日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

自分が考える習慣化のたったひとつのコツ

f:id:famo_seca:20160113112839j:plain

仕事術や自己啓発本がいまだよく売れるのは、自己向上心が高い人がたくさんいて、かつそれがうまくいかない人が多いからであろう。

自分で言うのも憚られるが、自分は結構習慣化は得意な方だ。

そんな自分の習慣化の方法を紹介する。

習慣化に失敗する理由は、ほとんどの場合、、、

習慣化が失敗する理由をきちんと分析しないことには、その傾向と対策のたてようもない。

そして、自分の周りで習慣化に失敗する人はここが大抵抜けている。

さらに、失敗の理由も実は結構共通している。

 

習慣化はそもそも何のためにするか。

それは上述したように、自己向上のためだろう。

とういことは、習慣化しよう試みているとき、つまりそれを始めようとしているときは、そのモチベーションがかなり高い時、いうなれば「やる気スイッチ」がはいっている状態だ。

 

やる気スイッチが入っているときは、自己催眠にかかっているようなもので、何でもできてしまう気がする。

実際に、様々なことが出来てしまったりする。

 

しかし、やる気スイッチがずっと入っている状態のはずがない。

(もしそうならば、習慣化に苦労なんてしない)

つまり、やる気スイッチが切れている時があるのだ。

習慣化しようとしていて、日々継続中に断念してしまうのは、ほとんどの場合この時だ。

 

要するに、やる気スイッチが入っている時に設定した習慣化のハードルを、やる気スイッチが入っていない時に超えられない。

とにかくハードルをうんとさげる

では、これを踏まえるとどんな方法が考えられるか。

そもそもやる気スイッチがはいっていない時というのは、習慣化項目を考えようともしないだろう。

だとすれば、想像力を働かせるしかない。

想像力と書くと難しく聞こえるが、つまり、思いっきりハードルを下げるのだ。

どのくらい下げるか。

それは、自分が相当に疲れていて、眠たくて、ストレスもたまっていて、といったマイナス要素たっぷりの時でも、このくらいだったらできる、というハードルに設定する。

分からなかったら、思いっきり20%くらいにしてしまうことをおすすめする。

 

例えば、毎日ジョギングをすると決めたとする。

その距離を理想的に「毎日5キロ」と設定したら、ほぼ失敗する。

5キロの20%なら1キロ、これで2週間続ける。

 

「1キロくらい余裕だ!」と最初は誰もが思う。

しかし、その考えはやる気スイッチが入った状態での考えにすぎない。

実際にやってみれば、毎日必ず1キロというのは意外に難しい。

 

ここで、もし1キロでも断念したらどうするか。

簡単だ。500mにすればよい

 

要するに、2週間続けることを固定化し、それができるハードルに設定するということだ。

継続達成後に、ハードルをほんの少しだけ上げる

見事2週間継続できたら、ほんの少しだけハードルを上げる。

この時、それまでの倍なんかにするのは愚の骨頂だ。

1キロで成功したら、1.5キロくらい。

これでまた2週間。

そうやってハードルを徐々にあげていき、これ以上ハードルをあげたら習慣化しない、というところまできたそのハードルが、その人の限界値。

一生続ければ、ハードルの低さは問題ない

習慣化の目的は、その名の通り「習慣」にすること。

ハードルはどれだけ低くても、続けることが何にもまして重要だ。

毎日1キロでも、1年で360キロ走ったことになる。そのあとさらにその距離は伸び続ける。

毎日5キロでも、1ヶ月しか続かなかったら、150キロ走って、終了となる。

その差は歴然だ。

 

是非お試しいただきたい。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

 

famo-seca.hatenablog.com