日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

震災の日に

今日は、これを投稿すべきだ。
 
5年前の今日起きた震災。
人が自然の前にどれだけ無力かを思い知った日。
人が作った原発が、どれだけコントロールの効かないものかを思い知った日。
昨日と同じ今日が明日も続く、ということが幻想でしかないことを知った日だ。
 
自分は被災者ではない。
だから、軽々しく「被災者の気持ちを思いやって」という言葉は使わない。使えない。
被災者のことを可哀想と思ったり、哀れんだりだとかすることには、どれだけの意味があるのか。
 
自分たちのような直接の被災者ではない者達が、今できることは何だろう。
ボランティアに行く。
義援金を送る。
式典を開き、忘れないように心に刻む。
チャリティーイベントを行う。
 
どれも大切な行為だ。
しかし、上述したように、被災者にはなれないし、被災者の気持ちもわかるわけがない。
だとすれば、そういった行為の根本原理は、「自分が生きている」ことの再認識であるべきだ。
 
残された自分たちにできることは、生きること。
生きることの素晴らしさをしっかりと考えること。
あの日から今日まで生きてこれたことに心から感謝すること。
これからもしっかりと生きていくこと。
 
生きていくことをしっかりと認識できれば、そのカタチがどういったカタチでも良い。
普段通り仕事をする。
友達と楽しく騒いで飲む。
曲を作る。
ボーっとする。
ブログを書く。
なんだって良いのだ。
今自分達がしていることは、生きているからこそできるのだから。
 
震災で犠牲になった方に、心よりご冥福をお祈りいたします。