日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

ラーメン屋は、子連れにも良い

「とんこつラーメン」の画像検索結果

博多発祥という替え玉という制度は、博多ラーメンとと共に今や全国区です。

豚骨ラーメン、美味しいですよね。

博多に行くと、まあとにかくたくさんのラーメン屋さんを見かけますが、地元の人に聞いて行く店はとにかく安く、それも特徴の一つです。

味はもちろん落ちない。

 

ラーメンに限らず、博多は食べ物が美味しい。

全国どこでも、お金さえ出せば美味しいものは食べられると思いますが、博多の特徴は、かなり安い店に行っても、最低限の味のクオリティはキープしているところです。

ちなみに、これも地元の人に聞きましたが、屋台は意外と割高で、地元の人の中には全くいかない人も結構いるそうです。

 

前置きが長くなりましたが、話を戻して替え玉について。

上記したように、替え玉制度は全国区なので、私の家の近所でも採用されています。

あまり炭水化物を取らないように心がけているので、ラーメン屋さんに足を運ぶのは稀ですが、たまに食べたくなります。

 

ということで、今日は家族でラーメン屋さんに行きました。

そういえば、家族でラーメン屋さんに行くのは初めてです。

ラーメン屋は子連れには向かないかな、と思っていました。

 

しかし、それは先入観に過ぎませんでした。

カウンターがメインとはいえ、テーブル席も用意してあります。

子供用の椅子、食器も用意してあります。

そしてなにより便利なのは、やはり替え玉。

 

親という立場ならお分かりかと思いますが、

外食の場合、子供が食べ終わるまで親は食事にありつけません。

まだ手がかかる歳の子供がいる場合は、あたたかい食事にありつける機会が少なくなります。

 

替え玉の場合、子供に食べさせたあと、自分のタイミングで替え玉を注文すれば、麺がのびることはありません。

スープは若干温くなりますが、麺自体があつあつで来るので許容範囲です。

子供の食べる量も予測がつかないことが多いのですが、一品料理なので、食べ残しも少なくなります。

 

そして、ラーメンは子供も大好き。もちろん大人も大好き。

 

 

子供ができて色々と生活は変わりましたが、飲食店の選択肢が大幅に減ったこともその一つです。

私の親世代の話を聞くと、今は随分選択肢が増えた、というより、子連れに対応する店が増えたと感じますが、それでもそれまでの数分の一になることは避けられません。

だから、子連れで行ける店を日々探している人も多いことでしょう。

 

ある程度の年齢になるまでの我慢、と言ってしまうのは簡単ですが、我慢しなくてもよい方法、手段を探すことも大切だと思います。

また、先入観でNGだと思っている店の中には、意外に対応してくれる店もあるかもしれません。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com