日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

ボランティアやチャリティーのあり方

f:id:famo_seca:20151204164956j:plain

東日本大震災は、自分が生まれたあとに起こった天災の中では、最も大きなものだ。

津波の映像をリアルタイムで見た時は、映画か何かかと思ったくらい衝撃だった。

原発の根本的欠陥を世にしらしめることになり、今そのあり方が問われている。

 

さて、自分は音楽が仕事だ。

震災、音楽と聞いて、次に連想される言葉はなんだろうか?

 

そう、チャリティーライブである。

街はチャリティーライブだらけ

震災からしばらくの間は、日本全国でボランティア活動やチャリティーライブが行われた。

その収益の全部、または一部を義援金として被災地に送る、といった活動は素晴らしいと思う。

 

しかし、だ。

 

ボランティアやチャリティーライブは、あくまで自主的に行われるべきであり、強制は絶対にあってはならない。

つまり、ボランティアやチャリティーライブは、人にお願いするものではなく、自分から行うものであるべきだ。

チャリティーライブでもお金を払うべき人?

震災から1週間くらい経った時に、あるイベンターから、チャリティーライブのお誘いを受けた。

5~6組みのバンドを集め、集客し、その収益の一部を義援金にするというものだった。

ここまでは良い。

しかし、残った収益は何に使ったかというと、ライブがあった場所代として、それから、その日の音響(PA)をやった人のギャラになったのだ。

 

演奏する自分たちは一円のギャラももらわずに、PAと箱にはお金を出す、というのはどういった発想なのだろうか。

PAは機材運搬費があるという。

しかし、当然ながら演者にも交通費や楽器運搬費がかかっている。

箱は、飲食代原価だけはもらわないとできない、ということらしい。

しかし、音楽だって無料でできるわけではない。

ギターなら弦、ドラムならスティックなど消耗品もあるし、普段の練習やリハーサルでもちゃんとお金を払ってやっている。

この分は、いわゆる原価と同じだろう。

 

音楽は形がない。

だから、時として無料で依頼することへの抵抗感が少なくなるようだ。

プロで演奏している人に、お金を払わずになんか演奏して、というのは、飲食店で、無料で何か出して、ということと全く同じ事だ。

チャリティーライブのあるべきかたち

もしチャリティーライブをギャラ無しでするのならば、そこに関わる人全員にお金が発生してはいけないだろう。

いや、演者にギャラがないことを説明して出演依頼したように、箱やPAにも、その旨伝えて依頼するべきなのだ。

そういった人が見つかるまでは、やらなければ良い。

 

また、あの時期は、ギャラは全て義援金に回す、という空気が強くあった。

逆に、ギャラを懐に入れると、白い目で見られるような風潮が間違いなくあった。

 

しかし、考えてみてほしい。

音楽のプロがギャラをもらうのは、サラリーマンが給料をもらうことと全く同じことだ。

あの時期に、給料を全部義援金に回した人なんていないだろう。

人助けは、自分のアタマで考える

被災者は本当に大変だろう。

想像も絶する苦労が今でもあるに違いない。

それはやはり助け合わなければならない。

その助けあいの方法は、自分たちでしっかり考えた結果のものならば、どういったものでもよいと思う。

 

それがお金の人もあるだろうし、物資のこともある。

声に出して応援するだけでも立派な手助けだ。

 

決してボランティアやチャリティーライブはだけではないはずだ。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

 

famo-seca.hatenablog.com