日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

Not Enough Strageの対処法

f:id:famo_seca:20160301102619p:plain

 

iPhoneを使ってもう長いが、先日上のメッセージが表れて困ったことがあり、それを解決できたので備忘録的に記しておく。

 

意味は「iCloud」にバックアップ方のサイズが大きすぎる、ということ

上のメッセージを普通に読むと、iCloudの容量がいっぱいで、バックアップがとれません、ということだ。

しかし、逆に言えば、バックアップする方のサイズを小さくすれば、問題ないということ。

そして、デフォルトでは全てのアプリのバックアップを取ろうとするので、上のメッセージが出るということになる。

つまり、手動でバックアップをとる必要のないアプリを除けば良い。

 

設定アプリ→iCloud→容量→ストレージを管理→バックアップの「◯◯_iPhone6 このiPhone」とたどると、下の画面になる。

 

f:id:famo_seca:20160301103621j:plain

 

ポイントは、赤丸のところで、これが結構時間が経たないと、この画面のように「0バイト」と表示されたままだ。

これがちゃんと表示されるまで待つのがポイント。

 

表示されたら、下の全てのAppを表示をおして、各々のアプリのバックアップ作成サイズを確認。

大きすぎるものをオフにする。

その後は、ひとつ前の画面にもどってまたこの画面に戻ってくる。

ここでも「0バイト」でなくなるのを待って本当のバックアップ必要量を確認する。

 罠がもう一つ

各々のアプリのバックアップ作成サイズは、実は結構まちがっていることもある

自分の場合はGoodReaderというアプリのサイズが全然違った。

 

この場合はというと、一つ一つオフにして、バックアップ必要サイズを確認して(つまり上記作業を繰り返して)いくしかない。

結構時間がかかる。

 Appleの戦略か?

iCloudの容量は、結構安価で増やせるので、この作業が面倒なら容量を増やせば良いが、自分としては、Appleがわざと面倒にし、容量アップに誘導しているかもしれない、というひねくれた憶測をしてしまうので、容量は無料のまま(5G)だ。

 

ストレージサービスは、今はたくさん選択肢があるので、iCloudのバックアップにこだわる必要はない。

もちろん、純正サービスなので使い勝手は良いが、慣れれば他のバックアップ方法でも問題なくいける。

 

自分が使っているストレージサービスは、

といったところだ。

どれも無料の範囲で使っているが、特に不満を感じたことはない。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

 

famo-seca.hatenablog.com