日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

小学生の頃の恥じらいで、人を傷つけた思い出

今週のお題「バレンタインデー」

f:id:famo_seca:20160213114554j:plain

バレンタインデーに関しては、忘れられない小学生の頃の思い出がある。

 

自分の通っていた小学校は、とにかく男子と女子の距離が遠い。

 

famo-seca.hatenablog.com

 

こういった学校だったので、当然だがバレンタインデーがやってきても、特別なことは何一つなかった。

心のなかでは思うところがあったのかもしれない。

しかし、それを口にできるような空気ではなかった。

やはり空気の力はすごい。

 20年以上前に起きたバレンタイン事件

事件が起きたのは、小学生最後の6年生の2月、つまりあと数ヶ月で卒業という時期にむかえたバレンタインデー。

その日も自分は普通に学校に行き、普段通りの時間をすごしたが、2時限目のあとの休み時間に、別のクラスの女の子に呼び出された。

 

「放課後にあなたに渡したいものがある、っていう人がいる」

 

バレンタインデーなんて気にしていない、というのが、自分の自分に対する嘘だとはっきり自覚した。

なぜなら、その言葉を聞いて、自分は体が固まりまくったからだ。

なんでもない日なら、そうはならない。

バレンタインデーだから、ということをアタマの片隅においているから、こんなにからだが硬直するのだ。

 

しかし、当時の自分は完全に空気の力に支配されていた。

どんな空気かというと、要するに女の子となんか話さないよ、という空気だ。

結果、その依頼を断ったのだ。

 

下校は、いつも同じ方向に住んでいる友達と一緒だった(もちろん男子)。

その日も、やはり普段と同じく下校していたら、なにやら後ろの方から追いかけてくる声が。

それは、昼間に自分に例のお願いをしてきた女の子を含む3人の女の子グループだった。

その中の1人の女の子の手には、あ・き・ら・か・にバレンタインのチョコレートがあった。

 

もしかして、自分が1人だったら素直にもらっていたかもしれない。

しかし、一緒に下校している友達のてまえ、そうもいかなかった。

その結果、どうしたか。

 

そう、逃げたのだ。

全速力で。

 

それから卒業までの間に、その女の子と会ったのかどうかすら覚えていない。

しかし、自分の中には恐ろしいくらいの罪悪感が居座り続けた。

それから約5年後

小学校を卒業し、中学校も卒業して高校生になった。

当時仲の良かった友だちに、一連の話をすると、

「それは、今からでも謝るべきだ」

という。

 

確かにそうだ。

 

小学校の卒業アルバムを引っ張りだし、電話番号を調べ、自宅に電話した(当たり前だが、当時携帯はない)。

緊張したが、昔ほど弱い心を持っているわけではない。

ちゃんと会う約束をし、数日後に、数年振りの再会を果たす。

そこで、当時のことを深く、深く謝った。

当時は、相当に傷ついたらしいが、今は気にしていないということだった。

 

ドラマではないので、別にその後付き合い始めた、なんてことはなく、その日以来今日まで彼女には会っていない。