読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

食べ方の自由か、客を選ぶ自由か

grapee.jp

 

少し前の記事。

それなりに話題になり、自分も前々から少しだけ気になっていたし、かつとても平和的な記事だと思うので、自分の見解を述べてみる。

 

焼き鳥は、刺したまま食べた方が美味しい

 

自分は焼き鳥は刺したまま食べたほうが美味しいと思う。

それは、コメント欄にも散見できえるが、

・冷えにくい(気がする)

・外してしまったら、いわゆる「焼き鳥感」が出ない(ただの肉になってしまう)

という理由が主だ。

 

飲食店の食べ方は、自由

 

飲食店は、食べ方に関しては自由だ。

他の客に迷惑をかけなければ、どんな食べ方をしても良いのが当たり前。

明らかにマナー違反(肘をついて食べる、くちゃくちゃと音をたてる)であっても、それを注意する店というのはまずないだろう。

 

焼き鳥屋からの「お願い」がポイント

 

食べ方が客の自由であることは、飲食店側からすると至極当然のことで、それをわかっているからこそ「切なるお願い」という表現になるのだろう。

 

深読みし過ぎかもしれないが、自分の経験を交えて考えてみる。

実は自分の知人にも焼き鳥を全て串から外して食べる人がいる。

その人が串から外す理由は、その方が見た目的に美しい、つまり作法上のことを考えてということらしい。

 

こういう理由をもって串から外す人は、自分の周りだけでも結構いる(特に女性に多い)ので、毎日のように焼き鳥屋で客と対面していると、そういう理由で串から外す人にも少なからず会うはずだ。

 

しかし、そもそも礼儀・マナー・作法は、他人に不快感を与えないように考えられたもの。

この焼き鳥屋さんは、実は串に刺したまま食べることは礼儀に反することではない、串に刺したまま食べるほうが見た目上も(つまり礼儀作法上も)良いと思うけれどもいかが?ということを伝えたいのではないだろうか。

 

平和的解決のために

 

2極化して考えると、

店側:串から外さずに食べろ、どんだけ苦労してると思ってんだ!

客側:知るか!食べ方は自由だろう!

店側:店にも客を選ぶ自由はある!

客側:その前に客にも店を選ぶ自由がある!

店側:じゃあもう出てってくれ!お代はいらねぇ!

客側:上等だ!ツイートしてやるぜ!

といった激論の末、何も解決しない。

 

要は、ここで双方の歩み寄りがあったらことがスムーズにすすむ。

 

店側:串から外さないほうが美味しいし、見た目も悪くないと思うけど・・

客側:ちょっと食べにくいけど、じゃあそのまま食べてみようかな

店側:それでやっぱり外したほうが良いと思ったら、もちろん外して食べてください

客側:あ、たしかに外さないほうが冷えてなくて美味しい

店側:でも口元が汚れるかもしれないので、外す器具も用意しておこうかな

 

なんていう平和的な解決が見える、かもしれない。

 

客側が「苦労して串に刺したのだろうから、そのまま食べてみようかな」と思ったり、

店側が「女性のお客さんなんかは、たしかに口の周りが汚れるだろうしね」と思ったりする心があれば、双方にとって良い空気になるのではないだろうか。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com