日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

エアコンのいらない季節

f:id:famo_seca:20161010133433j:image

 

日本には四季があり、しかも最近は春と秋を感じる間も無く季節が変わるので、実際には二季という印象もある。

 

大抵の人には、四季で最も好きなのは、という質問に、春か秋と答える。

 

これはつまり、大抵の人にとって夏は暑すぎるし、冬場寒すぎるということを示しているのだろう。

 

自分もそう思う。

 

これにも増して日本は海に囲まれているので湿度が高い。

 

肌の弱い人や化粧をする人にとっては、湿度の高さは悪ばかりではないだろうが、特にそういったことを気にしない自分にとっては、湿度は敵だ。

 

ほとんどの楽器の「鳴り」も悪くなる。

 

湿度の低い、且つ気温の高い地域(アメリカ西海岸などが顕著)に行くと分かるが、日本の夏の厳しさは、その気温ではなく湿度だということを思い知らされる。

 

そのくらい、湿度さえ低ければ過ごしやすい。

 

年中湿度が高い割に、梅雨(つまり雨季)もしっかりやってくる。

 

地球規模で考えれば本当に小さな島国にも関わらず、狙ったように台風がいくつも押し寄せる。

 

天災のなかで最も被害が大きく、予測も難しい地震も多い。

 

こう考えると、日本というのは地理的には決してすごしやすい場所とは言えないようだ。

 

四季折々の風景を楽しめるといった良い面もあるが、自分の価値観ではそれよりもマイナス面の方が目立つ。

 

そんな風景を見たいのならば、そういった場所に旅行に行き、非日常を堪能すれば良いのではないだろうか。

 

日常に四季折々の風景は特に求めない。

 

とまあ、そういう日本で今は、年間を通じてかなり快適な時期だ。

いわゆるエアコンのいらない季節。

 

年のほとんどがこんなに快適ではないので、こういう時にこそ小旅行に行きたくなり、出かけた。

 

今日は天気も良く、気温も良く、しかも休日なので、最高のお出かけ日和。

 

ちなみに、日本に四季があるおかげで、衣替えもしないといけないし、エアコンも必需品となっているが、もしここまではっきりとした四季がなく、一年を通じてある程度快適な気候が続いたとしたら、日本のアパレル業界や季節家電業界は、やはりその多くが経営危機に陥るのだろうか。

 

当然ながら日本から四季をなくすことは出来るはずもなく、それによって業界が潤い、その一部が税収となるのならば、四季があるメリットと言えるかもしれない。

 

尚、オシャレ好きの中には、四季があるから服を買うきっかけになる、といったことをいう人もいるが、それは解せない。

 

気候に頼らないとオシャレができないくらいの人は、オシャレとは呼べないのではないだろうか。