日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです。 趣味は読書とビリヤード。仕事は音楽関係。

小説(家)の役割、音楽(家)の役割

こちらのブログは移転しました。


日々じゃーなる
転送先の検索ボックスをご利用ください

 

村上春樹 雑文集 (新潮文庫)

村上春樹 雑文集 (新潮文庫)

 

 

古本屋に100円で売ってあったので、買って読み始めました。

いきなり話がそれますが、古本、しかも安いものになると、状態はあまりよくないですね。

本自体の変色などは、内容とあまり関係ないのでまだ我慢できますが、メモや傍線は目障りです。

まあ、それが嫌なら新品を買えばよいのですが、私なら売るつもりの本にはメモや傍線は書き込みませんけどね。

 

ということで読み始めてまだ最初の1/10くらいですが、すでに面白い。

そこに書いてあったことは、小説の役割についてでした。

 

村上さん曰く、小説家は判断を下さないのだそうです。物語を読み、判断を下すのは読者である、と。

 

これは当然のような気がしますが、意外とそうでない小説もあります。

つまり、著者の主張がわかり易すぎるくらい盛り込まれた小説ですね。

これは好き嫌いの問題なのかもしれませんが、私はどちらかと言えば自分、つまり読者側の思索を喚起するような作品が好きです。

これは小説に限らず、映画もドラマもそうです。

 

そして、私が生業にしている音楽もそうです。

ただ、音楽は必然的に聞き手側に判断(音楽の場合は判断という用語は堅苦しすぎますが、、、)を委ねることになります。

歌詞をのぞけば、そこからどんな事象を汲み取るかには、かなりの多様性があるからですね。

 

アップテンポの曲を聞いて、ダンスを思い浮かべる人もいれば、レースを思い浮かべる人もいるし、もしかして緊張を感じる人もいるかもしれません。

 

そして歌詞ですが、そういった理由により、私は主張が強すぎる歌詞はあまり好みません。

主張を強くしたいのならば、文章で訴えたほうがダイレクトで良いし、影響も大きいと思います。

ペンは剣よりも強い、といいますしね。

 

だから、政治活動なんかに音楽を利用されるのは、少し違和感を感じます。

もちろん、音楽はかくあるべき、という決まりはどこにもないし、それこそ単なる主観なので強要もできません。

が、私が音楽に携わっているというのもあるし、政治活動にもそれなりに意義はあると思っているので、じれったさを感じるわけです。

 

 

私は考えることが好きです。

小説も音楽も、もともとは虚構ですが、それがプロによって積み上げられ、受け手の思索を喚起することができる、という文化ならば、それはやはり1000年続く文化と言っても過言ではないでしょう。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

 

famo-seca.hatenablog.com