日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

読書感想文を書く自由

http://www.tohogas.co.jp/learn/kids/contest/kokoronoki/img/img_kokoronoki-01.jpg

 

小学校の頃、国語の授業では読書感想文を書くという課題がありました。

多分今でもありますよね?

 

私はあれが嫌で嫌でしかたありませんでした。

小学生の頃は、なぜそんなに嫌だったのかなんて考えておらず、ただただ嫌だったというだけですが、今振り返ってみると、嫌だったのは読書感想文を書くことではなく、それを先生や人に伝える際に、摩擦が起きることが多かったことに原因があるようです。

 

違いではなく、摩擦だったこと、つまり私の感想を否定された経験が少なからずあります。

不思議な話ですよね。本を読んでの感想にルールはありません。

 

 

先日ある映画を知人と見に行きました。

その映画は世界的に有名な作品で、見たことがない人はいても知らない人は殆どいません。

 

映画を観終わった後、喫茶店で観てきた映画の話をしましたが、私の感想はさておき、その知人の最初の感想が面白かったのです。

 

「本当にすごい音作りだ。あんな音作り、どうやってするんだ・・」

 

なんと、映画のストーリーではなく、挿入歌でもなく、音作りが第一感想です。

というのも、実はこの知人、日本でもトップクラスのレコーディングエンジニアです。

職業からすると、納得の感想です。

 

さて、この感想はいわゆる一般的な感想ではありませんよね。

でも、私は面白いと思ったし、興味深いとも思いました。

少なくとも、問題はなにもありません。

 

 

読書は幼少期から今までずっと続けてきました。

上にも書いたように、課題として感想文を書くことを強要された時以外には、感想文なんて書いたことがありませんでした。

 

時代がすすみ、インターネットが普及し、いまは読書家にとってもおもしろいサイトがあります。

私は読書メーターというサイトをつかっていますが、このサイトでは、自分の読んだ作品を登録すれば、似たような傾向の読書家を探すことができます。

その機能が魅力的で使い始めたのですが、SNSのような様相もあり、つまり公開設定になっている他人の感想やレビューを、タイムライン的に読むことができます。

 

ということで、わたしも軽い気持ちで読み終わった本の感想を書き始めましたが、意外と「ナイス」をもらえたりコメントをもらえたりするのは愉しい。

 

皮肉なもので、小学校のころ課題でやれと言われていた時は嫌だったことを、今は自ら愉しんでやっているのです。

その違いは、強要されているかどうか。それから書く感想に傾向を求められないし、何文字以上書け、という条件もない、というところです(システム上、何文字以下という制約はありますが、これはしかたありませんね・・)。

 

考えてみれば、小学生の頃は日記を書きなさいと言われることもあり、自分もふくめた周りの友達は、面倒くさいなぁ、と思っていたにも関わらず、今は義務でもないのにフェイスブックに記事を投稿したり、ブログを書いたりする人も多くいますね。

 

教育って難しいですね。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

famo-seca.hatenablog.com