日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです。 趣味は読書とビリヤード。仕事は音楽関係。

頭悪いとは思いませんが、、、

こちらのブログは移転しました。


日々じゃーなる
転送先の検索ボックスをご利用ください

news.livedoor.com

 

頭悪い人、とは過激ですね、、、これは批判が来るのは避けられないでしょう。

しかし、この頭悪い人という過激なワードを取り除いて冷静に考えると、私は古市さんに賛成です。

 

コンビニがテクノロジーを導入するのは自然な流れですが、コンビニ以外の店やサービスでも電子マネーやクレジットカードが使えるところは増えました。

私は批判は怖いので頭悪いとは言いませんが、正直現金払いのメリットはほとんどないと思います。

 

カードにも現金にも、各々良いところがある、と言う人もいますが、現金払いの方がカード払いより、合理的な側面で良い点ってありますか?

 

よく言われるのは、現金は払っていることに実感があるので、使いすぎを防げる、というもの。

この理由は合理的なものとは言えないでしょう。払っている実感ってよくわかりません。カードの使用履歴でも十分に実感できます。

それから、使いすぎが怖いのならば電子マネーやデビットにすれば良い。

 

第一、紙幣はもともと預り証です。

払っている実感云々だったら、印字してある紙でしかない「紙幣」よりも金属でできている「硬貨」の方が実感がわくものではないでしょうか。

ところが、それを理由に「紙幣じゃなくて硬貨の方が実感がある」という人はあまりいません。

つまり、払っている実感は経験から来ているだけで、カード払いに慣れたらカード払いでも払っている実感はちゃんと感じられます。

 

それから不正が怖いというもの。

不正は確かにありますが、現金にも不正はあるし、実はもっと恐ろしいと思います。

現金って、支払った証明がレシートでしか残りませんし、そのレシートさえほとんどの人は捨てます。

その点カード払いは、データとして全て記録されます。

逆に言えば、記録されない支払いはないわけですね。

この点が現金の弱点で、つまり現金は記録を残さないことも可能ですので、不正がしやすいわけです。

 

政治の世界でも、カネの問題は何かと取り上げられますが、もし現金がなくなり、すべて口座間送金やカード払いになったら、お金がらみの不正はかなり減るはずです。

 

そんなに大きなことを言わずとも、単純にカード支払いは楽です。

お釣りも考えなくて良いし、少額ならサインも不要。

私の周りでコンビニ、その他で働いている知り合いは、口をそろえて「現金が一番面倒」と言います。

現金派がなぜ現金を使い続けるのか、それは色々理由を言っても、結局それが一番慣れているから、ということに帰着することが多い。

 

それがダメだとは言いませんが、せっかく便利なサービスだし、なんならポイントなんかも付いて得することすらあるので、使ってみたことがない人はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

カードを持ってない、また持てないという人も、こういったアプリがありますよ。

 

VisaプリペイドカードをiPhone内で発行できるアプリ!手数料・利用料ゼロ円 | カミアプ

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

 

famo-seca.hatenablog.com