日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

秩序維持のために必要なこと〜寺院のベビーカー自粛

headlines.yahoo.co.jp

 

こういう事が話題になるようになった分だけ、昔よりは良い時代なのかもしれない。

恐らくだが、情報が今ほど拡散しにくかった時代では、議題にもあがらなかったことだろう。

そして、そういったものの中には、考え直さなくてはいけないものも多くある。

 

ベビーカーにまつわる話題はその典型で、公共交通機関内でのベビーカーのみなし方議論は記憶に新しい。

結果、ベビーカーはマナー違反にはあたらないとの見解になったようだ。

 

今回は寺院の参拝者に対する看板が話題になっている。

参拝客が激増する年始に、ベビーカーでの参拝を自粛してほしい、という内容の看板だ。

 

最初に聞いた印象は、そりゃけしからん、だった。

確かに初詣はものすごい人混みで、小さな子どもを連れて行くには適さない場所かも知れないが、逆に言えば、小さな子供を持った親は初詣をするな、ということになってしまう。

 

個人的にそう思うのは自由だが、社会としては、子どもを持った親だけでなく障害のある人、先天的な病気に悩まされている人などを「公平」にみなすべきだ。

そうすると、この寺院の看板内容は、批判対象になるだろう。

 

しかし、記事を読み進めると、ことはそう簡単ではないことのようだ。

要約すると、もともとこの寺院はベビーカー「優先」の寺院だったようで、それ専用の通路や人員まで用意していたほど。

 

それが今回の自粛に変化していった原因は、ベビーカー利用者にある。

ベビーカー優先を逆手に取り、スムーズな参拝をする客が増え、問題となったというのだ。

(詳しくは冒頭記事参照)

 

 

人は感情の生き物だ。

感情はひとそれぞれみんな違う。それを多様性と呼び、今はそれを認めていこう、という流れになっている。

社会、という用語を上でも使ったが、実際のところ社会というのは個人の集まりであり、それはいろんな感情を持った生物が共存する場、ということになる。

社会という一つの場があるのではなく、たくさんの感情の最大公約数があり、それを単体と「みなしている」にすぎない。

 

この前提に立って物事を考えると、社会の中にある秩序を保つために必要不可欠なことがある。

それは、歩み寄りだ。

 

多様性を認めるというところだけを切り取ると、どうしてもいざこざが起きる。

上記の例で言えば、ベビーカー利用者ということで優先されている権利をフルに利用する、という考え方は、正しいか間違いかで言えば正しい。

同時に、ベビーカーを自粛するように求めることも正しい。

 

しかし、正しいことであればなんでもしてよい、というロジックには、歩み寄りが微塵もない。

 

ベビーカー利用者は、優先にしてもらっている、という気持ちを忘れないこと。

優先通路を使えない一般の人は、ベビーカーの人たちの為に協力してあげよう、と思うこと。

 

最終的には、このふわっとした歩み寄りが、実は健全な社会の秩序を保つ唯一の方法だ。

それらを法律で全てしばることは絶対にできないし、しても何も解決しない。

 

 

今回寺院側の対応には賛否両論あるようだが、やることが極端すぎるとは感じる。

ベビーカー利用者「しか」通れない通路の設置にしたから、ベビーカー利用者で「さえ」あれば、使って良い、ということを考える人が出てきてしまう。

 

具体的な方法が思いつかないのが残念だが、人の思いやりや歩み寄りを喚起するような方法であったら、ここまで大きな騒ぎにもならなかったのではないだろうか。

 

 

famo-seca.hatenablog.com