読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

健康診断を受けてきました

「健康診断」の画像検索結果

 

健康診断に行ってきました。

私の年齢以上だと、自治体が費用を負担してくれるので、無料で受けられます。

内容は測定、血圧、問診、心電図、血液検査、尿検査です。

無料の範囲なので、大掛かりではありませんが、それでも備えあれば憂い無し、です。

ありがたいですね。

 

私の年齢から無料ということで、当然そこで健康診断を受けている人は全て私以上の年齢です。

とはいえ、私のいくつか上という人はほとんど見当たらず、60代以上に見える方ばかり。

まあ私くらいの年齢で、会社の健康診断がなくて、平日に来られる人となるとかなり絞られるので、当然といえば当然ですね。

 

今回健康診断に行って思ったことを2つ。

 

まず、健康診断の担当員について。

偶然かもしれませんが、今日の健康診断の担当員は、全員体型がよくありませんでした。健康的とは言い難い。

めちゃくちゃ細いか、少し太めか、かなり太め。

ダメなことではありませんが、問診で

「身長、体重、腹囲などバランス良いですねぇ」

なんて言われると、何かしらの違和感があります。

あなたは?的な、、、

 

誰でも健康には気を使ったほうが良いと思いますが、健康に携わる職業の人はより気をつけるべきではないでしょうか。

 

次に、診断自体について。

 

私は正直、自分自身を健康だと思っています。

酒は飲まない、たばこも吸ったことがない、毎日快便快眠。大きな病気にもかかったことがない。

強いて言えば、運動量が若干不足気味かもしれません。

 

しかし、こういう人こそ危ない、なんてことをよく聞きます。

健康が故に、病院に行く機会がなく、気付いたら大きな病気が体内でかなり進行していた、なんていうやつです。

自分の身体は自分が一番良く知っているというのは嘘だと思うので、やはりプロの目に診てもらわないと、と考え、健康診断に行ったわけです。

 

なのに、診断自体は結構雑でした。

問診票を提出したり、私の体型を見たりした時点で、「あー、この人は大丈夫だな」というモードになっているのが伝わってきます。

しかし、上記したように、そういう人こそ危ないかもしれないので、雑にはしてほしくないんですよね。

それで雑になるというのは、自分自身で健康だと思っているから、健康診断なんて受けなくて良い、という思考と同じです。

寧ろ、「あなた、自分で健康と思っているでしょう、、甘いぜ」くらいの勢いで診断してほしいくらいです。

 

ということで、後日知らされる血液検査と尿検査の結果を待つのみです。

こちらは、雑とかそうじゃないとかはないので、結果が楽しみです。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com