日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

ビートルズのコピーバンド

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-b0-cf/sphkz639/folder/68101/10/24217010/img_1?1364317652

 

ビートルズといえば、泣く子も黙る音楽界のレジェンドです。

商業音楽の世界において、ビートルズはかけがえのない存在であり、それは主観的な好き嫌いを遥かに超越したものです。

 

それだけのバンド故に、ビートルズのファンはここ日本でも多く、またコピーバンドも全国に山のようにあります。

ビートルズが活躍したのは、1960年代から1970年代初頭なので、当時10歳だった人でも、60歳くらいですね。年月の流れを感じます。

だから、コピーバンドも、それなりの年齢の方々が多い。サラリーマンとして働きながら、週末に同じビートルズファンと組んだコピーバンドでLive活動をする。

良い時間の使い方ですね。

 

こういうスタイルでLive活動をする際には、演奏の上手さよりも、いかにビートルズが好きかを表わす方が優先されます。

なんといっても曲はビートルズのもので間違いないのだから、本人たちに似ているかどうか、それは声や演奏はもとより、立ち姿、使用楽器からMCまでに及び、その似方でビートルズファンを沸かせられます。

リスペクトのないコピーは逆にファンの反感を買うでしょうが、ビートルズへの愛を感じれば、盛り上がること間違いなしです。

 

音楽の世界に身を置くものとして言えば、本家ビートルズの演奏は、技術という面ではそこまで高くありません。

ボーカル、ギター、ベース、ドラムとも、もっと上手な人は当時でもたくさんいたでしょう。

そういう意味では、音楽が人に受け入れられるには、高い技術が絶対必要不可欠というわけではない、ということを示してくれているバンドです。

技術の代わりにあるものは、ユニークな味というか、バンド的なアイデンティティというか、そういった何かです。非常に表しにくい。

 

 

上記したように、ビートルズコピーバンドは年齢が結構高い。

そして、ライブハウス周りでも縦社会は健在です。

すると何が起こるでしょう?

 

対バンで技術が高い、若いバンドが出たら、ビートルズコピーバンドメンバーに「あいつらの演奏には味がない」とディスられる、ということがたまに起こります。

 

これは本当にイケてませんね。

 

反論覚悟で書きますが、ビートルズコピーバンドの中には、味という名の「ただ下手なだけ」なバンドがいます。

下手なのは悪いことではありませんし、自由にやって構いません。

しかし、下手な人が「味」を盾に上手な人をディスるという現象は何かねじれています。

ビートルズの味を求めるバンドもいれば、演奏技術に魅了され、それを高めることにエネルギーを注ぐバンドもいます。

それは違いであって、優劣ではありません。

 

ビートルズコピーバンドに限らず、年を取ってもバンド活動をすることはとても良いことですが、音楽という世界で若者を自分の主観に頼ってディスると、その活動は健全なものとは言えなくなっちゃいますね。

 

 

famo-seca.hatenablog.com