日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

大学の時に、小学生の頃の記憶に触れて思い出したもの、その名もメッコール

以前も投稿したが、まずいものを探すのは以外に興味深い。

 

famo-seca.hatenablog.com

 

メッコールを思い出したきっかけ

大学在学中に、サークルメンバーで雑談。

その中で、まずいものの話題になった。

 

ある男が、「メッコールという飲み物がまずい、と聞いたことある」というのだ。

このとき、自分は記憶の奥底を突っつかれた気がした。

メッコールメッコール、、、

どこかで聞いたことがある、いや飲んだことがある。

そしてついに思い出した。

小学生になるかどうかくらいの年齢の頃、つまり大学生にとっては15年くらい前だが、祖母の家の冷蔵庫に数本常備してあり、たまにそれをもらって飲んでいた。

 


そして、小学生の自分にとっても、それは間違いなくまずかったという記憶がある。

 

その男は、聞いたことがあるだけで実際に飲んだことはないらしく、そこにいた他の人は名前すらきいたことがなく、興味津々だ。

となったら、暇な大学生は当然メッコールを買いに行く。

メッコールを探すのにインターネットは欠かせなかった

しかし、これの読者にメッコールを知っている人はどれくらいいるのだろう。

少なくともそこにいた人で経験者1人、聞いたことがある人が1人、残り数人(多分5,6人)は全員知らないという認知度の低さだ。総ヤスヤスとみつかるはずもない。

 

しかし、まさにその時期に急速に発展していたサービスを思いついた。

そう、インターネットだ。

当時はまだブロードバンドではなかったし、検索テクノロジーもそんなに発達していなかった時代だ。

それでも、頼るのはこれしかない、ということで必死に探した。

 

すると、まずいメッコールをみんなで愛する「メッコール愛好会」という素晴らしいサイトがヒットした。

しかも、そのサイトには、全国のメッコールを買える場所の情報まで掲載されていた。

いざ、メッコールを求めて出発、そして再会(?)

またまた暇な大学生は、最寄りの場所をメモして、すぐに出発。

最寄りといっても、大学から車で2時間はかかるところで、なぜか大学生グループに1人はいる、車所持の学生の家におしかけ、事情の説明もテキトーに、ほとんど強制で例の場所へ向かった。

 

その購入可能場所には、なんとメッコールしか選択肢がない自動販売機はあった。

自動販売機を見たのは、自分も初で、なんとも言えない感動を覚えた。

 

早速全員購入して、飲んでみる。

 

 

 

 

最高だ。まずい。ありがとう。

 

 

その後、できるだけたくさんのメッコールを自動販売機で購入して帰路につき、数日後にあったサークル部会で回し飲みをした。

部室内には、男たちの(男しかいないサークルだ)雄叫び(というより悲鳴)があがった。

 

今では、そのまずさにより認知度も上がったらしく、ちょっと変わった雑貨屋などで購入可能だ。

アマゾンにも売ってある。

 

メッコール 250ml × 30本(1ケース)

メッコール 250ml × 30本(1ケース)

 

 

ぜひ飲んでいただきたい。

ネタとして。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

 

famo-seca.hatenablog.com