日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

お金持ちの豪遊と聞いて抱く印象

f:id:famo_seca:20151028161911g:plain

 

自分たちが若い頃は、節約=善、浪費=悪という風潮が強かった気がする。

簡単に言えばお金はつかうよりも貯めるほうが正しい、ということだ。

これは本当だろうか。

 

お金は交換価値しか無い。

つまり、使わないと意味がない。

そして、景気を決定づけるのはそのお金がどのくらいまわっているか、だ。

2人だけで例えれば、、、、

カップルがクリスマスプレゼントをお互い買って、偶然ながらそれがどちらも5,000円だった場合、どちらも5,000円ずつのものを受け渡しするのなら、お互いにやらない、となるのが不景気、どうせ同額くらいのものをもらえるならば、10,000円のものを買おう、となるのが好景気だ。

最終的に持っている「資産」ではなく、最終的にお金がいくら「動いたか」。

 

日本は今不景気だ。つまりお金が回らない。このときには、デフレスパイラルという現象が起きる。

給料が安い→買い物を渋る→店が儲からない→店の従業員の給料が下がる

という状態。

 

当たり前だが、不景気より好景気の方が良い。そして、好景気になるためにはデフレスパイラルを脱しなければならない。

デフレスパイラルを脱する唯一の方法は、お金をつかうことだ。しかも、できるだけ多く使ったほうが良い。

 

お金持ちの豪遊と聞いて、あまり良い印象を受けない人も多いだろう。

しかし、お金持ちが、たとえその使いみちがどうであれ、お金をどんどん使うと、使われた側(服を買ったら服屋さん、旅行に行ったら旅行会社や交通機関)に利益がもたらされる。結果、給料があがる方向になることが期待できる。

 

豪遊だろうがなんだろうが、お金は使ったほうが良い。

当たり前だが、お金持ちの貯金は全くその逆で、景気に対しては何も良いことは無い。

企業の過剰な内部留保などもっての外だ。

 

節約=善、浪費=悪という考え方はそろそろ捨てておかないと、本当に不況から出られなくなってしまう、そのしわ寄せをくらうのは、いつも次の世代だ。

バブルが弾けたしわ寄せを僕らがくらっているように。