日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

インプットとアウトプットのどちらが重要か、という意味不明な質問

f:id:famo_seca:20170301202238p:plain

 

少し前に、ある後輩に質問されました。

 

「なにか新しいことを始めるときって、インプットとアウトプット、どちらを優先すべきなんですかね?」

 

思わず2度見してしまいました。何を質問されているのだろう、と。

しかし、意外とこれで迷っている人っているのかもしれませんね。

 

 

こういう人生論的なものにおける、どちらが良いかという選択は、世界中の誰にもできません。

つまり、「勝手に決めれば」が答えです。

冷たい答えに聞こえますが、そうなんだから仕方がありません。

 

例えばギター習得の場合、物心ついたときから(つまり意識せずに)ギターが弾ける、という人は稀です。

だから、ギター習得の為には、インプット、つまりある程度の学習(チューニングを覚えたり、最低限のコードを把握したり)という事がない限り、ギター演奏にすらなりません。

 

さて、最低限のインプットをしたあとは、人によって違います。

いきなり路上に出たり、ライブハウスに出たりして、人前で演奏する人。

かなり稀ですが、いきなり配布用音源を作る、つまり録音を始める人もいます。

これらの人は、まとめて言えば、この時点でアウトプットをしています。

 

逆に、インプット強化を続ける人もいます。

より難しいコードを覚え、それらのコードを100回弾いても、一度もミスらないように弾けるようになるまで、ひたすら練習する人。

自分の演奏チェックの為の録音をし、その音が自分で納得いくまでは、人前では演奏しない人もいます。

 

自分の好きな「統計上」ですが、音楽においては、前者のほうがスキル向上は早いようですね。

 

しかし、これをあらゆる人、あらゆる分野に適用できる、つまり一般論化はできるのでしょうか。

 

できません。

(人の多様性) ☓ (分野の種類)

という数のケースが想定されますが、かけられる方もかける方も、言葉の通り数え切れません。

 

 

冒頭のような質問をする人。

こういった人は、結構自己啓発系の本を読んでいることが多いようです。

自己啓発系の本を読むな、とは思いませんが、読み方にはよってはマズイことになります。

それは、そこに「答え」が書いてあると思って読む読み方です。

 

そこに答えが書いてあるのならば、その著者はすぐに総理大臣にでもなって、日本を、世界を良い方向へ導いてほしいものです。

そんなに物事は簡単ではありません。上に表した式は、つまり世界、社会の複雑さを顕しています。

 

ヒトは楽をしたがる生き物です。

悩む、という行為は苦しいので、楽をしたがる生き物であるヒトは、そこに答えを想定し、それに向かって努力します。

しかし実際のところ、その答えは想定されたものにすぎません。

悩むこと自体も避けられません。

 

最終的な結論は、答えがない、が答え、かもしれませんね。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com