読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

人の意識をアップデートする必要性

headlines.yahoo.co.jp 幼稚園に通わせる子を持つ親としては、まさに言葉が出ない事件です。 この園長は批判されるべきだし、現時点でも恐ろしいほどの社会的制裁を受けていると思います。 これは当然ですね。 理由は結局のところお金です。お金の犠牲になっ…

小中高校にあって大学にないもの

タイトル通りですが、同じ学校という枠組みの中で、小中高にはあり、大学にはないものって何か思いつきますか? 制服は惜しい。小学校には無いところが多いですね。 給食は?これは高校にはないところが多そうです。 友人に聞いたら、「夢」という、うまいか…

この2つの才能があれば、多分大丈夫です

私の本職は音楽です。 職業としての音楽は幅広く、それこそ作曲家からCDショップの店員まで、職業としては音楽と言えます。 私がその中でどこに位置しているかの詳細は省きますが、大雑把にいえば「業界内」ということになりますかね。 根源的な意義での音楽…

嘘をつく理由は?

toyokeizai.net 嘘は、基本いけないと思っています。 一方、嘘も方便という言葉もありますね。 以前嘘については、その考察を投稿しました。 famo-seca.hatenablog.com 就職したい学生が嘘をつくのは、つまるところの「就職したい」から。 嘘をつくのが好き…

睡眠は大切

健康ブームの為なのでしょうか。 睡眠関連の記事を多く見かける気がします。 食事と同じく睡眠も、昔は8時間が最適と言われ、3時間あれば十分という人があらわれ、いやいや10時間近くは必要という人まで出てくる始末。 結局健康に関しては、誰しもにあてはあ…

ノミニケーションについて思うこと

diamond.jp 皮肉なことに、ノミニケーションという言葉は、それが最も行われていた時代ではなく、批判され始めてからよく聞くようになりました。 この記事も、そもそもタイトルからしてノミニケーション否定記事です。 内容を読むと、メリットよりもデメリッ…

囁き声も叫び声もちゃんと聞こえるのはなぜ?

たまには音楽の話もしましょう。 とりあえず本職なので。 音楽を聞いている人が、その音源に違和感を感じず、「普通に」聞こえる、というのは、実は音源を制作する側の技術が光っているということです。 どういうことでしょうか。 例えば、ある曲のAメロにお…

さばけるスタッフ VS (当時の)最先端技術

今はコンビニはもちろん、スーパーや一部の個人経営の店ですら、レジがバーコード読み取りになりましたね。 若い人は知らないかもしれませんが、私が小学生位の頃まで、ほとんどのスーパーは、まだ手打ちでした。 手打ちとは、その名の通り商品を手でレジ入…

佐々木俊尚さんのインタビュー記事を読んで

fuminners.jp 私が日本一尊敬するジャーナリスト、佐々木俊尚さんの記事が出ていました。 サイト自体は、睡眠をテーマにしたもののようで、佐々木さんがインタビューを受けたという体裁になっています。 やっぱり、素晴らしい。 いちファンなので既に知って…

働き方改革の必要最低条件

www.nikkei.com このニュースに関しては、批判の記事、ブログが出ていますね。 それは当然かもしれません。 労災認定の基準、過労死に関しては月80時間です。 忙しい時期だから100時間残業させることを認めるのは、過労死を招く残業時間を一時的に認める、と…

私たちはどうあるべきか

headlines.yahoo.co.jp 記事中にあるように、死者数は厳罰化が功を奏し、減ってきてはいるようです。 しかし、まだまだ多い。 ゼロは現実的でないかもしれませんが、飲酒運転に関しては意識の問題なので、限りなくゼロに近づけることは出来るはずだし、その…

ネクタイの作法は必要?

toyokeizai.net 記事元は東洋経済ということもあって、明らかにビジネスマンをターゲットにしています。 かつ、ネクタイなので男性対象の記事と考えてよいでしょう。 本屋の話題本のところにも、人の印象は見た目で9割が決まる、といったタイトルの本をみか…

新しいものは、とりあえず嫌われる?

mainichi.jp また、といっては何ですが、またスマホ批判ポスター、記事です。 これまでの30年くらいでもっとも進化したデバイスは電話でしょう。 自分が小学生の頃には、まだダイアル式の電話が普通にあったし、もちろん有線でした。 それが今では、スマホを…

本との出会いが人生を変えた

今週のお題「私のタラレバ」 久しぶりに今週のお題にのっかってみよう。 自分の「タラレバ」を考えてすぐに思いつくのは、大学の頃。 幼少期からピアノを習っていたのもあり、周りにいた人よりは音楽スキル向上が早く、そのアドバンテージを利用して、なんと…

同調圧力に負けるな

mainichi.jp アルバイトをしなくなって10年以上の月日が経つ。 だから、今時のアルバイト状況というのはこういうニュースで知るしかないし、このニュースも全体のごく一部のことなのか、当たり前のように蔓延していることなのかは、自分にはわかりかねる。 …

先入観と柔軟性

www.gizmodo.jp 音楽とテクノロジーに関する記事。 音楽の世界にも他の世界と同じく「天才」と呼ばれる人がいるが、デヴィッド・ボウイもその1人と言ってよい。 この記事を読めばわかるが、音楽分野だけでなく先見性という意味でも天才だろう。 1999年のイン…

牛乳と石油の値段、時給の話

一時期ほどではないが、昔に比べればガソリンはやはり高くなったと感じる。 自分が学生だった頃はバイクに乗っていたが、その時のガソリンは、安いところでは100円/L(レギュラー)を切るところも結構あった。 おそらく今はそんなところはそうそうないだろう…

ぼくたちは、「なぜ」働いているのか

www.yomiuri.co.jp 労働は、多くの人にとって人生の重要な部分を占めている。 働き方は、その人の人生を大きく左右する。 社会としては、その働き方をどうみなしていくか(どう舵取りしていくか)を注視する必要がある。それは、国家としてのあらゆる力に直…

現場の緊張/今年の目標を掲げる人へ

新年あけましておめでとうございます。 今年も、ほぼ休むことなく更新していいきますので、どうぞよろしくお願いいたします。 headlines.yahoo.co.jp 早速昨夜の紅白に関する記事が出ている。 ひねくれ者の自分は、この記事をこのスピード感で仕上げたライタ…

憧れられる先輩になっているのか

時期的に、帰省者が多い。 店に迷惑にならない程度に飲みに行く。 久しぶりに会った友人との会話は、決まって近況報告から。 年も考えると、当然のように仕事の話に。 友人は言う。 後輩に仕事に一生懸命になることの素晴らしさに気づいてほしい。そうすれば…

紅白は変わるべき?変わらないべき?

音楽と紅白 音楽の世界に身を置くものとしては、やはり紅白歌合戦の存在は、好き嫌いということは別にしても大きい。 今はそうでもないが、以前は音楽を目指しているというだけで、高齢層を中心に「いつか紅白に出られるようになるといいね」と言われていた…

キーワードは簡単・便利・エコ

headlines.yahoo.co.jp 2日前の記事だ。 タイムズカーシェアは、自分の住んでいる地域にも展開しており、利用している知り合いも多い。 確かに便利だろう。 自分は今自家用車を持っているので使うことはないと思うが、今学生で、お金がないけれども車が使い…

プロセスと結果、論

プロセスも結果も大切だ。 結果が大切なのは自明。 しかし、逆に結果が出なければどんなプロセスにも意味がない、とは言えない。 では、逆の逆で、プロセスには常に意義があるのか。 そんなはずはない。 まったく意義がないプロセスもある。 その一つが、強…

ネクタイやスーツは、全ての人のやる気をあげるのか

クールビズなどの政策によって、若干ネクタイ文化は薄れた感もあるが、それでも正式な場ではやはりネクタイ着用が礼儀でありマナーだという空気は、今なお強い。 ネクタイは、昔からオシャレのためのものだった ネクタイは、もともと兵士が防寒のために着用…

政治家も休まないと変わらない

働き方に関しては、シンギュラリティー周辺で劇的に変化するのは目に見えているものの、まだそれまでに10年くらいはあるし、その時期を境に突然切り替わるわけではないだろう。 まだまだ、今の働き方を考えていかなければなるまい。 過労死世界一の日本の労…

便利さの裏側にあるもの

zasshi.news.yahoo.co.jp 日本の接客サービスやおもてなしは、海外からの旅行者を驚かせるらしい。 確かに、海外に行くと、例えば泊まるところならば、安ければ安いほど、そのサービスの質も落ちる。 しかし、日本はカプセルホテルの受付でも、その値段分接…

師と話す

うさぎがライオンに睨まれている。 うさぎがライオンに助けを乞うと、ライオンは 「俺が考えていることを当てたら見逃してやる」 と言った。 するとうさぎは答えた。 「あなたは、私を襲って殺そうと思っている」 ライオンはうなだれた。 昨日、議論投稿をし…

教育する方こそ、より勉強するべき

www.yutorism.jp こういった事実を知ると、溜息が出てしまう。 国家にとっての教育が、その後の国家の行末を決めることは間違いないが、その教育がこれでは、不安が募るばかりだ。 もちろん、これは一例であって、全ての教育関係者がこういうわけではないだ…

差別から区別、平等から公平

headlines.yahoo.co.jp 144カ国中111位とは、どう贔屓目に見てもほめられた順位ではない。 東京都知事や民進党代表が女性になったので、少しは改善の傾向が見られるのかもしれないが、男女の格差が問題となっての変化速度を見ると、あまり楽観的にもなれない…

特権階級意識が無意識だと最悪

私事で申し訳ないが、今日ある大手企業とのアポがあったので、先方の会社に出向いた。 瀟洒なエントランスに、受付が二人、どちらも間違いなく美人。 大企業は何かとお金がかかっていると感じながら、受付にアポイントの旨伝えると、すぐに来るので待つよう…

絶対に解決しなくてはいけない問題

digital.asahi.com 同じ年頃の娘がいる自分としては、本当に読むのが辛い記事だ。 こんなことは、いかなる理由があっても、起こってはいけない。 3歳くらいなら、大人が思う以上にいろんなことを理解し始めているはずだ。 母親という存在、その母親がイライ…

捏造はなぜ起きたのか

www.yomiuri.co.jp 新聞は、嘘を書いてはいけない。 取材不足で結果的に嘘になってしまうものもあるが、それですら批判の対象になるのが新聞。 影響力が(以前よりは弱くなったとは言え)強いので、それだけの「正しさ」を求められるのは、新聞の宿命だ。 な…

社内運動会を開催するのは良いが

www.sankeibiz.jp 2日前の記事だ。 こういった記事は、開催する会社が大きいときに取り上げられるので、中小企業は個人経営などの小さい規模のものを含めると、結構開催されているのではないだろうか。 色々と突っ込みたい箇所があるので、順に見ていきたい…

電通社員自殺問題を考える

www.huffingtonpost.jp 電通の社員自殺に対して労災認定がおりたということは、自殺した原因の一部、または多くは会社側にあるということを認めたことになる。 自殺のニュース自体はなんとも悲しい、そして腹立たしいニュースで、当然の如く電通に批判が集ま…

会社の為に自分がいるのか、自分が会社を利用しているのか

toyokeizai.net 仕事術関係のサイトや書籍でよくみかけそうなタイトルだ。 内容は問題ないが、タイトルの付け方が、はたしてどうだろう。 出世を目指すのは当たり前? 一生出世しない、という言葉を使っているが、裏を返せば出世するためにはこういうことに…

働き方を考える

news.mynavi.jp 労働は、人生の多くの時間を占める。 出来ることならば、それが「嫌なこと」「楽しくないこと」ではなく、「やりがいのあること」「わくわくすること」でありたいものだ。 働き方における「普通」「安定」 イギリスの産業革命以降は、大量生…

2033年問題

zasshi.news.yahoo.co.jp 昨日の記事。 ◯◯年問題、と言えば、自分にとっては2000年問題を思い出す。 別名Y2K問題とも言う。 1999年までは、プログラム上、下二桁だけを使っていたため、2000年を迎えるとコンピュータの誤動作が起きる、と言われていた。 フタ…

義務教育の限界

news.yahoo.co.jp 2日前の記事だ。 指導死、という言葉は初めて知ったが、こういったことが原因で自殺という最悪の自体をまねいたことは、これまでもあっただろうことは想像に難くない。 今回は暴力がなかったということを一つの特徴のように記事では捉えら…

普通を多用する人は、普通に考えて怪しい

普通という言葉を使うのは難しい。 そして、時にそれは都合の良いように使われてしまう。 学生時代に、生活費、その他を稼ぐため、本当にたくさんのアルバイトをした。 力仕事から接客業まで、長期も短期も、何でもやった。 そして、アルバイト面接時に最も…

面接の思い出

学生時代にアルバイトは山ほどしたので、それまで含めると、今までに面接を受けた回数は50回を超える。 フリーランス転身前に働いていた会社に入社するときにも面接を受けたが、やはりアルバイトとは違って、より深く、細かなことを訊かれた。 印象に残って…

フリーランスのひとりごと

旅行が好きだが、経済的な理由もあり、そんなにしょっちゅうは行けない。 自分のようなフリーランスは、こういう時に、いかにして仕事を旅行に応用するか、と考えることができる。 例えば九州に行きたかったら、九州でする仕事を探せば良いのだ。 つまり、お…

残業を一括りにはできない

www.huffingtonpost.jp 記者の怒りがひしひしと伝わってくるような記事だ。 確かに日本は残業が多い割に、その成果はあまり出ていない。 簡単にいえば、労働のコスパが悪い。 この記者のかいてあることはもっともだと考えるが、すこし違ったアプローチで考え…

実家帰省にまつわる考え方あれこれ

「夫の実家に帰省したくない」お盆の妻の憂鬱と本音 http://mainichi.jp/premier/business/articles/20160812/biz/00m/010/001000c 本当に現代の記事なのか、と疑ってしまうくらい、中身が一昔まえのことを伝えているように感じる。 帰省したくない理由の一…

定時に即帰ることへの考え方が古い

diamond.jp ビジネス系情報サイトの老舗、ダイアモンドの記事だ。 全体として、突っ込みたい所が満載。 記事を追いながら、自分の考えを述べたい。 所属意識とは? 所属意識の違いを理由に、「何かやることはありますか?」の一言が言えないとあり、それが言…

働くことを「考えることができる」時代

就職には3日、3月、3年のタイミングで、辞めたいと思う時期が来るという。 屈折した受け止め方をすれば、3年を超えると辞めない(辞められない)ということになるのだろうか。 仕事は人生において非常に重要なことだ。 しかし、その内容や解釈は時代によって…

農業は最重要の職業だからこそ変革を

blog.evernote.com この記事は、Evernoteのブログなので、ブログの締め辺りはEvernote推しになっているが、そこはさておき、コンピュータの技術を農業にも取り入れているというところがおもしろい。 農業従事者の高齢化と、その理由 農林水産省の統計による…

偶然手に入れたお金は、すぐに使ってしまうほうが良い気がする

今週のお題「もしも100万円が手に入ったら」 こういった話は、額こそ違うものの自分もよく友人とする。 自分の場合は音楽関連で、例えばその額が1億円だったとしても、楽器代、機材代を考えれば、結構すぐに使いきってしまうかもしれない。 また、一億円手…

国家に対して、お金と命とどっちが大事なの、という質問はおかしい

お金よりも命の対策をしてほしい。 こういった訴えが世論としてある。 この質問はおかしいし、根本的に間違っている。 資本主義と社会主義、どちらが「マシ」か? 日本を始めとした先進国は、ほとんどが資本主義だ。 資本主義をどこまでも噛み砕いて、誤解を…

目の付け所がシャープなのは、才能がある人だけ?

誰にも思いつかないようなアイデアを思いつける人は、そういった才能が生まれながらに備わっている人だけ、だろうか。 確かにそういった才能に恵まれている人はいる一方で、才能がなかったとしてもアイデアを思いつくことは可能だ。 それは、常に自分の仕事…

選挙のときだけは、不満を政治や社会のせいにしても良い

7/10は参議院選挙だ。 選挙に行くときは、不満を政治や社会のせいにしても良いと考えている。 身の回りは政治に絡んでいるものだらけ 普段の生活の中で、政治に全く無関係なものを探すのは難しい。 安全保障関連法案や、TPPなど、これぞ政治分野というものだ…