日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

ギャンブルの魅力はわからないものの、、、

「ギャンブル」の画像検索結果

 

ギャンブルは、ほとんどやったことがありません。

麻雀はゲームとして何度かしたことがありますが、あくまでゲームとしてレベルです。

他パチンコ、競馬や競輪など、全く経験がありません。

 

ある人に「やったことがないというのも、それはそれで欠点だ」と指摘されたことがありますが、全くその通りです。

ギャンブルが好きな人の気持ちが全くわからない。

 

じゃあやってみればいいじゃん、となるはずですが、どうも体がそちらを向きません。

仕事以外でやりたいと思っていることが山のようにあるので、優先度が低くなってしまうからです。

 

とはいうものの、です。

いろんなサイトで紹介されている通り、日本におけるギャンブルの経済規模は相当なものです。

(具体的なサイトを紹介しないのは、どこのサイトが正しいかよくわからないからです、すいません)

 

さらに、有名人がよく言っているように、カジノをするために海外に遊びに行くことも多いそうですね。

それら全部とは言いませんが、もし日本に合法のカジノがあれば、日本の経済規模を押し上げることになるので、日本経済からすると若干もったいない気もします。

 

カジノ法案が少し前に話題になりましたが(話題になって収束するまでが本当に早いですね)、賛否両論あるのは、その影響が無視できないほど多岐にわたるし、大きなものであることが予想されるからでしょう。

 

また、禁止だからこそ闇世界が生まれ、違法賭博がはびこってしまうという本末転倒のようなことも起こります。

 

アメリカの禁酒法とその末路と同じように、人の欲望はたとえそれが本当にだめだと思っていても、極端に規制すればするほど抜け道を作ってしまうのが現実ではないでしょうか。

人は理性にのみ従って生きていけるようにはできていないようです。

 

 

なぜ突然ギャンブルのことを書いたのかというと、今日パチンコ店の前を徒歩で通ったら、とてもとてもガラの悪いおじさんがたばこのポイ捨てをしていたからです。

ギャンブルに反対する人の反対理由は色々あると思いますが、依存症を懸念してということを除くと、風紀が乱れるということも大きいのではないでしょうか。

人は現実よりもイメージで判断することが多々あります。

今日のおじさんのような人をみかけると、頭で「ギャンブルをやっている人全員がそういった人ではない」とわかっていても、どこかで「やっぱり」という気持ちが残ります。

 

もしギャンブルを合法化してほしい、カジノが日本にもできてほしいと思うのならば、よりその行動に気をつけないと世論を味方につけられないでしょう。

これは、ギャンブルに限らず何でもそうだと思いますが。

 

ちなみに、パチンコはギャンブルではないという扱いですが、正直そんなことも思っている人はだれもいないので、本文中ではギャンブルとみなして書いています。

 

 

famo-seca.hatenablog.com