読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

子どもは遊びをいくらでも思いつく

今週のお題「何して遊んだ?」 幼少期は、とにかく外でよく遊びました。 内容は思い出そうとしても思い出せません。 遠い記憶ということもありますが、遊びのバリエーションがあまりにも多くて、ということの方が主な理由です。 自分が育ったのはごくごく普…

新しいものは、とりあえず嫌われる?

mainichi.jp また、といっては何ですが、またスマホ批判ポスター、記事です。 これまでの30年くらいでもっとも進化したデバイスは電話でしょう。 自分が小学生の頃には、まだダイアル式の電話が普通にあったし、もちろん有線でした。 それが今では、スマホを…

子どもに何かを言う前には、鏡をみること

toyokeizai.net 成績のよい子、という言葉に反応してしまう。 言葉狩りと言われてしまえばそのとおりなのかもしれない。 決められている解答にたどり着けるかどうかがものさしになる「成績」。 これが大切ではない、と言っているわけではない。 しかし、より…

ピアノとギター

ピアノもギターも、楽器としての認知度はかなり高い。 ピアノは楽器の王様といっても良いくらい、あらゆるジャンルで使われ、音域も広い。 ギターは、男女の差は若干あれど、演奏したことがある人はかなりの数になるはずだ。 自分は、この2つの楽器が弾ける…

いじめありきで考える

headlines.yahoo.co.jp 子どもを持つ親という立場になると、こういうニュースを聞く度に胸が苦しくなる。 いじめをゼロにするのはほとんど無理だ。 こういうことを書くと反論されそうだが、そもそもいじめとはなんなのか、ということを考えてみる。 少なくと…

経験ありの苦い思い出

zasshi.news.yahoo.co.jp このニュース、実際に自分にも経験がある。 中学生くらいの頃、年配(に見えた)の人に電車内で席を譲ろうとしたら、 「おれはまだそんな歳じゃない!」 と結構大きな声で怒られ、その人はその場を後にした。 周りの空気は最悪で、…

発言者は立ち位置を誤らないように

英語の人気はいまだおとろえることはないようだ。 男女ともに人気があり、習い事ランキングではスポーツ、音楽などに次いで常に上位にある。 インターネットの普及によるところも大きいようだ。 このように、とにかく英語が圧倒的で、より多くの情報を集めよ…

とても身近にあったゼロベース思考

娘の年齢が4歳になり、人としての会話を結構まともにできるようになってきた。 物心がつくのもだいたいこの位だろうから、今起こることの中のいくつかは大きくなっても覚えているのだろうな、なんてぼんやり考えてしまう。 知育ゲームなんていう呼び方をする…

動物園や水族館は虐待なのか

【完全版】 イルカのパフォーマンスショー / 名古屋港水族館 【見たい場面だけをつなげてみた】 - YouTube 動物園、サファリパーク、水族館などの施設に行くことが好きだ。 おそらく、内心では子どもよりも興奮しているのではないだろうか。 一方冒頭の動画…

秩序維持のために必要なこと〜寺院のベビーカー自粛

headlines.yahoo.co.jp こういう事が話題になるようになった分だけ、昔よりは良い時代なのかもしれない。 恐らくだが、情報が今ほど拡散しにくかった時代では、議題にもあがらなかったことだろう。 そして、そういったものの中には、考え直さなくてはいけな…

お年玉はあげるべき?貯めるべき?

今日も少し短めに。 年末年始が楽しいのは子供のうち。 こういったことを時々耳にするが、はたしてそうだろうか。 自分にとっては、やはり節目だし、これがあるから帰省してくれる友人もいるし、子供の楽しいというのとは少し違うのかもしれないが、まあそれ…

今起こっていることは、未来でどう伝えられているのか

自分が生まれてからリアルタイムで起きた大きな事件、事故。 これを4つあげるとすれば アメリカ同時多発テロ 阪神大震災 東日本大震災 地下鉄サリン事件(オウム心理教が関わる一連の事件) となる。 どの事件・事故も、あらゆる意味で凄まじいもので、その…

ある高校の話

zasshi.news.yahoo.co.jp 福岡にある立花高校の校長へのインタビュー。 この高校、実はある有名な漫画のモデルになったのもあって、自分も前から名前は知っていた。 内容からはいろいろなことを考えさせられる。 高校へ行く必要 日本の高校進学率は非常に高…

卒業アルバムがクラウド化する可能性

娘が幼稚園に通っており、イベントのたびにカメラマンが現れる。 撮影した写真は数週間後に番号を振って展示され、保護者は欲しい番号と枚数を書いた紙とその分のお金を子供に持たせる、という昔からのやり方が未だに続いている。 最近は、若者を中心に生写…

必死のパッチ〜無知の知

方言は、なんとなくその土地柄さえも表しているようで、興味深い。 標準語に勝るとも劣らない認知度を獲得している関西弁は、お笑い文化も手伝って、そのイントネーションやアクセントから、関西の土地柄を色濃く感じる。 関西弁ほど有名になれば別だが、地…

宗教色はどこまで許されるかと、保護者のあり方

民間の幼稚園や保育園の中には、宗教色を全面に押し出しているところも少なくない。 自分が行った幼稚園も仏教色が強かったところで、数珠を持って色々する(?)のだが、その年齢の子に、慎ましやかにと言うのも土台無理な話で、当然のように数珠はおもちゃ…

若い人に政治に関心を持ってもらいたいと言い続ける理由

自分が20歳前後の頃を思い返すと、政治のことなんて何も考えてなかった。まさしく平和ボケで、選挙では国は変えられないし、そもそも変わらなくても良い、と思っていた。 だから、もしかして自分には若い人に政治に関心を持ってほしい、選挙に足を運んでほし…

小学生の会話に垣間見える教育

毎朝約30分の散歩を日課となって随分経つ。 7:30から30分くらいなので、帰宅時には通学する小中学生とすれ違うことも多い。 今朝もいつものように散歩に出かけると、後ろから同じ方向に向かって歩いている小学生数名がついてきていた。 特に意識してはいなか…

音楽を習うこと、加えて記事に苦言をすこしだけ

headlines.yahoo.co.jp www.asahi.com ジャズという、日本ではあまり馴染みのない音楽ジャンルにもかかわらず、結構な認知度を誇っている矢野顕子氏。 (もはやジャズではない、という意見もあるが、ここではそもそもジャンル分け自体がどうでも良い) ピア…

スマホ子守が批判される国では、少子化が絶対に進む

zasshi.news.yahoo.co.jp 何かとスマホは悪者にされる。 会議中にスマホと見ていたら怒られるのに、資料を見ていたら怒られない。 今やスマホで資料を全部閲覧できるようにしている人なんてたくさんいるだろう。 スマホを使って資料を見たらダメで紙なら良い…

デパートの良いところ

今日は祝日かつ家族も全員休みだったので、買い物に出かけた。 普段から、ネットではなく実際に手にとってみたあとに購入したいもの、というリストを作っているので、それを買いに街に出る。 モールは市街地より便利 子供連れで街に出かけると、利便性という…

幼稚園の抽選

知り合いの子どもは、来年度4月に幼稚園に入園ということで、その準備をすすめている。 といっても、この段階での準備はなにはともあれ、入園する幼稚園を決めて手続きすること。 待機児童問題が深刻化している地域が多々ある中で、この幼稚園も例外ではない…

教育する方こそ、より勉強するべき

www.yutorism.jp こういった事実を知ると、溜息が出てしまう。 国家にとっての教育が、その後の国家の行末を決めることは間違いないが、その教育がこれでは、不安が募るばかりだ。 もちろん、これは一例であって、全ての教育関係者がこういうわけではないだ…

差別から区別、平等から公平

headlines.yahoo.co.jp 144カ国中111位とは、どう贔屓目に見てもほめられた順位ではない。 東京都知事や民進党代表が女性になったので、少しは改善の傾向が見られるのかもしれないが、男女の格差が問題となっての変化速度を見ると、あまり楽観的にもなれない…

プロフェッショナルの才能論

先日、あるプロフェッショナルに出会った。 その人は、元サッカーのプロ。 既に引退しているが、元Jリーグの選手、サッカーファンならば誰でも知っているレベルの知名度を誇る人だ。 今は、小中学生を中心としたサッカースクールで教えている。 自分はスポー…

難しい英単語〜YseとNo

子どもを物心つく前から英会話教室に通わせ、英語力を鍛えさせている親が結構いるくらい、世の中の英語の需要は高い。 世界共通語なのはもちろんだが、ここ最近特に需要が増えたのは、やはり情報のせいだろう。 これは2015年11月時点でのインターネット上の…

絶対に解決しなくてはいけない問題

digital.asahi.com 同じ年頃の娘がいる自分としては、本当に読むのが辛い記事だ。 こんなことは、いかなる理由があっても、起こってはいけない。 3歳くらいなら、大人が思う以上にいろんなことを理解し始めているはずだ。 母親という存在、その母親がイライ…

社内運動会を開催するのは良いが

www.sankeibiz.jp 2日前の記事だ。 こういった記事は、開催する会社が大きいときに取り上げられるので、中小企業は個人経営などの小さい規模のものを含めると、結構開催されているのではないだろうか。 色々と突っ込みたい箇所があるので、順に見ていきたい…

電通社員自殺問題を考える

www.huffingtonpost.jp 電通の社員自殺に対して労災認定がおりたということは、自殺した原因の一部、または多くは会社側にあるということを認めたことになる。 自殺のニュース自体はなんとも悲しい、そして腹立たしいニュースで、当然の如く電通に批判が集ま…

肌色は差別用語か

幼稚園に通う娘の父でありながら知らなかったのが恥ずかしいのだが、今時のクレヨンには「肌色」という表記がなくなっているそうだ。 本当か、と思い娘の道具箱を開けると、たしかに肌色はない。 その色そのものはあるのだが、色の名前が違うのだ。 「うすだ…

なぜ18歳で酒を飲んではいけないのか

有名アーティストが、未成年飲酒で活動自粛、というニュースを聞いたから、ではないのだが、正直この国の飲酒制限は、本当に意味をなしていないと感じる。 日本の飲酒制限、成人年齢の理由 そもそも、なぜ20歳からなのか。 それは、成人が20歳だから、という…

運動会の場所取り、男女平等、カメラマン

bylines.news.yahoo.co.jp 運動会関係のタイトル記事を、内田良氏が書いているが、自分の娘(幼稚園)の運動会に今日参加してきたので、実感をかいておく。 場所取りに驚く 夏の花火大会が好きなので、そのためにレジャーシートを使って場所取りをした経験は…

役に立つかどうか、ではなく、没頭できるかどうか

www.jiji.com 1週間ほど前の記事。 非常に残念な記事だ。 教育に対する投資がもっとも回収能率が良いことは、世界中のデータで証明されており、それを受けて各国が教育への投資額を増やしている中で、日本はそれについていけていない。 日本は不況、お金がな…

いじめはなぜ起こるのか

戦争と同じように、いじめをゼロにすることは不可能だ。 しかし、それも戦争と同じように、少しでも減らそうとする方法を探ることが最も大切。 減らすためには、いじめ発生の傾向と予防対策を立てるのがセオリー。 いじめはどうやって起こるのか いじめに関…

義務教育の限界

news.yahoo.co.jp 2日前の記事だ。 指導死、という言葉は初めて知ったが、こういったことが原因で自殺という最悪の自体をまねいたことは、これまでもあっただろうことは想像に難くない。 今回は暴力がなかったということを一つの特徴のように記事では捉えら…

普通を多用する人は、普通に考えて怪しい

普通という言葉を使うのは難しい。 そして、時にそれは都合の良いように使われてしまう。 学生時代に、生活費、その他を稼ぐため、本当にたくさんのアルバイトをした。 力仕事から接客業まで、長期も短期も、何でもやった。 そして、アルバイト面接時に最も…

固定電話の必要性

news.livedoor.com 2日前の記事だが、久しぶりに腹が立った、、とまでは言わないが、つっこみどころ満載の記事だった。 細かく見ていく。 まず冒頭、 「固定電話が無い家庭は問題アリ」という意見もあるようなんです。 意見「も」あることを言い始めたら、キ…

クリエイティブ系の学校の選び方、見方

blog.livedoor.jp 職業柄、音楽学校関係者の知り合いも多いし、実際にそこで長く働いたこともある。 音楽学校と言っても、クラシック系の所謂「音大」ではなく、ポピュラーミュージック寄りの学校だ。 音楽学校を含めた、クリエイティブ系の学校が全部ダメだ…

アクティブレスト〜活動的に休む

小中学生との関わりが普段は無いので、最近の小中学校は、2学期が今日から始まることを、朝の犬の散歩時に知った。 もしかして、自分の住んでいるところに限ってかもしれないし、地域によってマチマチなのかもしれない。 ちなみに、自分の小中学校時代は、揃…

現実を受け止めて、理想を掲げる

附属池田小事件 - Wikipedia 今日は、大阪の附属池田小学校事件の宅間守被告に死刑判決が下された日だ。 13年も前のことだが、はっきりと記憶している。 日本はアメリカと違って銃がないので、銃乱射事件が学校内で起こることはないし、今後も考えにくい。 …

親の責任、子の責任

高畑裕太容疑者の報道が過熱している。 二世タレントの性犯罪なので、過熱しないわけがない。 この容疑者をバッシングし続けても何も生まれないし、本当にバッシングして良いのは被害者と、これにより間接的に被害を受けた人たち(ドラマやCM関係者など)だ…

未来に向けての選択肢

news.yahoo.co.jp イマドキの、という言葉をあえて使うのならば、イマドキの小学生は本当に大変だ、と感じる。 親が子を思って、受験か英語か両立か、という、昔ならばなかったはずの選択を迫られ、それに振り回される子どもたち。 不況だからだろうか。 親…

実家帰省にまつわる考え方あれこれ

「夫の実家に帰省したくない」お盆の妻の憂鬱と本音 http://mainichi.jp/premier/business/articles/20160812/biz/00m/010/001000c 本当に現代の記事なのか、と疑ってしまうくらい、中身が一昔まえのことを伝えているように感じる。 帰省したくない理由の一…

育児は大変でないといけないのか

少子高齢化が日本の大きな問題になっている。 単純に考えて、支える方よりも支えられる方がかなり上回るのだから、問題でないわけはない。 ところが、そんなことを嘆く暇もないので、若い世代は、共働きしならが、節約しながら、もし年金がもらえなくてもど…

社会的弱者との、これからの向き合い方を考える

news.livedoor.com 凄惨な事件だ。 今回の舞台になったのが障害者施設。 先天的でも後天的でも、障害者がゼロになることを期待するのは現実的ではない。 つまり、何かしらのカタチで障害者とも向き合っていかなくてはいけないことだけは分かっている。 これ…

「なぜ」英語を学ぶ必要があるのか

headlines.yahoo.co.jp 口にするのが恥ずかしくなる言葉、グローバル化。 恥ずかしくなるのは、そんな言葉を使う以前に、目の前にグローバルが横たわっているからだ。 身に着けている衣服は中国製。 手元のスマホはアメリカ製。 食卓に並ぶのは、アジア諸国…

親が子どもを忘れることがあるのか

headlines.yahoo.co.jp 子どもを持つと、こういったニュースのショックが格段にあがる。 子どもは本当かわいそうで、なんとも痛ましい事故だ。 このニュースのコメントも荒れている。 その多くは、親が子どもを忘れることなんてあるのか、というバッシングだ…

政治が真面目で難しくなっている理由

投票率の低さは、世の中が安定していることの裏返しだという意見には一理ある。 しかし、政治や情勢は常に流動的だし、安定を理由に無関心を正当化はできない。 無関心「でも」よいというのと、無関心「が」よいというのは、似て非なるものだ。 政治は、無関…

敬語とフレンドリーさの間(ハザマ)で

言語はロジカルではない 母国語以外の言語の習得は難しい。 どんな言語も、それは往々にしてロジカルではないので、結局丸暗記や慣れしかないのだ。 例えば、英語は主語の人称、単複でその後に来る動詞が変化する。 I am happy. You are happy. He is happy.…

先生はどこまで特別、なのか

教育現場では、先生が特権階級を持っている。 それは指導者としては当然なのかもしれないが、時としてそこまでの権利は認められるのか、と感じる。 教育現場で、ただでさえ先生、生徒という上下関係がはっきりしているからこそ、見過ごされがちなことがある…