日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

キーワードは簡単・便利・エコ

2日前の記事だ。
 
タイムズカーシェアは、自分の住んでいる地域にも展開しており、利用している知り合いも多い。
 
確かに便利だろう。
自分は今自家用車を持っているので使うことはないと思うが、今学生で、お金がないけれども車が使いたいという人なんかにとっては、最高の使い勝手だろう。
 
まず車を所有すると、
  • 車体費
  • 燃料費
  • 車検費
  • 税金
  • 駐車場代
  • 保険代
が必ず発生する。
 
アルバイトでどうにかなる金額ではない。
自家用車を持つ理由があるとすれば、これだけのお金を払ってでも、所有欲を満たしたい、またはわずかばかり上回る便利さを享受したいということだろう。
(では自分がなぜ持っているのか、ということになるが、それは長くなるので割愛)
 
タイムズカーシェアに関して言えば、発生するのは
  • 会員基本料
  • 使用代(時間依存)
だけだ。
なんと、燃料費もかからない(というか含まれている、とのこと)。
 
燃料費がかからないこともそうだが、他にも既存のレンタカーとの違いはある。
その一つが、利用のスムーズさだ。
 
予約、使用、返却まで全てをスマホで可能。
24時間対応、アプリで空車を見つけて予約可能。
誰かと話して手続きをするといった手間は一切不要だ。
 

様々な分野で起こる変化

 
冒頭記事の内容は、つまり「現在よくいわれる“若者のクルマ離れ”は、“若者のクルマ購入離れ”である」という文章に集約されている。
 
これは、クルマだけでなく様々な分野で起こっている現象だ。
 
例えば、若い女性を中心に普及しているメルカリというサービス。
シンプルなフリーマーケットサービスだ。
しかし、なんといっても出品、購入が驚くほど簡単だ。
タイムズカーシェアと同じように、全てがスマホアプリで完結する。
 
音楽では聴き放題サービスのspotifyapple music、映画・ドラマではhuluやNetflix、それらを全般的に網羅しているAmazon
 
これらが普及してきた理由は、よくよく考えれば当たり前だ。
これらのサービスは共通して、簡単・便利・エコを実現しているから。
 
「簡単」は上述したように、スマホアプリをベースにしてあり、そのインターフェイスはうなるほど洗練されている。
ウィザード形式を採用してあり、それをすすめるだけで登録が終わり、初回登録以降は指紋認証のみでログイン可能という簡単さだ。
 
「便利」は言うまでもない。
カーシェアの便利さは上述したが、音楽聞き放題も、検索して聴く、これだけだ。
目的の音源を探すために、CDショップやレンタルショップに行って探すことと比べると、時間だけを考えても相当に早い。
 
ちなみに、「わざわざ出かけるのが良い」という意見もあるが、それは否定しない。
要は選択的自由で、その選択肢に「より便利」な項目が増えたというだけだ。
 
そしてエコ。
カーシェアやメルカリは、いわゆるリサイクルと言える。
「放題」サービスは、データなので、これはデータ全般に言えることだが、使用する分だけの在庫を用意する必要はない。
こと日本においてはごみ問題も深刻ということから考えると、やはりエコだ。
 
こういった理由で、これらのサービスがより普及すると問題視されるのが、人手が要らなくなりすぎて、働き口が減ってしまうというものだが、これは少し長い目で見れば、産業革命時の労働塊の誤謬と同じだろう。
 
いくら批判しても、これらのサービスが批判に反応して減っていくことは想像できない。
サービスを与える方も受ける方も、こういったことを冷静に、長い目で捉えていく事が求められる時代になるだろう。
 
つまり、クルマ購入離れをどう捉えるか、だ。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com