日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

頭痛になった記念すべき日

f:id:famo_seca:20170330184421p:plain

 

今日はなんと頭痛になりました。

正確には昨晩から今日の昼間にかけて。

 

頭痛くらいで何を言っているのやら、という野次が聞こえてきそうですが、実は私は頭痛になったことがほとんどありません。

昔酒を飲んでいた頃は、二日酔いを幾度となく味わい、次の日に割れるような頭痛を経験しましたが、それ以外の頭痛というのはほとんどありません。

そして、酒をやめてからは当然二日酔いも無いわけです。

だから記念すべき頭痛日です。

 

しかし、頭痛は辛いものですね。こんなに辛いとは思いませんでした。

多分私が今回経験した頭痛は、軽度のものだと思います。

なぜなら既に回復して、すらすらとブログを書いているくらいですから。

ひどい頭痛はもっと永く続くものなんでしょう。

 

 

頭痛に関してだけでなく、私は普段から結構頑丈な身体をしています。

風邪もほとんどひかないし、花粉症もない。

それから、冬にみなさんが困る乾燥というのを感じたことがありません。

多分恵まれた身体なんでしょう。

 

しかし、生まれたときからそうだったのかと言えば違います。

小学4年生の途中までは、クラスに1人か2人はいる、身体の弱い子の1人で、月に一度は風邪で欠席していました。

風邪をひくと、毎回40度くらいまで熱があがって苦しんだ思い出があります。

親はそれをとても心配しており、藁をもすがる気持ちで、ある鍼灸医院につれてきました。

 

その鍼灸医院は非常に有名な医院らしく、うちから車で2時間くらいのところにわざわざ出かけていったのですが、車で2時間なんて序の口と言わんばかりの、遠方からの客がわんさかいました。

中には飛行機で来院している人もいたくらいです。

 

そんな医院なので待ち時間も長く、2時間以上は待ったと思います。

やっと呼ばれて、母親が普段の状況を伝えると、おもむろに私の左手親指の付け根辺りに針をさしました。

 

それだけで診療終了です。

 

小学生の自分ですら、これは絶対詐欺だと思いました。

2時間かけてやってきて、2時間待たされて、診療が数分なんてありえない。

 

しかし、それからというもの、ほとんど風邪をひかなくなりました。

次第に体力もついてきたのもあるのでしょうか、それ以来私は大きな病気にかかっていません。

上にも書いたとおり、おそらく普通の人よりも身体は強い方です。

 

その思い出が強烈なので、小学4年生の途中まで、とはっきり覚えているのです。

 

 

人の身体は難しいですね。

頭痛はこんなにたくさんの人が悩んでいるものなのに、未だに原因ははっきりしていないそうです。

医療の進歩も日進月歩なのでしょうが、一日も早く頭痛、その他の病気が治るような医療技術が確率されると良いですね。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com