日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

HDDをSSDへ

仕事上、コンピュータ(mac)をフルに使うので、日々のメンテナンスが必要だ。
以前の話だが、バックアップ用のHDDを3つ用意していたが、ある日雷が落ちて、宅内のコンセントまで電流が入ってきた結果、電源につないでいたHDDが全てとぶ、ということもあった。
この事故直後は、仕事の取引先にも同情されたが、時が経つと同情の気持ちは薄れ、逆にその事故によって失われてしまった自分のデータのせいで、いかに迷惑がかかっているか、を言われることが多くなった。
今では、HDD3台プラスクラウドに3箇所の計6箇所にバックアップをとっている。

 

また、メンテナンスだけでなく、コンピュータのパフォーマンスにも気を使わなければならない。
ソフトの使用するメモリとハードウェアのスペックアップはイタチの追いかけっこ状態なので、必然的にスペックアップをしなくてはならない。
その基本の一つがHDDからSSDへの換装。
 
自分のmacは2011年に購入したラップトップだが、メモリをあげてHDD・SSD換装をしているので、まだなんとか使えている。
たまにcore2duoに限界は感じるがギリギリ、といったところだ。
 
HDD・SSD換装は、意外に簡単にできるので、説明しよう。
 
まずは規格通りのSSDを買う。
自分の場合は、macのラップトップなので、2.5インチSATASSD、容量は512GB。

 

Transcend SSD 512GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC採用 3年保証 TS512GSSD370S

Transcend SSD 512GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC採用 3年保証 TS512GSSD370S

 

 HDDより大きければ、好きに選んで良い。

 
そしてこれ。

 

センチュリー 裸族のお立ち台DJ クローンプラス HDDコピー機能搭載 CROS2EU2CP

センチュリー 裸族のお立ち台DJ クローンプラス HDDコピー機能搭載 CROS2EU2CP

 

 

商品名が変だが、有名な製品だ(これが自宅に届いたときは、商品名のせいで、家族にかなり白い目で見られた)。
これで、HDDからSSD、にクローン(完全複製)をかける。
この製品でなくても、下記ソフトを使えばクローンはできる。

Mac Backup Software | Carbon Copy Cloner | Bombich Software

(ちなみに、このソフトは基本有料のはずだが、なぜか試用段階で問題なくコピーができるので、実質無料)

クローンが完了したら、ラップトップの裏側のネジをはずして、中からHDDを取り出す。
 

f:id:famo_seca:20160316151829j:plain

 
取り出したら、HDDの横についている丸いぼっちみたいなものを、星形(トグル)ドライバーで外す。

 

f:id:famo_seca:20160316152506j:plain

アネックス(ANEX) ヘクスローブドライバーT型 T6×50 No.6300

アネックス(ANEX) ヘクスローブドライバーT型 T6×50 No.6300

 

 

クローンをした方のSSDを取り付けて、HDDがあったところに取り付け、元に戻せば完了。
 
取り出したHDDの方は、念の為に1ヶ月くらいそのままで保管しておき、問題なく動作していたら、フォーマットをして、外付けHDDとして使用すると良い。
そのためのケースも売ってある。
HDDからSSDに換装したときのパフォーマンスはアップは、メモリを変えたところではない。
まさに、劇的に早くなった、と言って良いと思う。
SSDも充分に普及し始めたせいか、最近では単位データ量あたりの値段もHDDとあまりかわらないくらいまでになったので、最近macがよく止まる、と言う方は、ぜひお試しを。