読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

音楽

自由とレール

toyokeizai.net 親の教育は、私が親という立場になって、本当に難しいと実感したことの一つです。 私は何かにつけて自己責任主義であり、自由主義です。 しかし、自由と責任はセットで、責任が、能力的にも社会的にもまだない子どもに対しては、大人と同じ自…

「HOW」より「WHY」

普段テレビはほとんど見ませんが、たまたま人気バラエティー番組、アメトークを友達の家に行った時に見ました。 オリエンタルラジオの中田さんが、なにやら勉強の仕方を説明しており、なにかしらそういう企画だったようです。 後で調べると、「勉強大好き芸…

芸術に勝ち負けは不要

headlines.yahoo.co.jp 音楽にさほど興味がない人でも知っているバイオリンの名器、ストラディバリウス。 その価格はとんでもないことになっています。 多くのバイオリニストは、演奏して報酬をもらい、そのお金をほとんどストラディバリウスの支払いに充て…

教則本の使い方

音楽が職業なので、これに関しても音楽に偏った意見になるかもしれません。 教則本ってありますね。 音楽に関しては各楽器の演奏方法から作曲、作詞、DAWソフトの使い方、音楽マーケティングの本まで販売されています。 どのくらいの数が売られているのかわ…

機械が得意にもタイプがある

ソフトを扱うのは得意な方です。 大体のソフトは、数時間以内に使えるようになります。 もちろん、ものによりますが、、 類は友を呼ぶのか、私の周りにはソフトの扱いが得意な人が多いようです。 しかし、得意になる過程、つまりどうやって機能を習得してい…

結果を出した人を尊敬しよう、尊敬「したい」人を尊敬しよう

今週のお題「部活動」 小・中学生の頃までは、運動部に所属していました。うち中学は入部が強制だったと記憶しています。 音楽系の部活といえばブラスバンドを思いつきますが、ピアノを習っていたこともあり、重複するのでブラスバンドに入りたいとは思いま…

その楽器は、なぜ存在しているのか

toyokeizai.net 音楽の世界に身を置くものとしては、興味深い記事です。 ピアノは楽器の王様のような存在。音域も広いし指10本をほぼ同時に使えるので和音の組み合わせも豊富。 適するジャンルもクラシックからジャズ、ポップスまで垣根がないどころか、不可…

管理する(しない)こと、される(されない)こと

headlines.yahoo.co.jp 今朝のニュースです。 こういう記事をみると、本当に時代は変わりつつあるなぁ、としみじみ思います。 というのも、私が社会に出た頃あたりまでは、社会的地位の高低と管理職は、切っても切り離せない関係、という風潮でした。 成功=…

なぜ音楽は魅力的なのか。正解はない、が正解です

音楽の世界に入って、もう結構な年月が経ちます。 世間では仕事=嫌な事、辛いこと、退屈なことといった印象を持っている人も多いし、実際にそう感じながら満員電車に揺られて通勤している人もいるでしょう。 私は全くそう思いません。思ったことはあります…

才能とお金

才能あふれる その能力が多岐にわたる お金に困らない この3つがそろうと、あまり良い結果にならないことが多い、という私なりの統計があります。 私は音楽の世界にいます。音楽と才能は切っても切り離せません。 そして、才能はあればあるほど良いに決まっ…

この2つの才能があれば、多分大丈夫です

私の本職は音楽です。 職業としての音楽は幅広く、それこそ作曲家からCDショップの店員まで、職業としては音楽と言えます。 私がその中でどこに位置しているかの詳細は省きますが、大雑把にいえば「業界内」ということになりますかね。 根源的な意義での音楽…

自分を”アゲル”方法

何事にもポジティブに向かい合いたい。 やる気をもって様々なことに臨みたい。 そうはいってもなかなか腰が上がらないことってよくありますよね。 何かをやるときに使うエネルギーは、やり始めにかなりの量を消費します。 車のガソリンも、エアコンの電力も…

JASRACの問題

headlines.yahoo.co.jp 最近なにかと話題にあがるJASRACです。 そして、なにかと批判の的になるJASRACです。 この記事では、映像制作会社が訴えられています。著作権のかかっている楽曲を使用しているにも関わらず、料金を支払っていないということですね。 …

リズム感と”足”

音楽の三要素は、リズム、メロディー、ハーモニーです。 ハーモニーはコードと言っても差し支えないでしょう。 しかし、世の中にはメロディーやハーモニーがない音楽というのは存在します。 アフリカ民族の音楽等は、打楽器のみで構成されます。 かといって…

囁き声も叫び声もちゃんと聞こえるのはなぜ?

たまには音楽の話もしましょう。 とりあえず本職なので。 音楽を聞いている人が、その音源に違和感を感じず、「普通に」聞こえる、というのは、実は音源を制作する側の技術が光っているということです。 どういうことでしょうか。 例えば、ある曲のAメロにお…

コンパクトディスクの思い出

今日は、 「それまで日本とヨーロッパだけで発売されていいたコンパクトディスクとプレイヤーが全世界で発売開始」 された日だそうです。 コンパクトディスク(以下CD)は、その名の通り「コンパクト」な「ディスク」として一世を風靡しました。 音楽の世界…

本を読むということ

headlines.yahoo.co.jp なんとも悲しいデータです。 読書は私にとって欠かせないもの、音楽と共に人生の軸になっています。 音楽について言えば、それは確かに素晴らしいのだけれど、みんながみんな聞くべきだとは思いません。 図書館など静かな空間で、微か…

ハルキストは家で作品を読もう

top.tsite.jp 書籍販売が落ち込んでいく中で、ここまで話題になる作家もすごいですね。 自分も村上春樹氏の作品は全て読んでいます。 村上氏の作品は、どれも文体が自分に馴染みます。 自分は本を書く方の人間ではないので、なぜ村上氏の作品が自分にとって…

ネクタイの作法は必要?

toyokeizai.net 記事元は東洋経済ということもあって、明らかにビジネスマンをターゲットにしています。 かつ、ネクタイなので男性対象の記事と考えてよいでしょう。 本屋の話題本のところにも、人の印象は見た目で9割が決まる、といったタイトルの本をみか…

Google AdSense 失敗

www.google.co.jp 少し前に、はてなブログを「Pro」にアップグレードしたのだが、1ヶ月でフリーバージョンに戻した。 なぜなら、Google AdSenseの登録に失敗したからだ。 そもそもProにアップグレードした理由は、Google AdSenseのサービス利用のために独自…

CDの美学?

音楽に限ったことではないが、不況が叫ばれて久しい。 こと、音楽において分岐点になったのは、ダウンロード販売だろう。 そして今ならばストリーミング(聴き放題)サービスが、ビジネスモデルの変化をさらに早めている。 これらのサービスが始まるまでは、…

ある友人のはなし

薄っぺらい美談は好きではない。 しかし、美談は素晴らしい。 ◆ 2年前のその日、ミュージシャンである友人は夫から衝撃の告白をされた。 癌、余命は長くて半年。 結婚したのが4年前。 音楽的に言えば、あまりにもダイナミクスがありすぎて、コンプレッサーが…

本との出会いが人生を変えた

今週のお題「私のタラレバ」 久しぶりに今週のお題にのっかってみよう。 自分の「タラレバ」を考えてすぐに思いつくのは、大学の頃。 幼少期からピアノを習っていたのもあり、周りにいた人よりは音楽スキル向上が早く、そのアドバンテージを利用して、なんと…

日本における著作権の難しさ

www.asahi.com 年に数回は、音楽著作権関連のニュースを目にする。 ニュースになるというのはつまり、その管理や捉えかたが難しいから、物議を醸しやすいということであろう。 この記事にしても、音楽教室から著作権料を徴収するのが、まるで税金を払うこと…

ピアノとギター

ピアノもギターも、楽器としての認知度はかなり高い。 ピアノは楽器の王様といっても良いくらい、あらゆるジャンルで使われ、音域も広い。 ギターは、男女の差は若干あれど、演奏したことがある人はかなりの数になるはずだ。 自分は、この2つの楽器が弾ける…

小説に出てくるような店と、小説に出てくるような客のはなし

随分まえのこと、自分はJAZZ喫茶で働いていた。 オーナーは別の店も経営していてそちらにつきっきりだったので、JAZZ喫茶の方はすべて自分が管理していた。 開店から閉店、その日の売上帳の記入もしたし、月の売上報告もやった。 不定休で、休みというのはつ…

絶対音感を持っている「残念」な人

絶対音感 聞いたことがあるかもしれない。 音楽にかぎらず、身の回りにある音の音程をすぐに判別できる、というあれだ。 ミュージシャンとしての活動をしたことがあるひとならば、その言葉を聞く機会はさらに増える。 絶対音感がない人にとっては、救急車の…

たばこのこれから

toyokeizai.net 音楽の世界にいると、いかに喫煙者が減ったかを思い知る。 自分が学生でバンドをしていたとき、サークルの部室も喫煙可、ライブハウスも客席、楽屋問わず喫煙可で、逆に禁煙のライブハウスなどほとんどなかった。 今は禁煙のライブハウスもよ…

ライブとレコーディング

今回は、ガッツリ音楽で。 音楽を始めるきっかけになるのは、ライブ(コンサート)ということが多い。 自分が学生の頃くらいまでは、ネットがまだなかったので、ライブはライブ映像が入ったビデオを買わない限り見ることができなかった。 音源を聴き込んで、…

牛乳と石油の値段、時給の話

一時期ほどではないが、昔に比べればガソリンはやはり高くなったと感じる。 自分が学生だった頃はバイクに乗っていたが、その時のガソリンは、安いところでは100円/L(レギュラー)を切るところも結構あった。 おそらく今はそんなところはそうそうないだろう…

演者は、とにかく客を満足させることを考える

grapee.jp 音楽、ことPOPSのライブでは、トラブルがつきものだ。 アマチュアが小さなライブハウスで行うライブの場合は、一晩で4,5バンドが出演することもあり、トラブルが起きやすくなるのは致し方ない。 しかし、ホール級の場所でコンサートをする場合です…

音楽理論が壁になっている人へ〜特に問題なし

音楽の夢を持っている人は多い。 しかし、その夢をかなえられる人は氷山の一角だ。 スポーツであれば、例えば100mを10秒前後で走る事ができれば、オリンピックに出るという夢はほぼ叶うが、音楽の場合はそういった明確なボーダーがない。 それを前提に、音楽…

今年の抱負は、昨年できていたことの継続

今週のお題「2017年にやりたいこと」 せっかくなのでお題にのっかってみる。 毎年この時期には、色んな人の抱負を耳にする。 しかし、抱負は実践しないと意味がない。 昨年初に考えた抱負は、覚えているだろうか。 ということで、自分も抱負を考えてみる。 …

ぼくたちは、「なぜ」働いているのか

www.yomiuri.co.jp 労働は、多くの人にとって人生の重要な部分を占めている。 働き方は、その人の人生を大きく左右する。 社会としては、その働き方をどうみなしていくか(どう舵取りしていくか)を注視する必要がある。それは、国家としてのあらゆる力に直…

花火大会は、夏以外の季節の方が良い

旅先なので、少しだけ。 正月の旅として、ある場所に来ているが、そこではイベントで花火大会があった。 これまでの人生で夏以外に花火大会を見たのは初めてだ。 正直夏よりも見やすい。 というよりも、そもそもなぜ花火は夏なのか。 花火大会に至っては、人…

現場の緊張/今年の目標を掲げる人へ

新年あけましておめでとうございます。 今年も、ほぼ休むことなく更新していいきますので、どうぞよろしくお願いいたします。 headlines.yahoo.co.jp 早速昨夜の紅白に関する記事が出ている。 ひねくれ者の自分は、この記事をこのスピード感で仕上げたライタ…

音楽のプロの仕事は、縦をそろえて、間違えないこと

音楽の世界に入って、ミュージシャンのプロと呼ばれる人たちへの見方が大きく変わった。 どの世界でもそうだろうが、入ってみないと気づかないことが多くある。 音楽の場合、一般の人に見られる職業なので、プロとしての仕事も見えていると勘違いしがちだ。 …

紅白は変わるべき?変わらないべき?

音楽と紅白 音楽の世界に身を置くものとしては、やはり紅白歌合戦の存在は、好き嫌いということは別にしても大きい。 今はそうでもないが、以前は音楽を目指しているというだけで、高齢層を中心に「いつか紅白に出られるようになるといいね」と言われていた…

面倒くさがり屋の独り言

今日は短めに 今日は仕事のパソコントラブル解決に一日を費やした。 そして、完全解決には至っていない。 具体的なトラブル内容は、音楽関連のことばかりなので、あまりにマニアックすぎる故割愛するが、トラブルは各々が関係ないものが同時に3つ起こった。 …

音楽を習うこと、加えて記事に苦言をすこしだけ

headlines.yahoo.co.jp www.asahi.com ジャズという、日本ではあまり馴染みのない音楽ジャンルにもかかわらず、結構な認知度を誇っている矢野顕子氏。 (もはやジャズではない、という意見もあるが、ここではそもそもジャンル分け自体がどうでも良い) ピア…

「今年、買ってよかった物」は、一般意志2.0

お題その2「今年、買ってよかった物」 せっかくなのでこのお題にのってみる。 物、に含まれるかどうかわからないが、この本だ。 一般意志2.0 ルソー、フロイト、グーグル (講談社文庫) 作者: 東浩紀 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/12/15 メディア: …

ライブの鑑賞の仕方

世の中にはいろんな意見の人がいる中で、自分のしっかりとした意見を持つことと、それを他人に強要しないこと、議論を重ねることを心がけることが、何よりも大切な時代だと思う。 しかし、しっかりとした意見を持とうと考えている途中のこともあるわけで、そ…

ピアノを習うことは、音楽において良いことばかりではない

ピアノを始めたのは4歳、、、らしい。 物心ついたときには、すでにピアノを弾いていたから、親から聞いた話だ。 ピアノはクラシックから 今の子どもピアノレッスン事情には詳しくないが、当時はバイエル、ブルグミューラー、ハノン、ツェルニーといった、「…

イベントにおける音楽ジャンルのバランス

娘が幼稚園に通っていることもあり、住んでいる地域の文化祭に出かけてきた。 (地域の文化祭なんてものがあること自体を知らなかったが) 様々な「出し物」があり、その中に幼稚園の出し物もあるというわけだ。 幼稚園の出し物は、それはそれは微笑ましいも…

喪に服す

famo-seca.hatenablog.com 数日前に、生死の問題を取り扱うのは難しいという記事を書いたばかりというのに、一昨日同じ業界内の知りあいが、自らの命を絶った。 現代では、遺言すらSNSに投稿するものなのか、自殺する直前に書いた内容はどう見ても自殺をほの…

環境の変化に比べて、ヒトの変化は著しく遅い

フリーランスの為のお役たちサイト「レバテック」に、記事を掲載して頂いた。 freelance.levtech.jp 大変うれしいことだと思う反面、自分以外の方の記事が本当によく出来ている、と思い少しへこんだあと、良い刺激と思うようにした。 ブログを書き続けて気づ…

おそらく最も有用な能力

人はみな違う。顔も身長も、もちろん指紋も違う。 だから、当然各々の生まれつき持った能力、才能も違う。どんな分野においての才能も、みんな違う。 みんな出来るのに、なぜあなたはできないの?という質問には、回答しようがないことも多い。なぜあなたは…

Spotify ~無料プランをポジティブに捉えて使う

やっとのことで日本上陸したと思ったら、招待制で焦らされていたSpotifyだが、コードがおくられてきて、遂に自分もサービスを利用できるようになった。 いきなり話がそれるが、こんなにサービスを焦らされたのは、ADSLサービスが突然低価格化して一気にブロ…

現在、過去、未来

時間は元に戻せないから過去は変えられないが、未来は自分たちの力で作ることができる。 より良い未来を作るために現在何をすべきかを、過去の教科書に学ぶ。 これが現在、過去、未来の捉え方だ。 あたり前のことだが、時間は連続的なもので、これを書いてい…

何かと批判されるJASRACだが

JASRACは、日本音楽著作権協会のこと。 その名の通り、日本の音楽著作権を管理している団体だ。 そもそも、音楽にはカタチがない。 レコードやCDには形があるが、音楽自体にはカタチがない。 カタチがない。 だからこそ、これは管理が非常に難しい。 例えば…