日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

苦しいときこそ笑う

「貧乏」の画像検索結果

 

日々の生活の中で、へこむことってありますよね。

へこんだことがない人っていないと思います。

 

私が大学生だった頃、へこんだ理由はいろいろありましたが、その多くはお金に困ってのことでした。

学費も生活費も自分で払っていたので、いくらバイトをしても慢性的に貧乏です。

学費を払うためにアルバイトをたくさんしすぎて、講義に行けないという負の連鎖に陥っていました。

 

貧乏自慢の趣味はありませんが、とにかく貧乏でした。

電気もガスも家賃も、そして最後の砦と言われる水道も止まった時期があります。

まさしく生活が成り立っていませんでした。

お金がない時は、収入を増やすか支出を減らすしかなく、収入は当時の状況から考えれば限界まで増やして、それでも足りなかったので、支出を減らすしかありません。

 

といっても、衣食住、その他で実際に減らすことができるのって、食費くらいなんですよね。

衣食住の衣は、そもそも服なんてずっと同じものの使いまわしです。

住だって、家賃はそうそうさがらないし、かといって引っ越すとその費用もかかります。

それ以外の贅沢なんてそもそもしていません。

 

で、食費をどこまでも切り詰めました。食費を切り詰めるというのは、最終的には量を減らすということになります。

量を減らすとどうなるか。

もちろん足りないわけです。食欲的にではなく、健康的に。

結果、栄養失調で倒れ、その医療費の方が高くつくという、いかんともし難い状況になります。最悪ですよね。

 

上記しましたが、貧乏自慢したいわけではありません。

貧乏をしたときにしか学べなかったことがあるな、と思うのです。

それは、いくら貧乏になっても、貧乏たらしくなるべからず、毅然としていることが大切だ、ということです。

これは、尊敬する私の先輩が、やせ細っていく私にくれたアドバイスです。

そして、強がりでも良いので笑え、と言われました。

 

そんなアドバイスより金や食事をくれよ、と当時は思いました。

しかし、この言葉は後からじわじわと私のなかに染み込んでいきます。

 

心だけは貧乏になるな、ということですね。

 

これには、特殊なエネルギーが必要です。

ある意味馬鹿にならないと難しいかもしれません。

なぜなら、お金がない状況は、具体的、現実的にまずいわけで、それでも正気を保て、ということですから、要するに理屈で考えるな、ということになります。

 

 

少なくない数の私の知人は、お金の問題で私の前から、私の周りから姿を消しました。

最悪の結末を迎えた人もいます。

その人達は例外なく、笑っていませんでした。

 

スピリチュアルなことには全く興味がない私ですが、そんな私でも、へこんでいる時にあえて笑う、お金がない時に毅然とふるまう、ということで何かが上向きになる、ということだけは信じています。

 

これは、私には珍しく、理屈ではなく信じていることです。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com