読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

ノミニケーションについて思うこと

考え方 労働

diamond.jp

 

皮肉なことに、ノミニケーションという言葉は、それが最も行われていた時代ではなく、批判され始めてからよく聞くようになりました。

この記事も、そもそもタイトルからしてノミニケーション否定記事です。

内容を読むと、メリットよりもデメリットのほうが多い、つまりメリットが皆無と言っているわけではありません。

ただ、比較するとデメリットの方が多いということで、私もほぼほぼ同意します。

 

一方、ノミニケーションがいくら減少の一途を辿っても、完全になくなることはないでしょう。

メリットがあるものは、そう簡単には淘汰されないものです。

 

私は数年前にアルコールを断ち、同じくらいの時期にフリーランスになったということも手伝って、ノミニケーションがほとんどありません。

しかし、以前は相当な酒好きで、飲まない日がない、というくらいでした。

 

過去の私の場合、酒を飲む理由は2つで、一つは単純に酒が好きだということ、もう一つは酒を酌み交わす場や雰囲気が好きだということです。

 

このうち後者がいわゆるノミニケーションですが、これは酒を飲まなくなった今でも好きなので、飲み会に誘われたら喜んで参加します。

ノンアルコールの人を誘うのは気を使うようで、あんまり誘われないのは残念ですが。

 

酒のおかげで本音を話せるという部分は、アルコールの効果として当然でしょう。

特に縦社会が厳しい日本企業では、本当は普段から本音を上司にぶつけるのが理想だと言いつつ、実際には難しい。

そこでアルコールの力を借りるのも、手段と言えば手段です。

実際にノミニケーションで本音をぶつけ、事態が改善されたこともあります。

 

しかし、ノミニケーションの一番の問題は、上記した縦社会を背景に、飲み会参加を強要すること、されることではないでしょうか。

 

ノミニケーションの良い部分は、あくまで個人的なもので人に強要するものではありませんし、誰と飲みに行くかにもよります。

 

その辺をわきまえず、飲み会で本音をぶつけないと、仕事も円滑にすすめられない、なんてことを一般論化して言い始める輩がいるから、困ったことになります。

 

ドラマの世界だけでなく現実にも、仕事後に人生を多少長めに生きている上司、先輩に飲みの席で相談したいことがある、ということが結構あります。

実際私は、本当に人生に困ったときには、あの先輩と飲みに行きたいな、という人が何人かいます。

そういう人は、逆に飲み会に来いという強要は一切してきません。

 

ノミニケーション自体が良い、悪いではなく、強要が癌ですね。

上司が部下に対して、ノミニケーションの大切さを教えたいのならば、部下に強要する前に、部下から飲みに誘われるくらいの人間力をつけるべきでしょう。

 

強要さえなくなれば、ノミニケーションは決して悪いものでもないですよ。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com