読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

お金

ギャンブルの魅力はわからないものの、、、

ギャンブルは、ほとんどやったことがありません。 麻雀はゲームとして何度かしたことがありますが、あくまでゲームとしてレベルです。 他パチンコ、競馬や競輪など、全く経験がありません。 ある人に「やったことがないというのも、それはそれで欠点だ」と指…

苦しいときこそ笑う

日々の生活の中で、へこむことってありますよね。 へこんだことがない人っていないと思います。 私が大学生だった頃、へこんだ理由はいろいろありましたが、その多くはお金に困ってのことでした。 学費も生活費も自分で払っていたので、いくらバイトをしても…

DIYに費やした日

今日は一日中DIYをしました。 といっても、専門家でもないし得意分野というわけでもないので、やれたことはほんの少しです。 ドアノブを交換したのと、吸音材処理です。 ドアノブは、今ついているやつの寸法を計り、取付可能なものを、吸音材処理はワイヤー…

プレゼントとサプライズ

多分珍しいタイプだとは思いますが、私はサプライズのプレゼントをもらったりあげたりすることに、あまり嬉しさを感じません。 あげるのはともかく、もらうのは嬉しいだろう、という意見が出そうですが、もしもらうのが嬉しいと感じているのならば、あげるこ…

仕事をするということ

toyokeizai.net 人生において、仕事は間違いなく大切な要素の一つでしょう。 人は多くの時間と労力を仕事に費やします。 人生の1/3は睡眠だと言いますが、それを除き、さらに働き始めてから以降の年齢に絞れば、仕事をしている時間は、それ以外の時間を圧倒…

偽善と善行強要

偽善は、善行のイメージ悪いバージョンです。 「偽」という漢字がそれを示していますね。 善行が偽善と非難される理由は何でしょうか。 例えば被災地の救助に関わる人々。 自衛隊、その他救助隊員はお金をもらって人助けの訓練をし、有事の際にそれを実践し…

お金がない方がよい、わけがない

toyokeizai.net 50歳、女性、無職と聞いただけで、本人に会ったこともないのに、生活が大変そうという想像をしてしまいます。 しかし、この女性はそれを寧ろ楽しんでいる印象を受けます。 人が何から幸せを感じるかは様々で、その中にお金があること、家族と…

硬貨と紙幣、クレジット、電子マネー

硬貨と紙幣。 幼少期にそれらの意味を理解し始めた頃、最初に思ったことは、 「硬貨の方が高そう・・・」 でした。 幼少期のピュアな気持ちの頃でない(?)今でも、硬貨の方が金属で紙幣の方はつまり紙なので、やっぱり硬貨のほうが高そうに感じます。 とこ…

人の意識をアップデートする必要性

headlines.yahoo.co.jp 幼稚園に通わせる子を持つ親としては、まさに言葉が出ない事件です。 この園長は批判されるべきだし、現時点でも恐ろしいほどの社会的制裁を受けていると思います。 これは当然ですね。 理由は結局のところお金です。お金の犠牲になっ…

才能とお金

才能あふれる その能力が多岐にわたる お金に困らない この3つがそろうと、あまり良い結果にならないことが多い、という私なりの統計があります。 私は音楽の世界にいます。音楽と才能は切っても切り離せません。 そして、才能はあればあるほど良いに決まっ…

なぜファミレスで勉強?

www.huffingtonpost.jp 学生時代からずっと不思議に思っていたことを、この記事をみて思い出しました。 ファミレスは何かと利用することがありますが、若い子が多いと思う時期に、そういえば試験の時期だと気づくことが最近でもありますので、当時からその風…

初めてケータイ、それから

今週のお題 思い出の携帯電話は、やはり最初の携帯電話ですね。 厳密に言うと、携帯電話ではなくてPHSです。 世代によっては、PHSと言われてもピンと来ない人がいるかもしれません。 「携帯」する「電話」ということでは、携帯電話に括って良いと思います。 …

JASRACの問題

headlines.yahoo.co.jp 最近なにかと話題にあがるJASRACです。 そして、なにかと批判の的になるJASRACです。 この記事では、映像制作会社が訴えられています。著作権のかかっている楽曲を使用しているにも関わらず、料金を支払っていないということですね。 …

CDの美学?

音楽に限ったことではないが、不況が叫ばれて久しい。 こと、音楽において分岐点になったのは、ダウンロード販売だろう。 そして今ならばストリーミング(聴き放題)サービスが、ビジネスモデルの変化をさらに早めている。 これらのサービスが始まるまでは、…

本当に今できないのか?

lifehacking.jp 久しぶりに、なるほど、と思った記事だった。 10億円という、庶民にはギリギリ想像できる金額設定が面白い。 ちなみに、現在の生涯賃金平均は2億円くらいなので、10億円もらうとなると、「ウキウキ」する金額ではある。 ◆ 同様の質問は昔から…

なぜ人はFacebookを使うのか

今日は2月4日。 13年前の今日設立したのが、世界最大のSNS、Facebookだ。 国内の月間アクティブユーザー数は2500万人。 そのサービスを利用しているかどうかは別にしても、知らない人は殆どいない。 Facebookは、何が人を魅了するのか。 Facebookの悪口をFac…

同調圧力に負けるな

mainichi.jp アルバイトをしなくなって10年以上の月日が経つ。 だから、今時のアルバイト状況というのはこういうニュースで知るしかないし、このニュースも全体のごく一部のことなのか、当たり前のように蔓延していることなのかは、自分にはわかりかねる。 …

差し入れはどんなときに必要か

差し入れは、相手に対するマナーだと思っていた、 改めて辞書で調べてみる。 【差し入れ】① 拘置留置されている者に,外部から食べ物や必要な品物を届けること。また,そのもの。② ねぎらいのために飲食物を届けること。また,そのもの。「上司から―の弁当が…

牛乳と石油の値段、時給の話

一時期ほどではないが、昔に比べればガソリンはやはり高くなったと感じる。 自分が学生だった頃はバイクに乗っていたが、その時のガソリンは、安いところでは100円/L(レギュラー)を切るところも結構あった。 おそらく今はそんなところはそうそうないだろう…

動物園や水族館は虐待なのか

【完全版】 イルカのパフォーマンスショー / 名古屋港水族館 【見たい場面だけをつなげてみた】 - YouTube 動物園、サファリパーク、水族館などの施設に行くことが好きだ。 おそらく、内心では子どもよりも興奮しているのではないだろうか。 一方冒頭の動画…

お年玉はあげるべき?貯めるべき?

今日も少し短めに。 年末年始が楽しいのは子供のうち。 こういったことを時々耳にするが、はたしてそうだろうか。 自分にとっては、やはり節目だし、これがあるから帰省してくれる友人もいるし、子供の楽しいというのとは少し違うのかもしれないが、まあそれ…

がめつさに対する恥ずかしさがなかったあの頃

名古屋ドル紙幣ばら撒き事件 - 今から13年前の今日、名古屋テレビ塔から100万円がばらまかれる、という事件があった。 少しだけだが、当時ニュースを聞いた覚えがある。 このニュースを覚えているかというと、実は自分もそういった場面に関わったことがある…

捨て猫、ボランティア、餌をあたえること

自分の1日は、犬の散歩から始まる。 特別な用事がない限りは、7:30からの30分弱、近所を犬を連れて散歩する。 ほど近くにある「神社」にある注意書き。 神聖な場所です。犬、猫の散歩はお断りいたします。 そこから少し歩いたところに、また別の神社がある。…

喪に服す

famo-seca.hatenablog.com 数日前に、生死の問題を取り扱うのは難しいという記事を書いたばかりというのに、一昨日同じ業界内の知りあいが、自らの命を絶った。 現代では、遺言すらSNSに投稿するものなのか、自殺する直前に書いた内容はどう見ても自殺をほの…

またハロウィンについて

数日前に、ハロウィンについての勝手な考察を投稿した。 famo-seca.hatenablog.com 投稿日はハロウィンより前だったのだが、今年のハロウィンが終わってから感じたことがある。 それは、ネガティブな感想が多い、ということだ。 ハロウィンの起源、again 数…

車にかかる費用

自分の車が車検の時期なので、車検に出してきた。 日本の安全基準を信頼して、一番安いプランで申し込みを済ませてきた。 (一番安くても、最低限の安全性だけはある、という意味) ところで、一番安いとはいえやはり車検の出費は痛い。 そんなに嫌ならば、…

役に立つかどうか、ではなく、没頭できるかどうか

www.jiji.com 1週間ほど前の記事。 非常に残念な記事だ。 教育に対する投資がもっとも回収能率が良いことは、世界中のデータで証明されており、それを受けて各国が教育への投資額を増やしている中で、日本はそれについていけていない。 日本は不況、お金がな…

貧乏から金持ちより、金持ちから節約の方が難しい

お金に困らない生活をしたい。 この願いは誰でもあるだろう。 お金に全く執着がない、というのは大抵の場合嘘だと思っている。 完全に自給自足している人でもない限り、生活にお金は必要だ。 いや、自給自足していても、住民税は払わないといけないので、つ…

育児は大変でないといけないのか

少子高齢化が日本の大きな問題になっている。 単純に考えて、支える方よりも支えられる方がかなり上回るのだから、問題でないわけはない。 ところが、そんなことを嘆く暇もないので、若い世代は、共働きしならが、節約しながら、もし年金がもらえなくてもど…

ギャンブル、パチンコについて

ギャンブルは一切しない。 学生の頃は雀荘で働いていて、そこでは賭けマージャンをしている光景は何度となく見たが、段々と金銭感覚が狂っていくことが恐ろしくなり、やめてしまった。 その他のパチンコ、パチスロや競馬、競輪、競艇などはやったことすらな…

クレジットカードが苦手?

インターネットの普及で、オンラインショッピングもすっかり浸透し、家にいながらバリエーション豊かな商品から希望のモノを選ぶ、という買い物スタイルが定着した。 オンラインショッピングの際に欠かせないのがクレジットカード。 欠かせないというわけで…

偶然手に入れたお金は、すぐに使ってしまうほうが良い気がする

今週のお題「もしも100万円が手に入ったら」 こういった話は、額こそ違うものの自分もよく友人とする。 自分の場合は音楽関連で、例えばその額が1億円だったとしても、楽器代、機材代を考えれば、結構すぐに使いきってしまうかもしれない。 また、一億円手…

国家に対して、お金と命とどっちが大事なの、という質問はおかしい

お金よりも命の対策をしてほしい。 こういった訴えが世論としてある。 この質問はおかしいし、根本的に間違っている。 資本主義と社会主義、どちらが「マシ」か? 日本を始めとした先進国は、ほとんどが資本主義だ。 資本主義をどこまでも噛み砕いて、誤解を…

水に感謝、偽善でもなんでもなく、本当に

貧乏に「なる」のは難しい 学生時代は、一人暮らしにかかる費用と学費を通学しながら捻出していたので、笑ってしまうくらい貧乏だった。 別に貧乏自慢をしたいわけではなく、ただただ貧乏だっただけだ。 いろいろな人がいると思うが、当時のことを振り返ると…

堀江貴文という人

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく 作者: 堀江貴文 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2013/11/01 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (45件) を見る 刑務所から出所後に最初に書いた本「ゼロ」を読んだ。 以前から…

お金を稼ぐのはいけないことなのか

日本は世界3位の経済大国だ。 お金は、個人にとっても国にとっても非常に重要なもの。 ところが、お金はその半面悪いイメージもあるようで、「カネ稼ぎのために何でもする」ということ言われることも多い。 自分の仕事は音楽で、音楽とお金もあまり親和性が…

お客様は神様、なのか

学生時代は、とにかくたくさんのアルバイトをしたが、その中のいちばん多かったのが接客業だ。 飲食業、その他接客業から学ぶことは本当に多かった。 まず、世の中の人のバリエーションを体感できたこと。 想像できる「嫌な」客は、ほとんど実在するし、想像…

節約すべきことと、節約よりも大切にしなくてはいけないこと

意味のない節約は、日本経済を駄目にする。 景気の良し悪しは、お金がどれだけ「まわっているか」できまるので、お金持ちにお金を使ってもらわないことには、景気が良くなるはずもない。 しかし、そうはいっても、やはり無駄なものにはお金を使いたくないの…

情報流出を防ぐためには、情報に含まれる行為自体を再考すべき

世間はパナマ文書のことが騒がれている。 専門家ではないが、自分なりに簡単に説明してみる。 パナマ文書の説明 国には、その国を運営していくために税金の制度がある。 税金には様々な種類があるが、有名な直接税だと、所得税や法人税。 これら税金は、個人…

幸福、お金に対する考察

headlines.yahoo.co.jp 幸福度のランキングが発表されたようだ。 記事にもあるように、日本は53位。 他先進国のランキングを記事から抜粋すると、アメリカ13位、ドイツ16位、イギリス23位、ロシア56位、中国83位らしい。 尚、1位はデンマーク、2位はスイスと…

不況を脱するために考えなければならない友達関係

不況のおかげで、安かろう良かろうといった価値観を持っている人間は増えすぎた感が否めない。 「自分の友だちが飲食店やっていて、そこだったら無料で色々出してくれるよ」 こういったことをたまに聞くが、どういうつもりなのか。 おそらく、だが 「自分に…

寄付よりも納税の方が、実は社会のためになる・・はず

news.tbs.co.jp この辺の金額になると、自分の日常とあまりにもかけ離れていて、どのくらいの金持ちかが正直わからない、といったレベルだ。 要するに、大金持ちだ。

少子化問題の番組を見て

先日NHKスペシャルで、下記番組をみた。 www6.nhk.or.jp 少子化は確かに問題であり、しかも対策を講じて効果が現れるまでに時間が相当かかるので、国にはいち早く対策を実施していただきたい。

お金を払う「もの」と、払わない「こと」

不景気が続いているので、企業も個人も財布の紐がかたい。 100円ショップやドン・キホーテなどのディスカウントショップが流行るのもうなずける。 しかし、お金を払うべきときに払わなくても良い、といった雰囲気がで気上がっている時もあるので、注意が必要…

支払いのほとんどをカードにしている自分の、カードに対する捉え方

カード派になった理由 日本もやっとカード社会が普及してきたように思える。 昔は、カードに対する不安感が社会に蔓延していたようで、それが理由なのか、はたまた別の理由があるかどうかわからないが、カードを使える店も少なかった。 いまは、コンビニ、飲…

披露宴の祝儀というシステム

祝儀は不思議なシステム 祝儀は、常識的に考えて3万。 2で割れない、妥当な金額だからだそうだ。 日頃払うお金の中で、祝儀ほど不思議なお金はないのではないだろうか。 まず、祝儀とはなんのためにあるものなのかを考えなければならない。 祝儀という名前を…

どこにでも売ってあるものをよく見ながら

経済大国、日本 日本は間違いなく経済大国だ。 不況だし、借金も多いし、未来に対する不安もたくさんあるが、週末のデパートの賑わいをみて、経済大国であることを実感するのも事実。 昔に比べたら売上は落ちているのかもしれないが、素人目からすると、もっ…

経済学というと難しそうなので、お金の話と呼ぶ

このブログでは、経済的な記事も結構書く。 それは、世界トップクラスの経済力を持つ日本で生きていくのに、必要不可欠だからだ。 しかし、経済の話はやはり難しい。 経済という名前自体が難しそうだ。 だから、今回は「お金」の話ということにする。 お金の…

経済のことはいつ学ぶべきなのか

音楽とはいえ教育関連にいたことも多いので、何かと教育には思う所が多い。 教育は国家百年の計だ。 これからも本当に大切にしていかなければならないだろう。 そして、今日のトピックは「経済」だ。 経済のことを無視して生きていくことはできない 経済のこ…

お金持ちの豪遊と聞いて抱く印象

自分たちが若い頃は、節約=善、浪費=悪という風潮が強かった気がする。 簡単に言えばお金はつかうよりも貯めるほうが正しい、ということだ。 これは本当だろうか。 お金は交換価値しか無い。 つまり、使わないと意味がない。 そして、景気を決定づけるのは…