日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

結婚とは、家族になるということ

toyokeizai.net

 

結婚は時代を表わす鏡です。

価値観の多様化が叫ばれて久しいですが、これも例外にもれず結婚に顕れています。

晩婚や独身を貫く人の社会的な見られ方も、以前と比べて柔らかくなったように思います。

 

また、結婚の逆である離婚に関しても同じですね。

情報化が進んだからなのか、本当に離婚が増えたのかはよくわかりませんが、昔ほど風当たりが強くないように思います。

 

音楽関係は特に晩婚が多い。理由は様々ですが、仕事の時間がランダム過ぎ、かつ収入は安定しないという状況に身をおいている人が多いから、というのがよく聞く理由です。

 

しかし、付き合っている人がいるにも関わらずいまだ結婚に踏み切らない人に直接会って話を聞くと、

「結婚生活自体が想像できない」

という答えを結構聞く。

 

それは、本当に結婚が現実的ではない10代くらいのとき、付き合っている人がいるのに結婚のことはまったくアタマにない、という状況に近いようです。

 

また、結婚に対するイメージが悪い人もいますね。

家族の為に時間とお金を使わなければならなくなる、というのはよく耳にしますね。

 

私は既婚者ですが、結婚してよかったと思っています。

それは、愛する妻とカワイイ娘、それから社会的ステータスなどを考えて、ではありません。

結婚生活が私にとっては自然に感じるのです。

 

結婚と恋愛は密接に関係していると思われています。

でも、根本的なところは違うものだと私は考えています。

恋愛は愛する人とするものですが、結婚は家族になる人とするものです。

 

夫妻という関係以外でも親、兄弟、姉妹など、家族関係はありますよね。

結婚していない人でも、幼少期から社会に出るまでは家族と共に生活している人がほとんどでしょう。

 

親とも兄弟、姉妹とも喧嘩することは多々ありますし、価値観も違います。

小学生くらいならいざしらず、ある程度の年齢以降は、家族といつも一緒にいたい、という気持ちも薄れるでしょう。

しかし、喧嘩することや一緒にいたいと思わないことと、大切ではない、ということは別です。

この人たちと家族で良かった、なんてことを常日頃思っている人は少ないでしょうが、なんとなく年末年始くらいは実家に帰ろう、という人も結構いるでしょう?

 

結婚は、自分にとってのそういう相手が1人増える、ということだと思っています。

恋愛的感情も大切でしょう。しかし、もっと深い部分で繋がるということではないでしょうか。

 

総じて言えば、表面的にはもっと軽いもの、深い部分ではしっかりつながっているもの、これが私の思う結婚です。

恋愛感情とか責任感とかお金とか、確かにこれらは大切ですが、結婚はもっとドライに考えても良いのではないでしょうか。

「そんなこと言ったら、離婚が増える!」という人もいるかもしれませんが、ドライに考えていなかったら果たして離婚しないのかは甚だ疑問です。

 

結婚って、割りと良いものですよ。

私はそう思います。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com