日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

キレイ好きと呼ばれる2種類の人たち

f:id:famo_seca:20170325144308p:plain

 

自分で言うのもなんですが、私はキレイ好きです。

といっても、キレイ好きでない人が嫌い、ということはありません。

キレイ好きでない、を通り越して、汚いとなると嫌いですが、それは「汚い」という言葉の印象通り、一般的な傾向だと思います。

 

さて、キレイ好きには2種類います。

一つは、整理整頓、つまり物が整然とならんでないと嫌だったり、散らかしたままが嫌だったりするタイプ。

もう一つは、清潔、つまり物自体を磨き上げたり、掃除機を頻繁にかけたりするタイプ。

ちなみに私は前者です。

 

私の周りにもキレイ好きはたくさんいますが、この2つをマトリックス的に考えると、

  1. 整理整頓好き、清潔好き
  2. 整理整頓好きのみ
  3. 清潔好きのみ
  4. どちらもなし

の4タイプに分かれます。

実際は整理整頓にも清潔にも度合いがあるので、こう単純には分けられませんが、そこはシンプルにするために無視します。

 

さて、1の度合いがきつすぎると、潔癖症と呼ばれることが多いようで、ほどほどにしておいたほうが良いでしょう。

4は、ゴミ屋敷になっちゃうので、早々に改善策を練りましょう。

 

そして面白いのが2,3です。

 

私が属する2は、見た目の即効性を求めていると思われます。

整理整頓が行き届いていると、ぱっと見た目は非常に良い。

即効性を求める理由は色々とあると思いますが、私の場合は探しものが減るからです。

 

そもそも私も含め2のタイプの人は、探しものが下手な人が多いようですね。

それを自覚してか無意識かはわかりませんが、整理整頓をすることによって予防しています。

 

一方3に属する人は、マイペース派。2が人の目を気にしているのに対し、3は自分の満足のためのキレイ好きなようです。

 

 

こんなことを考察してなんなんだ、と言われればそれまでですが、前述したとおり私が2に属するのに対し、実は妻が3なんです。

この2人が一緒になると、とてもうまくいくか、不毛な喧嘩が絶えないかどちらかに極化します。

2人のパワーバランス(?)にもよりますが、整頓されているけどひとつひとつのものは意外と汚れているか、きれいなものが散らかっているか、になります。

 

私たち2人の決め事は、嫌だと思うことは自分でやる、です。

つまり、散らかっているのが嫌だと思うのならば、そう思う人が片付ける、ということです。

これは我ながら良い取決めだと思っていますが、こういう取り決めをしないと、お互いにきれいにしたいという気持ちは同じなのに、喧嘩になっちゃいます。

 

キレイ好きという中にも2タイプあって、これらも最終的には自己満足です。

他の価値観と同じように、人への強要さえしなければ、うまくやっていけるはずですね。

 

 

famo-seca.hatenablog.com