日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです。 趣味は読書とビリヤード。仕事は音楽関係。

スズメバチの思い出

こちらのブログは移転しました。


日々じゃーなる
転送先の検索ボックスをご利用ください

www.nhk.or.jp

 

私は結構な田舎育ちだからなのか、虫類に対して恐怖心はあまりありません。

特に女性に嫌われている、いわゆる「G」も手づかみできるくらいです。まあ不衛生ですけど。

(油で覆われているので意外ときれい、という話もきいたことがあります)

 

それから、幽霊とかも全く怖くありません。基本的にいるはずもないと思っているし、万が一いたとして、特にそれを怖がる理由が思い当たらないからです。

 

不良少年や暴力団もさほど怖いとは思いません。これは、こういった人たちから被害を受けたことがないからなのかもしれませんが、今のところは大丈夫です。

 

ちなみに、ヤンキーって不良少年という意味で使われますが、実はアメリカ人のことです。

ヤンキー - Wikipedia

日本での使われ方には疑問を持ってしまいますね、、、

 

このように、あまり日常で怖いものがない(と言ったらなんかカッコイイですが、つまり鈍感な)私ですが、唯一の怖いものは、スズメバチです。

 

 

小学生の頃、プールの授業の前には水着に着替えます。

昨今の小学校事情には明るくありませんが、当時はバスタオルにゴムがついているのがあって、それを腰に巻いて下着を脱ぎ水着を着ていました。

https://www.makasetaro.com/item/wrapmodel.jpg

ネットから適当に拾ってきた画像ですが、このタオルのことです。プールタオルとかラップタオルという名称だそうです。

 

ある日のプール授業前、私もこれを使って着替えていたところ、教室の外からスズメバチがやってきました。教室も、そして私もちょっとしたパニックです。

そして運悪くそこに20人以上いる男子の中から、わざわざ私をめがけて飛んできたのです。

反射的に手で払いましたが、俊敏な動きのスズメバチを撃退出来るわけがありません。

そしてなんと、私のバスタオルの中に下から入ってきたのです。

(思い出しただけでも恐ろしい・・・)

 

その瞬間激痛がはしって気を失いました。

 

気付くと病院のベッドの上です。話を聞くと、足を3箇所刺されたそうです。

(ちなみに、一番大事なところは刺されていませんでした、、、良かった)

水着に着替え中で、バスタオルを身に着けているとはいえほぼ裸、つまり完全無防備の状態でスズメバチに遭遇すると、怖さ倍増です。

だって逃げられないでしょう。

服を着ていても怖いのに、、

 

それがトラウマとなって、未だにスズメバチ、いやスズメバチにかぎらず蜂全般苦手です。

上にも書きましたが、一般的に怖いと言われている生物って、逃げたらどうにかなるものが多いと思います。もちろん身近にいる生物に限ってですけど。

蛇とかは怖いと言われますが、蜂よりはなんとかなりそうじゃないですか。

蜂は飛んでいるので、捕まえるのも撃退するのもかなり難しい。

 

とにかく蜂は怖い。日本政府にどうにかしてほしいくらい蜂は恐ろしいです。

 

 

famo-seca.hatenablog.com

 

 

famo-seca.hatenablog.com