日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

多様性を楽しみながら感じられる番組

テレビはほとんど見ないし、見るとしても録画のみだが、いくつかだけ見続けている番組の一つに探偵ナイトスクープがある。

 

このブログでも以前紹介した番組(紹介する間でもなく有名)だが、自分が中学生くらいの頃から見ている。

今のMCは西田敏行氏だが、当時は上岡龍太郎氏だった。

 

視聴者からの投稿にある依頼を番組が探偵(タレント)を派遣することによって解決する、という番組で、その発想自体はシンプルだが、内容の源を一般視聴者に委ねているところが面白く、またネタは尽きない。

 

一度の番組で3つの依頼を紹介するのだが、先日あった探偵ナイトスクープのうち、2本が非常に面白かった。

 

20年間会話のない双子の兄弟

 

家族の形も多様化する時代なので、一概にこういった家庭が普通の家庭、と軽々しく言えない時代だが、にしてもやはり家族は大きな理由がない限りは、なんとなく一緒にいるものだろう。

 

依頼は双子の弟からで、兄とかれこれ20年間(現在32歳)、一度も話していないという。

話さなくなる以前は非常に仲が良かったが、なんとトランプゲームでのいざこざをきっかけに、まったく話さなくなったそうだ。

 

探偵や当人たちの勇気、努力によって(?)、20年ぶりに会話をかわすことができ、おそらく今後は一般的な兄弟の関係に戻っていくだろう。

 

ウツボに恋する19歳の女性

 

ウツボといえば、このウツボだ。

f:id:famo_seca:20161214102845p:plain

 

海のギャングの異名をとるこの生物は、見た目と異名通り性格も凶暴で、水族館でもあまり人気がない上、飼育員からも人気がないので、新人が担当にさせられるらしい。

 

そのウツボに惹かれ、抱きしめたいという19歳の女性の依頼。

番組を見ると、その女性の惹かれ方は、まさしく恋そのもので、水族館のガラスにへばりつき、うっとりとした目をウツボに向ける。

 

水族館担当者の工夫(シャークスーツを着用させる)で、抱きしめることができ、さらに胴体に口づけまでできて、依頼者はその後その水族館に勤務することになったらしい。

 

多様性をみとめざるを得ない

 

20年間、大した理由もないのに会話のない双子という関係。

ウツボに恋する女性。

たしかにこれらの人たちは統計上でいくとマイノリティーだろう。

しかし、直接的な迷惑をかけていない為、特に誰かから咎められる筋合いはない。

 

それに、こういった人たちが現実に存在していることを知れば、様々な理由で、一般的でない形態をとる家族の形があったり、同性に恋する人がいたりするくらいのことは、至極当然だという気がしてならない。

 

この番組が、特に新しい企画を用意しなくても何十年も続くのは、依頼者が一般視聴者であり、それがあまりにも多様で、その人間模様がひたすら面白いからだろう。

 

色んなひとがいるものだな。

これがシンプルな感想だ。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

 

famo-seca.hatenablog.com