日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです

喜怒哀楽の大きさがブログ投稿のモチベーションにつながっています

今週のお題「私がブログを書きたくなるとき」

 

ブログを始めて結構経ちます。

物事の習慣化にはもとより興味があって、自分なりの習慣化術もいくつか持っています。

 

famo-seca.hatenablog.com

 

ブログはいまのところ、2年くらいは毎日休まず投稿出来ているので、習慣化に成功していると言って良いでしょうね。

 

多分続いている理由は、多くを求めていないからです。これによる広告収入とか、友達つくりとかは、あれば嬉しいけどなくてもなんとも思いません。

ただ書くことが楽しいというわけですね。

 

そんな自分でも、今日のネタにこまる事は多々あります。毎日投稿するわけですから、ネタに困らないわけがありません。

どうしても思いつかなかったら、はてなブログの「今週のお題」に助けを求めます。

 

すると、今回はブログを書きたくなる時、ですね。堂々巡りみたいになってます。

 

しかし、書けないときの逆を考えれば良いわけですね。

で、考えた結果すぐにわかりました。

それは、喜怒哀楽を感じる何かがあって、その絶対値が大きいときです。大きければ大きいほど書きたくなります。

 

例えば社会派の記事を書く時は、ニューサイトの記事内容に喜怒哀楽を感じたときです。これは、まさしく4つともありますね。

日本人の誰かが世界に貢献したときなんかは喜び、

政治家の不正が発覚したときは怒り、

救われない現実に押しつぶされたドキュメンタリーを読んだ時は哀しみ、

音楽やお笑いなどの記事を読んだ時は楽しみます。

 

ブログ投稿においては、喜怒哀楽が結局すべて「楽」に集約される、と思っています。

怒りや哀しみも、結局それを投稿していることが楽しいから書いているわけですね。

 

あと、音楽業界にいることもあって、業界内ならではの投稿をするときも、結局それが楽しいわけです。

もちろん、言っちゃいけないこともいっぱいありますけどね。

 

 

少し本題とそれますが、ブログをなかなか書き始められないときがたまにあります。

そういったときでも、最初の1行を書いてしまえば、結構最後までスラスラと書けちゃいます。

私は、大まかに1000字を基準にしています。最初は1000字というと目標として高すぎるのかな、と思いましたが、意外とすぐに超えます。

もちろん短いとも思わないので、テキトーに決めた文字数ながら結構絶妙な数字だと感じています。

 

そうこう言っているうちに、まもなく1000字ですね。

今日も投稿バンザイ。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

 

famo-seca.hatenablog.com