットですが、デフォルトは違うショートカットが割り当てられています(忘れました)。

私のおすすめは、上に設定している通り

「option+tab」

です。

 

アプリケーションの切り替えショートカットは

「commande+tab」

がデフォルトで割り当てられていますが、これとあえて近いショートカットにしたら覚えやすい(使いまくるので結局覚えますが・・)

 

これで、いくつウィンドウが開いていても、optionを開いたままtabを連打すれば目的のウィンドウにたどり着けます。

 

ちなみに、これはFinderのみでなく他のほとんどのアプリケーションでも使えます。

複数のウィンドウを駆使するソフト(DAWソフトも然り)ではかなりの効率UPに繋がります。

ファイルやフォルダの選択

「command+クリック」:複数選択

「shift+クリック」:連続選択

 

これは有名ですが、連続選択はクリックではなくキーボード操作だけで可能です。

「shift+矢印キー」:連続選択

表示方法に従って、矢印キーの方向にあるファイル、フォルダが選択されていきます。

そんなに多くない数の連続選択の場合は、こっちのほうが早く正確です。

 

ちなみに、このショートカットは文字選択などでも使えます。

ファイル名を変える、テキストを選択するときに、表示倍率によっては小さすぎてうまくドラッグできないことがありますが、このショートカットを使えば、どれだけ小さくても簡単に選択可能です。

 

 

今回は3つ紹介しました。

紹介した3つはすべて、キーボード操作です。

マウスやタッチパッドトラックボールはもちろんゴリゴリに使いますが、左手でショートカットを、右手でポインタを、という作業をすれば、作業が倍くらい早くなります。

 

それに、ポインタの速さは、ある作業のときは早めに、またある作業のときは遅めに、という設定にしたいという思いに駆られますが、その都度設定を変更するのは面倒です。

キーボードでの操作は、ポインタの速さに依存しないし、確実にミスが減ります。

(誰しも、クリックするところを間違ったことはあるでしょう?)

 

macはショートカットを使いこなしてなんぼ、みたいなことをよく言われますが、本当にそのとおりです。

可能な限りキーボードショートカットでやる、くらいの勢いでやりましょう。

 

ちなみに、シャットダウンは

control+Ejectボタン

です。

 

 

Instagramとは、、、?

このブログは、敢えて匿名でやってますが、実名の方でfacebooktwitterともにやってます。

そんな中、手を出してなかったのがInstagram

 

f:id:famo_seca:20190801143112p:plain

アカウントを作って入るものの、放置状態でした。

なぜなら、ほとんど写真を撮らないからです。

写真を撮らなかったら、投稿するコンテンツがない。

 

しかし、これだけ流行っているのならそこにはそれなりの魅力があるのでしょうね。

 

歳をとっていくと、特にやってもないのに「興味ない」とみなしちゃって、新しいものを取り入れなくなりがちです。

 

これは私が思う、健全な歳の重ね方とは違います。

少なくとも食わず嫌いは良くない。

 

流行りに乗っかることが大切という意味ではなく、新しいものを試してみる、ということが大切だと思うのです。

 

Instagramを始める程度のことで、何を大げさに、という感じですが、ということでInstagramを始めてみました。

 

というより、まずは友達の投稿をチェック。

 

まあ、みなさん素晴らしいですね。

写真も動画も文章もキラキラしてます。

 

使い方もどうやら簡単そうです。

インターフェイスも良くできています。

 

早速なんか投稿してみようかな、、と思っても、やっぱり写真がない。

 

なるほど、こういう発想でインスタ映えするなにかを探す、ということになるのでしょう。

なるほど、なるほど。

 

 私の場合は発想が逆になりそうですね。

つまり、シェアしたい写真を撮るのではなく、シェアするために写真を撮る。

 

 

このブログにしても、今回始めたInstagramにしても、私の基本的なスタンスは、自分のためにする、です。

ブログを書くことによって、考えていることに冷静になれる(考える行為より各行為のほうが時間がかかるから)という自己完結と同じ様に、Instagramに投稿することによって、普段見逃している風景に着目することができるかもしれない。

 

もちろんSNSの一環なので、多くの人に読んだり見たりしてほしいという承認欲求がゼロなわけではありませんが、最優先事項でもない。

 

ということで、しばらく使ってみて気づいたことがあればまた投稿します。

足でリズムをとるのは良いこと?悪いこと

演奏スキルの根幹は、「正しい音」を「適切な音量」で「正しいタイミング」で弾くことに尽きます。

この3つさえ守れば完璧です。

この3つが完璧ならば、絶対にプロ級の演奏ができます。

 

正しい音、というのは一番わかりやすい。

間違った音を出さなければ良い。ちゃんと音がでたら、この要素はゴールです。

 

適切な音量、というものには、ちゃんとした正解がありません。

盛り上がったところでは大きく、落ち着いた箇所では小さく、が基本でしょうけど、実際には細かく変化します。

ただ、正解がないゆえに、ある程度演奏者に任せられているところがあります。

 

そして正しいタイミング、これはつまりリズムですが、リズムに関しては「私はリズムをマスターした」という人には会ったことがありません。

まあ、そう言っちゃう人はいますが、実際にはかなり難しい。

 

これは、想像したらわかると思います。

ジャストのタイミングで音をならすというのは、0.1秒でもずれてはいけないということです。

0.1秒ずれた演奏というのを波形処理で作ってならすと、気をつけて聞かなくても余裕でそのズレを感じることができます。

1曲が5分あったとして、その5分間演奏するうちに、たった一度でもずれてはいけない。

これが難しくないわけがありません。

 

これだけ難しいからこそ、その訓練方法はいろいろ用意されています。

代表的なものはメトロノーム

 

f:id:famo_seca:20190730151020j:plain

普段は常にメトロノームを使って練習することが好ましいでしょう。

しかし、本番の演奏でメトロノームを聞くわけにもいきません。

 

で、本番では身体でリズムを取る、という人が結構います。

身体全体を揺らす人もいれば、足でリズムを取る人もいます。

 

この「足でリズムを取る」ということに関しては、昔から賛否両論あります。

身体を揺らすためには足を使わないといけないので、つまりリズムは足で、という人。

それから、足はそもそもそんなに器用に動かないから、足をリズムの軸にするのはおかしい、という人。

 

どっちももっともらしいのですが、正直言ってこれに正解はありません

 

コンサートやライブでは、プレイヤーが足を使ってリズムをとっているのをよく見ます。

これにより、やっぱり足でリズムだ!というのはちょっと早とちりです。

ライブやコンサートは見た目も大事なので、じーっとして演奏するより多少身体を動かしたほうが見栄えが良い、という理由で足を動かしていることも多々あります。

 

また、レコーディング風景を見ることは一般の人はあんまりないと思いますが、レコーディング時に足を一切動かさないプレイヤーも多くいます。

これをもって、やっぱり足でリズムをとる必要なし、と決めるのもこれまた安直です。

マイク録りによるレコーディングの場合は、足を動かしただけでも雑音が入ってしまうし、ヘッドホンから正確なクリックが流れているから、わざわざ足を動かす必要がない、とも考えられます。

 

普遍的な正解はありません。

身体はみんな違うので、足でリズムをとった方がうまくいくのか、いかないのか、というのを自分自身で検証することが必要です。

 

DAWソフトを使って録音、波形を見れば、どのくらいリズムキープできているかを視覚的に判断できると良いと思います。

 

検証の結果、足でリズムをとった方がとらないよりリズムがよくなったのならば、どれだけ熟練者や上級者が「足でリズムをとるのがNG」と言っても無視です。

繰り返しますが、人の身体はみんな違います。

 

逆に足でリズムをとってもリズムが良くならなかったら、疲れるだけなので別の方法を模索する必要がありそうです。

 

 

演奏スキル上達とその練習に関しては、良い練習方法がスキルを上げるのではなく、スキルが上がった練習方法を良い練習方法と呼ぶ、ということを知っておいたほうが良いでしょう。

 

練習はあくまで過程、本番で良い演奏ができれば、どうだって良いのです。