日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです。 趣味は読書とビリヤード。仕事は音楽関係。

ドレミファソラシド、について

音楽理論です。

 

音楽理論というワードがそもそも堅苦しくて、アレルギー反応を起こす人がいそうですね。

 

でも、音楽を学ぶ上で、理論は必須です。

なぜなら、それは「音」と「音楽」を分けるものだからです。

人がある音を聞いて「(雑)音」だと思うのか「音楽」だと思うのかは、理論に従っているかどうかによる、という意味ですね。

 

ただ、音楽理論も初歩的なものからマニアックなものまでいろいろあります。

巷の音楽理論書は、大は小を兼ねるという意図もあるのか、書き過ぎているものが多すぎる印象です。

巷で最も聞かれているJ-POPに必要な音楽理論に関しては、理論書の後ろの方に載っている知識はほぼ使いません。

 

ただし、初歩的な知識でも、それをどのように使うのか、というところは難しい。

J-POPが理論的には簡単でも、作曲するのが簡単とは到底言えません。

 

話がそれましたが、音楽理論の初歩の初歩、ドレミソラシドについて説明します。

上記したように、初歩の初歩であるこの知識も、ちゃんと理解することが大切です。

 

そもそもドレミファソラシド、というのは、「ド」から始まりますよね。

弾いてみたらわかりますが、明るい響きがします。

この音階(スケール)は「Cメジャースケール」と言います。

Cはドの英語名、メジャーは明るい、スケールが音階です。

つまり、「ドから始まる明るい音階」ですね。

 

音階の中でこれが最も有名な理由は、ピアノがCメジャースケールでできているからです。

ピアノの真ん中にあるドから順番に白鍵を登っていったら、Cメジャースケールです。

 

でも、このCメジャースケールって、各音の距離(インターバル)が実は違います。

ピアノで視覚的に眺めたら、白鍵は全部となり合わせなので、同じ距離に見えますが、音的な距離は実は違います。

(音的な距離というのは、つまり音の高さを数字で表した周波数的な距離という意味です)

距離は2種類、半音と全音です。

 

ピアノを眺めたらわかります。

f:id:famo_seca:20190903130404j:plain

ミとファの間、それからシと上のドの間には黒鍵がありません。

黒鍵がないところの隣り合わせた2音の距離は半音、それ以外は全音です。

つまり、

という距離になっています。

 

なんか面倒ですね。全部全音にしてしまえば良いのでは、と思うかもしれません。

で、当然そういう音階もあって、Cホールトーンスケール(ホールトーン:全音)と言います。

 

むりやりこれを弾いたら、

ド レ ミ ファ# ソ# ラ# ド

となります。

とても不思議な響きですが、Cメジャースケールに比べると耳馴染みが薄いと思います。

 

経験でそう思うのか、心理的な要因があるのかは私も知りませんが、つまり人は、上に書いたバラバラの距離で登っていく音階を聞いて「普通だなー」と思うようになっているんです。

 

これは、数字上バラバラでも、感情的にそれが普通だと思っちゃったので、それに合わせるしかありません。

 

ちなみに、ギターは黒鍵とか白鍵とかないので、フレットを移動して音階を登っていくときも、ピアノのようにはすんなりいきません。

1フレット=半音なので、ドからレに移動したいときは、2フレット移動、ミからファに移動したい時は、1フレット移動、となり、その距離を知っていないと、ピアノでいとも簡単に弾けるドレミファソラシドすら弾けないのです。

 

また、ピアノの場合も、ドから始まらない場合は当然黒鍵が出てきます。

だからピアノはCメジャーキー(=ハ長調)の曲が簡単だと言われるわけですね。

 

 

ピアノに白鍵と黒鍵がある理由はもうおわかりですね。

グランドピアノだったら特に見やすいのですが、実はピアノの弦は横にズラーッと並んでいるだけで、黒鍵のところも白鍵のところも見分けがつきません。

f:id:famo_seca:20190903181002j:plain

Cメジャースケールが簡単に弾けるようにするための工夫が、白鍵と黒鍵の区別で、白鍵をのぼっていけば、Cメジャースケールのバラバラの距離を意識せずとも弾けるという仕組みになっているのです。

 

たかがドレミファソラシドですが、いろいろとあります。

音楽は感情に訴える音の集合なので、人が考えた数字や理屈にそぐわない点がいろいろと出てきます。

もちろん、感情の方を優先すべきなので、理論のほうが難しくなるわけです。

 

要するに、聞いて自然だ、きれいだ、と思うものを体系化しようとすると、こんなに複雑になっちゃう、ということなんですね。

 

 

必ず成功する習慣化の方法

私は、習慣化に関しては少しだけ自信があります。

失敗したことがありません。

 

理由は簡単です。失敗することには挑戦しないからです。

 

どういうことか説明します。

 

ジョギングの習慣化を目指している人を例にとってみます。

 

まず、ジョギングを習慣化したい、と思っているその時は、おそらくモチベーションが高い状態です。

いわゆる、やる気スイッチがオンの時、ということです。

 

その状態でジョギングの日課を決めたら、当然ハードルの高いものになります。

個人差もあると思いますが、毎日5Kmとかですね。

 

こここそが失敗の要因です。

繰り返しますが、習慣化を目指して何かを始めるのは、やる気スイッチがオンのときです。

一方、それを継続しているときには、必ずやる気が下がっている時期がやってくる、ということに気づかなければいけません。

 

やる気が上がっている時に決めた日課を、やる気がない時にこなせると思いますか?

まあ無理でしょう。

 

やる気だけではありません。

日課を決める時は、たいていそんなことを考える余裕が心身共にある時です。

会社で大きな失敗をやらかした時や、友人ともめて気分が落ち込んでいる時に、習慣化のことやその内容を決める人っていないでしょう。

 

しかし、習慣化をめざして毎日ジョギングしている期間中には、心身共にへこんでいるときもやってくるわけです。

 

では、どうすれば良いかと言うと、自分の想像の中で、この日課はハードル低すぎじゃないか、というくらい低いハードルに設定するのです。

ジョギングなら、週に3日、500mずつなど。

(こうなると「日課」ではありませんが、まあそこは無視してください)

 

ハードル低すぎだと思いますか?

でも、意外と難しいものですよ。人は本来楽をしたい生き物です。

手の届かないところにあるリモコンを取りに行くのすら煩わしく感じますよね。

リモコンを取りに行く行為に比べたら、ジョギング500mはずっとハードルが高い。

 

このくらいハードルを低くして、一定期間(1ヶ月など)継続できたら、ほんの少しずつハードルを上げます。

頻度を上げてもよいし、距離を延ばしても良い。

 

ほんの少しずつならば、それまでの継続をしやすい。

そして、それがまた一定期間続いたら、またほんの少しハードルを上げる。

 

これを、継続できないところまで上げてみて、続かなかったら、その一歩手前のハードルを恒久的な日課にします。

 

習慣化というのは、目標が「続けること」です。

週に3日、500m走っても脂肪は落ちないかもしれません。

しかし、後に脂肪が落ちるくらいの日課をこなせるくらいになる頃には、習慣化によって達成した「続けること」が、別の目標に到達するための武器になるのです。

 

最初から「体重マイナス○kg」という目標を立てるのも悪くないのですが、それをあまり意識しすぎると、そこに少しでも近づかないといけない、という強迫観念にとりつかれます。

結果、毎日やっていることに意味があるんだろうか、と思うようになって断念、失敗に終わるのです。

 

 

習慣化のためには、とにかくハードルを下げる。

びっくりするくらい下げる。

少なくとも私はこれで失敗したことはありません。

 

ぜひお試し下さい。

8月の読書記録

8月は、バランス良かったと思います。

積読本にノンフィクションが多いので、9月はノンフィクションが増えそうです。

 

8月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:1385
ナイス数:13

ゲームの名は誘拐 (光文社文庫)ゲームの名は誘拐 (光文社文庫)
読了日:08月30日 著者:東野 圭吾
日本に絶望している人のための政治入門 (文春新書)日本に絶望している人のための政治入門 (文春新書)
読了日:08月28日 著者:三浦 瑠麗
ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11)ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11)感想
読むのにかなりのエネルギーを使いましたが、読み終えることができたので、良かったです。 内容は面白かったのですが、訳者である村上春樹氏によるあとがきを先に読んでおけばよかったな、と思います。 また、最初に簡単な人物説明がありますが、海外文学は登場人物の名前を日本人に比べると覚えにくいので、助かりました。
読了日:08月22日 著者:レイモンド・チャンドラー
使いみちのない風景 (中公文庫)使いみちのない風景 (中公文庫)感想
シンプルなエッセイなのに惹きこまれます。 そして、他愛もない風景を眺めてみたくなります。
読了日:08月06日 著者:村上 春樹

読書メーター

著作権を改めて考える

staff.hatenablog.com

 

音楽と著作権は密接に関係があります。

JASRACは世間ではミソクソに言われていますが、多くの作曲家はJASRAC著作権を管理してくれているおかげで印税収入を得ることができているのも事実です。

 

大阪在住の作曲家が作った曲が、無断で北海道で使われても気づけないでしょう?

しかも、その曲をダシに入場料をとってがっぽり設けていたら、作曲家はやりきれません。

 

ところで、著作権に関しては、以前この本を紹介しました。

 

著作権とは何か ―文化と創造のゆくえ (集英社新書)

著作権とは何か ―文化と創造のゆくえ (集英社新書)

 

 

いまから14年も前の本ですが、とても読みやすい。

法律的な説明というより、なぜ著作権が必要なのか、ということに重きをおいた本です。

多分この本を読めば、少し前に話題になった、JASRACの「音楽教室からも著作権料を徴収する」という取り決めがそんなにおかしなことではない、とわかると思います。

(それでも納得いかない人もいるかもしれませんが・・・)

 

著作権は、聞いている分には特に気をつける必要はありませんが、制作する方になると気に留めておかないといけません。

なぜなら、パクリと訴えられる可能性があるからです。

数年に一度、そういったニュースが話題になりますよね。

 

音楽ファン全体のうち、曲を聞くだけの人と、自分で作る人の割合は圧倒的に前者が多い。

だから、後者が著作権ということにこだわるということにはなかなか理解が進みません。

 

およげ!たいやきくんの印税

 

このwikipediaの内容なんか見ると、考えさせられます。今でもオリコン史上に名を残すこの曲の買取額が5万円です。当時の物価を考慮しても、びっくりのやすさです。

 

 

JASRACの運営に関してはツッコミどころ満載ですが、著作権そのものは守られるべきで、JASRACの運営批判とは別で考えるべきでしょう。

 

ただ、音楽は形のない作品なので、よりしっかりと運営しないと、「拝金主義だー」と批判を受けやすいのも事実。

その辺、JASRACさん、ぜひともよろしくお願いいたします。

どこかで見たことがある外国人・・・

私が定期的にバンドで出演しているBARがあります。

数ヶ月前のこと、その日も演奏を終え帰ろうとしているとき、カウンターにいる一人の外国人に目が止まりました。

 

そのBARはオーナーがアメリカ人ということもあって、外国人がいることは珍しいことではありません。

では、なぜその外国人に目が止まったのか。

 

それは、どこかで見たことがあったからです。

しかし、思い出せない。

時間的に遠い記憶だから思い出せないのかもしれまんせんが、なんとなくそうではない気がします。

 

結局思い出せずそのまま帰路につきます。

一緒に帰ったメンバーにもそのことを話したんですが、「気のせいでしょ」と興味なさげです。

 

それから2週間ほど経った日、私は書店にいました。

いつも通り、フィクションのコーナーで好きな作家の本をチェックし、それから新書コーナーへ。

新書は、どちらかと言えば、著者よりもタイトルを優先的に見ます。

 

ふとタイトルが目に止まった本がありました。

著者は外国人。その時に瞬発的に「あっ!」と思い、手元のスマホで著者名をググりました。

それは2週間前にいつものBARで見かけたその人だったのです。

 

ここは東京ではありません。

有名人を街なかで見かけることなんてほとんどありません。

 

その人の顔も名前も知っているのに思い出せなかったのは、メディアに出ているような有名人がこんなところにいるはずがない、という考えがあったからでしょう。

また、知っているといってもメディアや本を通じてなので、一方的に知っているだけで、一切のコミュニケーションをとったことがないわけです。

遠い記憶だから思い出せないわけではない気がするけど、というモヤモヤした感じは、こういった理由によるものでした。

 

しかし、びっくりです。

後日、BAR店長にその人のことを聞くと、全国を飛び回るほど忙しい中、近くに来ると立ち寄る常連らしく、旧い付き合いだそうです。

 

私がそういった堅苦しい本を読んだり、時事問題や社会問題に興味がある、ということをBAR店長は知らなかったので、紹介する理由もなかったと。

今度来店したら紹介してくれるそうです。

嬉しいですね。

 

しかし、紹介されたところで、どんな話をすればよいか戸惑ってしまいます。

メディアに出て鋭い意見を言い、本まで書くようなジャーナリストです。

そんな人に軽々と社会分野の質問をしても良いものなのか。

その方面でのプロに対して、そんな質問をすることは失礼にあたらないのか、といったことが気がかりです。

 

かといって、まったく関係ないことで盛り上がるはずもありません。

 

嬉しい反面、不安ですね。

ステージで演奏するよりも緊張することは間違いなさそう・・・

 

24時間テレビのあれこれ

24時間テレビ、どう思いますか?

私は少しだけ否定派です。

 

つっこみたいところはいくつかありますが、最もつっこみたいのは、障害者に対しての公平さに欠ける、という点です。

 

ああいう番組で取り上げられた障害者には、一時的にせよ長期的にせよ世間は注目し、支援の手を差し伸べます。

しかし、実際に取り上げてもらえる障害者はほんの一部です。

 

募金によって集まったお金は、取り上げらた障害者以外にもなんらかの形で行き届くようにはなっていると思いますが、注目という点では取り上げられるか否かで大きく差が開きます。公平とは言い難い。

 

加えて、取り上げられた障害者は基本「可愛そうな人」という印象で語られます。

 

可哀想だから支援の手を、という手法は、お金とセットで憐れみの気持ちを生みます。

障害者と共存していくことを前提にするのならば、その人達に対する憐れみを持つ様に仕向ける印象を与えるのはいかがなものでしょうか。

ここも公平とは言い難い。

 

支援は必要です。

それは金銭面でもあるし、バリアフリーや身障者用駐車スペースの設置などのインフラでもあります。

 

しかし、そういったサポートを社会全体で推し進めていくのに、「障害者は可愛そう」という切り口は良くない。

困っているから手を差し伸べる、これで良いじゃないですか。

 

障害者は可愛そうだから支援を。

障害者が困っているから支援を。

似ているようで違います。

 

障害者が注目されるイベントとして思いつくのは、パラリンピックです。

パラリンピックを見る時、可愛そう、という憐れみを持って見る人っているんですかね?

少なくとも私はそんな見方はしないし、そんな演出にもなっていない。

 

 

すこしだけ否定、と書いたのは、肯定するところもあるということです。

個人がいくら募金を募っても、億単位のお金を集めることは不可能でしょう。

上にも書いたように、障害者サポートにはお金も必要なので、そういった支援ができることは素晴らしいと思います。

 

出演者のギャラは募金に回すべき、という意見もありますが、あれだけ知名度のある人達が出演することによる募金額増は間違いありません。

そして、善い事をしてお金をもらうという行為が悪いとも思いません。

金額にもよりますけどね。

 

出演者だけギャラをカットというのも変な話です。

当日関わる人すべての報酬をすべてなくして募金に、というのも現実的でないと思います。

(出演者のマネージャーも無料にすべき??送迎の運転手とかは??外注の制作者やカメラマン、照明さんなども??)

 

ただ、時代の移り変わりでこの番組自体も少しずつ変わっていかなくてはいけないことも事実。

今後も続くでしょうけど、(ちょっとだけ)注目していきたいと思います。

次の実験は、プチ断食

私は、自分の身体で実験するのが好きです。

別に変な意味ではなくて(?)、巷に言われているこんな減量方法やトレーニングを実践してみたらどうなるだろう、ということです。

 

数年前にやったのが、今でも流行っている糖質制限

これはかなり効きました。

食事量ではなく、食事の内容を変える、というもの。

カロリーと違って、糖質は制限しやすいと感じました。

 

習慣化が鍵なので、ストレスがたまったり、ハードルが高すぎるやりかたは選びません。

糖質制限はその点やりやすく、結果10キロ前後の減量に成功しました。

 

今でも体重はキープしていますが、体型は褒められたものでもありません。

ビーチに行くのは夏くらいですが、スーパー銭湯に行ったときなんかはちょっと隠したくなります・・・

 

ということで、そろそろ体型を整えるためになにか始めようかと思います。

 

それは、プチ断食です。

メンタリストDaiGoさんが推奨しているやつです。

 

断食というとストイックさが求められる印象ですが、プチ断食はそうでもありません。

男性なら16時間、女性なら14時間くらい、カロリーを摂取しない時間を作る、という方法です。

 

私は男性なので、例えば夜8時に夕飯を終えたら、翌日の正午までカロリーを摂取しない、ということです。

大雑把に捉えれば、朝飯抜きですね。

それ以外の時間は、特に制限はありません。

 

断食中はカロリーさえ摂取しなければよいので、水、お茶、ブラックコーヒーなどはOKです。

 

私の場合、下腹部の脂肪を落としてスッキリさせたい、くらいで、腹筋を割りたいわけではないので、運動はいまのところ考えていません。

ただ、これで効果が出なかったら、運動も少しずつ取り入れようと思います。

 

習慣化においては、最初が一番エネルギーを要します。

プチ断食も、最初の1週間が辛い、ということなので、とりあえず1週間はなんとかやってみます。

 

ということで、昨夜20時過ぎに夕飯を終えたあとプチ断食をやりました。

今日の正午過ぎまでだったのですが、今日のところはそんなに辛くもありません。

 

朝食の良し悪しは健康系の記事でいろいろと言われているくらいわかっていないもののようなので、普段からたまに朝食を食べないこともあったからでしょうかね。

 

何時に何を食べたのかをサクッと記録できるように、Evernote内にプチ断食のノートブックを作ってショートカットも作成しています。

 

続けるためのコツは、可能な限り面倒さを取り除くことなので、この辺は大切にしようと思っています。

 

ちょいちょいレポートしていきます。