読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

コンパクトディスクの思い出

考え方 テクノロジー 音楽

f:id:famo_seca:20170302092754p:plain

 

今日は、

「それまで日本とヨーロッパだけで発売されていいたコンパクトディスクとプレイヤーが全世界で発売開始」

された日だそうです。

 

コンパクトディスク(以下CD)は、その名の通り「コンパクト」な「ディスク」として一世を風靡しました。

音楽の世界においては、それまでのレコードがほとんどCDに置き換わりました。

コンパクトだということもそうですが、デジタルなのでノイズレスな音、曲の頭出しが1秒未満で可能なこと、再生する曲順をプレイヤーの設定でカスタマイズすることやリピート、シャッフルプレイが出来るようになったこと、など、レコードからCDに変遷していった理由はいくらでもありました。

 

時代が変わって、現代ではCDを「コンパクト」だということには、若干の違和感を感じざるを得ませんね。

手元にあるスマホには、CDアルバム数百枚分を入れることができ、そのことですらデバイスのほんの一部の機能に過ぎません。

時代の変化を感じます。

 

今でもCD愛好家は多く、データで音楽を聞くのが当たり前になった現代でも、実物の所有欲を満たそうとしています。

しかし、音楽の世界と若者は切り離せません。

その若者はちっともお金がありません。

音楽は好きだけれども、お金がない、という人にとって、音楽とは直接関係のない所有欲の優先度は、たとえあったとしても必然的に下がってしまいます。

 

これは至極当然です。

音楽ファンは、音楽が好きなのであって、それをどういった媒体で聞くのかは、ぶっちゃけてしまえばどうでも良いからです。

音楽という要素の中には、ライブ性も含まれるのでしょう。

だから、ライブに行って楽しむ、という行為は、お金がかかっても、労力がかかっても、時間がかかっても、今後も末永く続くと思います。

 

それに比較すると、音楽という要素に占める、媒体の割合は、どうやら低そうです。

 

はっきり言ってしまえば、CDはその役目を終えつつある時代だと思います。

それは悪いことでもなんでもありません。

かつてレコードが廃れていったのと同じで、良い悪いではなく、時代の移ろいです。

これによって、レコード会社、CD販売店、物流業者など様々なところのコストカットが起き、業界再編性によって淘汰される企業、人もあるでしょうが、これも致し方ありません。

車が普及して飛脚がいなくなったのと同じです。

 

 

ところで、昔はCDといえば音楽だったのですが、パソコン普及以降はデータ保存媒体としても使われます。

結局CDもデジタルで、つまりデータなので同じことですね。

しかし、CDRには注意が必要です。

 

市販の音楽CDと、量販店で販売されているCDRは、姿形がそっくりですが、記録方式が全く違います。

結果手的には、CDRにデータや音楽を保存すれば安心、ということは全くありません

バックアップには、実は不向きです。

 

CDRは「焼く」という言葉を使いますね。

あれは実際、表面をレーザーで焼いているからそう呼ぶのです。

一方、市販の音楽CDは、掘っています。プレス工場にある専用機でないとこれはできません。

この違いが、耐久性の違いに表れます。市販の音楽CDは、何年たっても物理的な損傷がなければ機能しますが、CDRは表面が結構剥がれ、機能しなくなります。

実際自分のCDRも剥がれたことが何度かあります。

データの読み取りなんてまったく出来ないので、バックアップには不向きです。

 

パソコン内やクラウドに比べて、CDRという「実物」で所有していたほうが安心と思っている人、痛い目を見ることになってしまいますよ。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com